「LS TS とは」から探す!IT製品・セミナー情報

「LS TS とは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「LS TS とは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「LS TS とは」に関するIT製品情報

月額制アプリケーションサービス Applitus(アプリタス)  2014/04/01


ネオジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用 5万円(税別)月次料金 1万5000円(税別)+各アプリケーション利用料 500円〜5000円(税別、1ユーザ月額料)

カテゴリ  グループウェア | CRM | SFA | ナレッジマネジメント | メールセキュリティ

製品概要  グループウェアdesknet'sなどのWebアプリケーション群を連携・カスタマイズできる月額制オンデマンドアプリケーションサービス。スパム対策ソリューションもラインナップ。

オススメユーザー  自社に合わせカスタマイズしたシステムを導入したい企業。システム導入に手間をかけず、運用管理の委託を望む企業。


マスタデータ管理・統合基盤「AGRA」  2012/06/30


アグラ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 300万円〜 (税別)

カテゴリ  データベースソフト | SDN | BPM | データ検索ソフト | BI

製品概要  ビジネスの概念をモデル化し、Web検索サイトのような流れで、複数のDBやCSVを容易に検索可能にし、仮想統合を実現。マスタデータ管理、連結会計など幅広い応用が可能。

オススメユーザー  ●複数のコード管理でお悩みの製造、流通、製薬系企業。●M&Aなどで事業の多角化を推進している企業。


Nintex Workflow 2010  2012/09/28


リアルコム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 参考価格:1サーバライセンス・保守・導入サービス含め340万円〜(税別)

カテゴリ  ワークフロー | ネットワーク管理 | 統合運用管理 | 開発ツール

製品概要  SharePoint Server 2010 / SharePoint Foundation 2010にネイティブ対応し、ワークフロー機能を強化するアドオン製品。直感的な操作性と高い機能拡張性を備えている。

オススメユーザー  SharePoint 2010のワークフロー機能強化・機能拡張をしたい企業、ワークフローアドオン製品の導入を検討中の企業。


仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Manager  2015/11/15


SCSK

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  ADC/ロードバランサ | SDN | WAN高速化 | ネットワーク管理

製品概要  SSLアクセラレータを標準搭載する、仮想ADC(L7ロードバランサー/アプリケーション・デリバリ・コントローラ)。ソフトウェアベースのためクラウド・仮想環境に最適。

オススメユーザー  ビジネスの規模・成長に合わせ、コストを抑えて高機能ロードバランサーを導入したい企業。クラウド事業者、インテグレータの方。


CLEARSWIFT SECURE Email Gateway  2016/10/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  メールセキュリティ | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。

オススメユーザー  包括的なメールセキュリティ対策を行いたい企業。メール経由の情報漏洩、ウイルスなどの対策を別々、または一部のみ行う企業。


「LS TS とは」に関する特集



2014年はOpenSSL、Struts2、bash…と、深刻な脆弱性が次々に公表された。そこで、特に顕著だった攻撃手口と対策を紹介していく。


カテゴリ  WAF | IDS | UTM




 企業の皆様にとってクラウド利用が当たり前になって数年が経過した。クラウドはもう、「新しいもの」でも、トライアルで「使用してみるもの」でもなく、「業務で普通に使用するもの」として受け入れられるようになってきている。  しかしながら、まだクラウドを受け入れていない領域がある。それが今回の主題ともなる企業の基幹システムだ。特に金融関係やクレジット関係については、自社のセキュリティコンプライアンスに準拠しなければならないだけではなく、金融庁、FISC、消費者庁、そしてPCI-DSS、PCI-PTS等の業界団体が定めた各種ルールにも縛られており、その障壁は高い。 一方、企業のバランスシート上、クラウドの業務利用は有効であると認識された以上、その流れから逆らうことは難しいと思われる。今すぐ取り組む必要はないにせよ、ある日急にシステム部門としての意見を求められるシーンも多く、日々の情報収集及び収集した情報の整理が必要となるだろう。  今回のテーマでは、それら特に高いセキュリティシステムに求められている暗号技術についてまとめさせていただく。クラウド技術を利用したシステムは従来のシステムと構成が異なり、このため、暗号技術もクラウドに対応したものがすでに世の中に複数のベンダからリリースされてきているためである。


カテゴリ  メールセキュリティ |


「LS TS とは」に関するニュース



 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、メール無害化サービスの提供を2016年11月1日に開始する。価格は、月額400円または年額4000円/1アカウント(最低契約数は10アカウント)で、初期費用が4万円/1ドメイン。本サービスでは添付ファイルを除去し、その内容の先頭から10KBをテキスト化して本文へ挿入す…


カテゴリ  メールセキュリティ | アンチウイルス




 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、サービス事業者向けのメール情報漏えい対策ソフトウェア「GUARDIANWALL Cloud Edition」の新バージョンの提供を10月20日に開始する。GUARDIANWALL Cloud Editionは、マルチテナントやスケールアウトなどのクラウド環境に求められる機能を搭載したメールフィルタリン…


カテゴリ  メールセキュリティ | メールアーカイブ | フィルタリング




 サイバーソリューションズは、標的型メール攻撃対策として、クラウド型メール無害化転送サービス「CYBERMAIL Σ-ST(Sanitizing Transfer)」の提供を11月(予定)に開始する。CYBERMAIL Σ-STは、既存メールサーバへの無害化転送用メールサーバサービス。メールボックス、メールサーバ、Webメール、リアルタイム…


カテゴリ  メールセキュリティ | 電子メール | アンチウイルス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「LS TS とは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ