「LINE セキュリティ 大企業 禁止」から探す!IT製品・セミナー情報

「LINE セキュリティ 大企業 禁止」 に近い情報
「LINE セキュリティ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「LINE セキュリティ 大企業 禁止」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「LINE セキュリティ」に関するIT製品情報

DocAve for SharePoint  2015/11/15


AvePoint Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  統合運用管理 | グループウェア | ナレッジマネジメント | 文書管理 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | IT資産管理

製品概要  SharePoint運用管理ソフトウェア。移行・データ保護・外部連携・ストレージ最適化・レポートを行える。世界1万4000社以上で導入。Office 365 - SharePoint Onlineにも対応。

オススメユーザー  SharePoint導入を検討中、または現在利用中の組織。移行、運用管理の負荷軽減、IT統制強化・利活用促進に取り組むIT管理者。


「LINE セキュリティ」に関する特集



LINEの普及でチャット自体への理解は広まったとはいえ、いざ業務で導入となるとセキュリティは特に重要。今回は企業で活用するビジネスチャットの“選定時”にチェックすべきポイントをいくつか挙げたいと思います。


カテゴリ  社内SNS |




 前回、電子署名と認証がセキュリティの中の「Integrity(完全性)」を確保することを目的とした対策であることを解説した。 平成21年度に政府では、Integrity(完全性)を確保しながら、政府の電子申請の利活用の向上を目指した「オンライン手続きにおけるリスク評価及び電子署名・認証ガイドライン」(案)を作成した。このガイドラインは、米国における米国行政管理予算局の「連邦政府機関向けの電子認証に関わるガイダンス」(OMB M-04-04 E-Authentication Guidance for Federal Agencies)や米国国立標準技術研究所の「電子的認証に関するガイドライン」(NIST SP800-63 Electronic Authentication Guideline)に対応するものである。 日本のガイドラインは、電子申請の利活用を促進するために、現在使用している電子署名によるIntegrity(完全性)の確保だけでなく、認証技術等を活用したIntegrity(完全性)の確保を目的としている。そのため、日本のガイドラインは、米国とは異なり、電子認証だけではなく、電子署名を含んでいるのが特徴である。


カテゴリ  認証 |


「LINE セキュリティ」に関するニュース



 日立ソリューションズは、マイクロソフトのクラウド版情報共有基盤「SharePoint Online」上のセキュリティを強化する「SharePoint Online秘匿化ソリューション」の提供を10月31日に開始する。価格は個別見積。SharePoint Online秘匿化ソリューションは、インターネットやSharePoint Online上で、サイバー攻撃者や…


カテゴリ  暗号化 | 文書管理




 ソフトバンク株式会社は、法人向けオンラインストレージサービス「PrimeDrive」に、マイクロソフトのクラウドサービス「Office Online」との連携機能を追加し、提供を開始した。「PrimeDrive」は、ファイルの送付や共有を安全でシンプルな操作で行なえる、セキュリティに優れたクラウド型オンラインストレージサー…


カテゴリ  オフィスソフト | オンラインストレージ/ファイルストレージ



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「LINE セキュリティ 大企業 禁止」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ