「LTE 暗号化」から探す!IT製品・セミナー情報

「LTE 暗号化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「LTE 暗号化」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

「LTE 暗号化」に関するIT製品情報

Sophos EndUser Protection  2014/02/15


ソフォス

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 1年間100ユーザの場合:52万円(税別)

カテゴリ  アンチウイルス | MDM | UTM | フィルタリング | 暗号化 | ネットワーク管理

製品概要  多くの対応OSを誇るウイルス対策をベースに、パッチ管理や暗号化などを企業の需要に合わせてカスタマイズ可能。それらを一元管理でき、IT担当者の管理コストを削減。

オススメユーザー  ウイルスの脅威や業務上影響がある行動をブロックし、生産性を向上させたい企業。


FortiMail(統合セキュアメールアプライアンス)  2014/03/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  メールセキュリティ | メールアーカイブ | UTM | フィルタリング | 暗号化 | アンチウイルス

製品概要  アンチスパム、アンチウイルス、コンテンツフィルタ、暗号化、アーカイブ、メールサーバなどを搭載するメールセキュリティ製品(MTAも可)。

オススメユーザー  セキュアなメール環境を構築したい企業、メールセキュリティ対策の強化、コスト削減を両立したい中小企業からデータセンタまで。


GUARDIANWALL  2014/07/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 スタンダードモデル 50ユーザ 96万円〜(税別)

カテゴリ  メールアーカイブ | フィルタリング | 暗号化 | 認証 | メールセキュリティ | 統合ログ管理

製品概要  電子メールの情報セキュリティ管理ツール。メールの送受信をすべて記録し、内容のフィルタリングとメールのアーカイブを行う。

オススメユーザー  社内のメール統制を効率的に実現したい企業。電子メール誤送信対策を行い、社員のセキュリティ意識を向上させたい企業。


個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」  2016/08/15


Jiransoft Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  暗号化 | フォレンジック | IT資産管理 | 統合ログ管理

製品概要  マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。

オススメユーザー  社員だけでなく、退職者や契約社員も含む関係者全員のマイナンバーや個人情報を適切に管理し、情報漏洩から守りたい企業。


CLEARSWIFT SECURE Email Gateway  2016/10/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  メールセキュリティ | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。

オススメユーザー  包括的なメールセキュリティ対策を行いたい企業。メール経由の情報漏洩、ウイルスなどの対策を別々、または一部のみ行う企業。


「LTE 暗号化」に関する特集



業務においてPCやスマホ、タブレットが活用されている。これは「エンドポイントセキュリティ」の重要性が増したことも意味する。


カテゴリ  アンチウイルス | フィルタリング | 暗号化 | バックアップツール | IT資産管理




 労働環境や経済情勢が変化する昨今、ワークスタイルの変革を掲げる企業が増えてきています。リモートアクセスやWeb会議によって外出先からでも業務が遂行できることから、在宅勤務やモバイルワークなどの多様な働き方がITを駆使して実現され始めています。利便性や生産性が向上することは企業にとって非常に良いことですが、一方で気になるのはセキュリティ対策でしょう。 2013年の初夏以降、インターネットサービス業界に激震が起きていることをご存知でしょうか。これまでにない規模のユーザIDとパスワード情報の窃取が行われ、その漏洩情報をもとに行われたと疑われる不正アクセス事件が頻発しているのです。 例えば2013年5月、Yahoo!JAPANは約2200万件の「Yahoo! ID」と、約148万6000件のパスワード、同件数の「秘密の質問と答」が外部に流出した可能性があることを発表しました。外部の攻撃者が悪意をもって情報を窃取したものと推定され、漏洩アカウントを利用した成りすましによる不正アクセスを防ぐため、対象IDのパスワードは強制リセットされました。 また米Adobe社は2013年10月に290万人分のユーザID、暗号化されたパスワード、氏名、暗号化されたクレジット/デビットカード番号、有効期限、購入履歴などが外部からの攻撃で盗み出されたことを発表しました。後に影響を受けるアカウントは3800万人分にのぼることがわかっています。こちらも対象IDのパスワードリセットや他の同社サービスのパスワード変更をユーザに求める事態になりました。そのほかにも多くのインターネットサービス業者の情報漏洩事件が報道されています。


カテゴリ  フィルタリング | アンチウイルス


「LTE 暗号化」に関するニュース



 先端技術研究所は、Pearl Softwareの従業員インターネット利用管理ソフトウェア「Pearl Echo」の新機能「Crypto.View」を発表した。Pearl Echoでは、Webブラウジングやファイル転送、ニュース、チャット、メール、IM(インターネットメッセージング)を監視し、プライバシーや個人情報の流出を保護するために、キー…


カテゴリ  フィルタリング | 暗号化 | フォレンジック




 ジランソフトジャパンは、ランサムウェア対策の専用ソフトウェア「RANSOMFILTER」を発売した。価格はオープン価格。RANSOMFILTERは、未知のランサムウェアによるファイル変更などの攻撃を、状況認識技術によりリアルタイムに検出し遮断できる。ファイル自動バックアップ機能を備え、ファイルを変更された場合でも元…


カテゴリ  アンチウイルス | IPS | IDS | 暗号化 | その他バックアップ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「LTE 暗号化」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ