「MIDAS GEN 使い方」から探す!IT製品・セミナー情報

「MIDAS GEN 使い方」 に近い情報
「GEN」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「MIDAS GEN 使い方」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「GEN」に関するIT製品情報

NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall)  2017/03/31


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【参考価格】NextGen Firewall F100: 23万円※税抜

カテゴリ  ファイアウォール | UTM

製品概要  UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。

オススメユーザー  複数拠点のインターネット接続を安全に行いたい企業。セキュリティ対策を確実かつ一元的に行いたい企業。


PCIe Gen3対応「Adaptec 7シリーズ」SAS/SATA RAIDアダプタファミリ  2013/12/15


ピーエムシー・シエラ・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  その他サーバー関連 | メモリ | その他ストレージ関連

製品概要  LP/MD2で最大24ネイティブポートによりエクスパンダなしで多数のデバイス接続を実現。レイテンシと互換性問題を削減し、新次元のI/Oパフォーマンスを提供。

オススメユーザー  高密度サーバ環境で、これまでになく高いレベルのストレージI/Oパフォーマンスと低レイテンシを実現したいユーザ。


RSA CyberCrime Intelligence Service  2013/03/27


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | アンチウイルス | メールセキュリティ

製品概要  RSAが収集した最新のマルウェア情報を日次・週次で企業に提供するサービス。セキュリティ機器との連携により、不正侵入や情報漏洩リスクに早急な対応を行うことができる。

オススメユーザー  社内PCのマルウェアへの感染や、情報漏洩を防止したい企業。マルウェアの脅威に対し、早急かつ適切な対策を行いたい企業。


12Gb/秒 PCIe Gen3「Adaptec 8シリーズ」RAIDアダプタファミリ  2014/09/30


ピーエムシー・シエラ・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  その他サーバー関連 | メモリ | その他ストレージ関連

製品概要  高密度サーバに対し最大70万IOPSと6.6GB/秒のハイパフォーマンスとストレージ拡張に高い柔軟性を提供するRAIDアダプタ。

オススメユーザー  高密度サーバで最小のレイテンシで最大のストレージIOPSとスループットを実現し、消費電力と運用コストも削減したいユーザ


NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall)  2016/08/22


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 31万5000円〜※税別

カテゴリ  ファイアウォール | IPS | UTM | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。

オススメユーザー  特定アプリケーションとユーザ/グループを組み合わせたきめ細かなアクセスポリシーを実施したい企業。


「GEN」に関する特集



 最近、ネットワーク・セキュリティの対策キーワードについて、Web 2.0、ソーシャル・ネットワーキング、Next Generation firewall、アプリケーション・コントロールなどを多く目にする。 もちろん、そういったキーワードに関連する課題や対策については、以前よりセキュリティ運用者によって認識され、セキュリティ・ベンダ等によって提案されてきた。そういった中で、企業など組織における現在のネットワークおよびアプリケーション利用と情報セキュリティ対策の条件や再投資といった事情において、課題や対策の必要性が明確化されつつある。 特に80番ポートの制御など、レイヤの高いセキュリティ対策と、ネットワークの利便性の両立は共通する課題である。 本連載(全4回)では、これらのキーワードに関係する課題を再認識しながら、望ましい対策と運用について、セキュリティ管理者の立場とアプリケーションを利用する観点から考えてみたい。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 前回、電子署名と認証がセキュリティの中の「Integrity(完全性)」を確保することを目的とした対策であることを解説した。 平成21年度に政府では、Integrity(完全性)を確保しながら、政府の電子申請の利活用の向上を目指した「オンライン手続きにおけるリスク評価及び電子署名・認証ガイドライン」(案)を作成した。このガイドラインは、米国における米国行政管理予算局の「連邦政府機関向けの電子認証に関わるガイダンス」(OMB M-04-04 E-Authentication Guidance for Federal Agencies)や米国国立標準技術研究所の「電子的認証に関するガイドライン」(NIST SP800-63 Electronic Authentication Guideline)に対応するものである。 日本のガイドラインは、電子申請の利活用を促進するために、現在使用している電子署名によるIntegrity(完全性)の確保だけでなく、認証技術等を活用したIntegrity(完全性)の確保を目的としている。そのため、日本のガイドラインは、米国とは異なり、電子認証だけではなく、電子署名を含んでいるのが特徴である。


カテゴリ  認証 |




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「GEN」に関するニュース



 日本ヒューレット・パッカードは、サーバのセキュリティやアジリティ、柔軟な経済性を強化したサーバプラットフォーム「HPE Generation10(Gen10)」を発表した。7月20日より同プラットフォームから7つの新製品を順次発売する。HPE Gen10サーバでは、ファームウェアへのサイバー攻撃に対処するために、感染したフ…


カテゴリ  PCサーバ | クラスタリング | ブレードサーバ | その他ネットワークセキュリティ関連




 Digital-Freeは、ECサイト構築用オープンソースソフトウェア「Magento」用のポイント管理エクステンションを6月27日に発売した。本製品では、商品の購入以外にもさまざまなアクションに対してポイントを付与できる。対象になるアクションは、ユーザー登録、ログイン(ソーシャルアカウントでのログインにもオプシ…


カテゴリ  EC |




 ソフトエイジェンシーは、オープンソースのデータベース管理システム「MySQL」向けの暗号鍵管理サービス「Server General KMS」を7月1日に発売した。Server Generalが提供する本サービスでは、「MySQL 5.7」で標準機能になった透過的データ暗号化機能に対して、安全で安価な暗号鍵管理サービスを提供する。中小規…


カテゴリ  暗号化 | データベースソフト



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「MIDAS GEN 使い方」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ