「L3スイッチ スタック接続 デメリット」から探す!IT製品・セミナー情報

「L3スイッチ スタック接続 デメリット」 に近い情報
「L3スイッチ スタック接続」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「L3スイッチ スタック接続 デメリット」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「L3スイッチ スタック接続」に関するIT製品情報

エンタープライズ向けL3スイッチ ApresiaNPシリーズ  2017/01/01


APRESIA Systems

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 【ApresiaNP7000-48X6L】希望小売価格:380万円【ApresiaNP5000-48T4X】希望小売価格:100万円※価格はすべて税別

カテゴリ  ネットワークスイッチ |

製品概要  エンタープライズ向けインテリジェントL3スイッチ。最大4台のスタック接続による冗長化が可能。

オススメユーザー  SDN環境に対応した高性能L3スイッチをお探しの方。


「L3スイッチ スタック接続」に関するニュース



 パナソニックESネットワークスは、ボックス型レイヤー3スイッチングハブ「ZEQUO 4500DL」を5月31日に発売する。価格は24万7000円(税別、工事費別)。さまざまな認証機能を搭載する他、スタック接続や電源冗長化対応により大規模ネットワークも構築できる。本製品は、10/100/1000BASE-Tポート24個に加え、アップ…


カテゴリ  ネットワークスイッチ | 認証 | ルーター



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「L3スイッチ スタック接続 デメリット」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ