「LAVIE TAB Wから無線LANで印刷する方法」から探す!IT製品・セミナー情報

「LAVIE TAB Wから無線LANで印刷する方法」 に近い情報
「TAB」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「LAVIE TAB Wから無線LANで印刷する方法」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説無線LANとは?

無線LANとは、ネットワークのノード間を、ケーブルを使わずに電波を使って接続するLANのこと。無線LANはIEEE802.11bという最大11Mbpsの通信規格が誕生してから製品化が急速に進むようになり、現在では100Mbps以上の無線LANの導入も始まっている。無線LANを構築する上で必要になる機器にはアクセスポイント(基地局あるいは無線LAN親機)、無線クライアント(無線LAN子機あるいは無線LANアダプタ)、無線LANコントローラ(あるいは無線LANスイッチ)などがある。

「TAB」に関するIT製品情報

Kaspersky Security for Virtualization  2017/11/11


Kaspersky Labs Japan

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 価格情報についてはこちらをご参照くださいhttp://www.kaspersky.co.jp/store#tab=tab-3

カテゴリ  アンチウイルス | その他仮想化関連

製品概要  仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。

オススメユーザー  仮想化環境を脅威から保護したい企業。管理負担を軽減したい企業、データセンターやクラウドサービスベンダーなど。


タブローソフトウェア  2015/12/24


Tableau Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  BI | DWH | データ分析ソリューション

製品概要  ●高度な分析機能を10万円台で提供●ビジュアルUIを追求、分かりやすく誰でもすぐに使える●Google/Microsoft/eBay/Yahoo! など、先端IT企業が導入

オススメユーザー  ●「高い」「難しい」といった理由でBI導入をためらっている企業●現場社員の情報分析力を高めたい企業


ARROWS Tab Q584/H  2013/11/29


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 希望小売価格11万7100円〜(税別)

カテゴリ  タブレット |

製品概要  全情報をリアルに映し出す高精細ディスプレイとファイル/アプリに依存しない高精細ペン&ワンタッチキャプチャで紙並みの使いやすさを実現した高精細防水タブレット。

オススメユーザー  画面にタッチペンによる入力を手軽に行えることで、紙のような使い勝手でタブレットを活用したいユーザ。


クラウドストレージ「CloudDataBank」  2014/10/31


ラネクシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●アプライアンスサービス(アプライアンス機器+クラウドストレージ+ハードウェア保守)初期費用:10万円月額費用:5万円〜※税別

カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ | ファイルサーバ | その他ストレージ関連 | バックアップサービス

製品概要  専用アプライアンスを併用することによって、万全のセキュリティを装備したクラウドストレージサービス。既存のネットワーク環境に変更を加えず、シンプルな導入が可能。

オススメユーザー  膨大な企業内データの管理にクラウドストレージを活用したいが、セキュリティ面での不安があり、導入を思いとどまっている企業。


「TAB」に関するセミナー情報

BIツール TableauDesktopハンズオンセミナー 締切間近

ソフィア総合研究所


開催日

 7月27日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  BI | データ分析ソリューション

概要  ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――社内のデータを有効活用したい方、データ分析に掛かっている工数を削減したい方必見! ――…

オススメユーザー  営業・販売|経営者CIO|製造・生産管理


「TAB」に関する特集



 2015年にTrustWaveが発表した調査レポート『2015 Trustwave Global Security Report』によると、世界全体でのマルウェア攻撃による利益率は、1425%にも上るといわれています。 これはつまり、「マルウェア攻撃という市場は年間1000万円投資すれば、1.4億円ものバックがある『もうかるビジネス』である」 という見方をする攻撃者が増えてきていることを示しています。それに対応するように、2016年の米国におけるデータ侵害による被害額の平均は7.01万ドル(約7.9億円)に達するというレポート『2016 Ponemon Cost of Data Breach study』もあります。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 デルは2016年4月4日、設置してすぐにハイブリッドクラウド環境を構築できるアプライアンス製品「Dell Hyblid Cloud System for Microsoft(DHCS)」の提供を開始した。 DHCSは、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Cloud Platform System Standard」(CPS Standard)を採用、デルの「PowerEdgeサーバ」や「PowerVaultストレージ」などのハードウェアで構成される。 「Windows Server 2012 R2」「System Center 2012 R2」がプリインストールされているほか、マイクロソフトが提供する「Windows Azure Pack」を搭載。事前検証済みの構成で提供するため、デルの検証によると「設置から約3時間で運用を開始できる」という。  Windows Azure Packは、オンプレミスの環境でWindows Azureと同じサービスポータルを利用するためのソフトウェア。System Center 2012 R2や「SQL Server」と連携することで、IaaS(infrastructure as a Service)やDBaaS(Database as a Service)機能も実現するほか、パブリッククラウドであるMicrosoft Azureとシームレスに連携する機能を持つ。


カテゴリ  プライベートクラウド | Windows | サーバー仮想化 | PCサーバ | IaaS/PaaS




 前回はオフライン端末のセキュリティ対策ソリューション、「Trend Micro Portable Security(以下、TMPS)」の概要について解説した。連載の最後となる今回は、具体的な利用ケース・利用方法について紹介した上で、トータルセキュリティの実現に必要な対策について解説したい。 TMPSの具体的な利用ケースとしては、例えば、メーカーの製造工程における出荷前検査のひとつとして活用できる。TMPSで定期的に製造現場の専用端末のウイルスチェックを実施することにより、製品へのウイルス混入の可能性を最小限にし、安心して安全な製品を出荷することができる。加えて、ログ管理機能により、出荷前のウイルス検査を実施したエビデンスもセキュリティ監査等で利用可能である。また、メーカー等による専用端末出荷後の保守、メンテナンスにも威力を発揮する。USB型検索ツールは可搬性にも優れているため、保守サービスマンがTMPSを携帯して運用することで、製品導入先企業に出向いて、手軽に、定期的なウイルス検査を実施するサービスを提供することも可能で、万が一製品導入先の専用端末等においてウイルス感染が発見されても、その場で駆除、隔離処理が可能である。さらに、メーカーの製造、保守現場だけでなく、多くの企業や官公庁、学校などに存在する、インターネット空間とは完全に隔離された一部のオフライン端末やクローズドネットワーク向けのセキュリティ対策ツールとしても非常に有効である。このような端末に対しても、TMPSによる定期的なウイルスチェックを行うことで、USBワームなどの脅威から情報資産を守ることができるだろう。これら以外にも、インターネットにつなげているコンピュータでも、ウイルス対策ソフトによるセキュリティ対策よりも端末自身のパフォーマンスを優先させたいユーザが、不正プログラム感染のリスクを低減させるツールとして活用できるかもしれない。 次に、基本的な利用方法を紹介しよう(図1)。TMPSをインターネット環境にある管理用コンピュータにつなげ、管理プログラムをインストールする。すると、管理プログラムはインターネットを通じてActive Update Serverと通信し、最新のパターンファイルや検索エンジンを取得する。そして、USB型検索ツールのパターンファイルと検索エンジンをその時点で最新のものにアップデートする。その後USB型検索ツールを、ウイルスチェックを実施したいオフライン端…


カテゴリ  アンチウイルス |


「TAB」に関するニュース



 沖縄クロス・ヘッド(OCH)は、Oracleのデータベース専用の災害復旧(DR)サービスを開始する。本サービスでは、首都圏から離れ同時被災の確率が低い沖縄県のデータセンター「OCH POWER」のラックに、Oracleのデータベース専用機「Oracle Database Appliance」とネットワークやセキュリティサービスを組み合わせ、…


カテゴリ  バックアップサービス | データベースソフト | その他データセンター関連




 日本エクセム(EXEM)は6月21日、「Oracle Database」の運用・性能管理やトラブル対処などを支援するプロファイリングツール「MaxGauge for Oracle」の新版(V5.3.J3)をリリースした。本ツールは、DBの各指標や、セッション、SQLなどの稼働情報を秒単位で取得し、時系列で調査・分析。DBの稼働状況を疑似的に再現…


カテゴリ  データベースソフト | その他運用管理関連




 ユニエイムは2月28日、飲食店向けクラウドPOSシステム「TabレジEATS」の提供を開始した。本システムでは、複数店舗の売り上げ、商品、顧客の管理機能に加え、Androidスマートフォンを利用したオーダーエントリーシステムや、Androidタブレットを使用したキッチンモニターシステムを備えている。主な機能は4つ。売…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他スマートデバイス関連 | 会計システム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「LAVIE TAB Wから無線LANで印刷する方法」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ