「LENOVO 3000の開発」から探す!IT製品・セミナー情報

「LENOVO 3000の開発」 に近い情報
「LENOVO」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「LENOVO 3000の開発」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「LENOVO」に関する特集



 レノボ・ジャパンは、2015年12月に結んだNutanixとの協業を踏まえ、仮想化環境のTCO削減を支援するハイパー・コンバージド・アプライアンス製品「Lenovo Converged HX Series」を国内でも発表した。


カテゴリ  サーバー仮想化 |




 レノボ・ジャパンは2月16日、プレミアムモデルの「ThinkPad X1ファミリー」4製品の新製品発表会を開催した。 「Lenovo X1 Premier Collection」と銘打った発表会の会場には、新製品と共にIBM時代から引き継いだThinkPadの歴代のモデルを展示。Thinkシリーズのフラッグシップ製品である「X1」シリーズへの進化の過程が分かる構成となった。


カテゴリ  ノートパソコン | タブレット | デスクトップパソコン | その他PC関連


「LENOVO」に関するニュース



 レノボ・ジャパンは、DataCore Softwareと協業し、SDS(Software-Defined Storage)アプライアンス「Lenovo Storage DX8200D」を発売した。コストパフォーマンスに優れ、仮想化にも適したブロックストレージを提供する。本製品は、レノボのサーバにDataCoreのSDSソフトウェア「SANsymphony」を搭載したアプライアン…


カテゴリ  ストレージ仮想化 | SAN




 レノボ・ジャパンは、中小規模ビジネスやリモートオフィス、チェーン展開する小売店舗などに適したサーバ「Lenovo ThinkServer TS460/RS160」を6月27日に発売した。両モデルは、XeonプロセッサE3-1200 V6製品ファミリーを含む新しいプロセッサを搭載する。また、ハードウェアのリモート管理機能「ThinkServer Mana…


カテゴリ  PCサーバ | サーバー管理




 レノボ・ジャパンは10月13日、教育機関の普通教室での1人1台の利用を想定した11.6型マルチモードPC「Lenovo N24」を発売する。OSに「Windows 10 S」を採用し、フルクラウド化を前提とすることで、管理・運用負荷の軽減を図っている。同社Webサイトでの予定価格は4万8000円(税別)から。本製品は、ディスプレイが3…


カテゴリ  ノートパソコン | タブレット | 特定業種向けシステム | IT資産管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「LENOVO 3000の開発」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ