「L1スイッチ」から探す!IT製品・セミナー情報

「L1スイッチ」 に近い情報
「L1」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「L1スイッチ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「L1」に関するIT製品情報

LTE/3Gモジュール内蔵セルラールーター 『CTL-101JC / CTL-101JE』  2017/01/25


キャセイ・トライテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ルーター |

製品概要  M2M/IoT市場の様々なニーズに対応する無線通信ルーター。LTE/3Gネットワークを介しての無線データ転送機能や回線バックアップ機能を提供する。

オススメユーザー  M2MやIoTの領域で、遠隔監視システムやデータ配信、情報の可視化ソリューションの実現を検討している企業。


常時インバータUPS・無停電電源装置 Super Powerシリーズ  2014/09/15


ユタカ電機製作所

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 UPS1510SPL:19万8000円※税別

カテゴリ  UPS |

製品概要  薄型のコンパクトな筐体でありながら、電源状況に合わせて省エネ運転を行うエコモードも搭載した、高効率ラックマウント型常時インバータ(オンライン)方式UPS。

オススメユーザー  ICT機器の電力バックアップと高密度搭載対策が必要なデータセンタや企業。省エネ・省スペースを実現したい企業。


セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice  2018/02/01


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standard:3万8000円(税別)〜Professional:14万7200円(税別)〜Ultimate:4万円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | メモリ

製品概要  ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。

オススメユーザー  簡単に、低コストでセキュリティUSBメモリを導入したい。USBメモリからのウイルス感染や不正利用を防ぎたい企業向け。


GRED Web 改ざんチェック Cloud  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 基本プラン:1ドメイン、1000ページ(URL)、1日4回解析月額3万円(最短契約期間3カ月)または年額32万4000円※税別

カテゴリ  IPS | IDS | その他WEB構築関連

製品概要  Webサイトの改ざんの有無を定期的にチェックし、Webサイトの安全性を確保するSaaS型セキュリティサービス。

オススメユーザー  Webサイト改ざんによる被害を抑止したい企業。大規模サイトやグループ企業、自治体など大量のドメインを抱えている企業。


「L1」に関するセミナー情報

【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー

テクマトリックス


開催日

 5月23日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  開発ツール |

概要  サンプルプログラムに対して分析を行いながら、Lattixの基本機能と操作手順をご紹介します。また、サンプルコードを持参していただければ、持参されたコードに対して…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|製造・生産管理|プログラマ


【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー

テクマトリックス


開催日

 6月12日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  開発ツール |

概要  サンプルプログラムに対して分析を行いながら、Lattixの基本機能と操作手順をご紹介します。また、サンプルコードを持参していただければ、持参されたコードに対して…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|製造・生産管理|プログラマ


「L1」に関する特集



注目を集める「NGN」。次世代ネットワークは企業に何をもたらすのか?NGNの動向と「L1VPN」などの注目技術を解説します。


カテゴリ  その他通信サービス関連 |




 セキュリティ事故発生時に現場担当者は何から手を付ければいいのか?そして、その際経営トップが同席することの重要性とは?本連載(全4回)の第1回ではセキュリティインシデントの根底要因を捉え、どのように企業の重要なリスクを回避していくべきなのかを考えていきたいと思います。


カテゴリ  IPS | IDS




 セキュリティ事故発生から (Vol.1)インシデントレスポンスと、 (Vol.2)アセスメントによる改善・強化策のプロセスを説明してきました。本連載(全4回)の第3回では、社内のネットワーク上での不正アクセスや内部犯による情報窃取を見逃さないためにも、多くのネットワーク機器・サーバー、不正防御検知システムや管理機器の出力するログ管理と分析活動から、企業の重要なリスク回避につながる基本的なプロセスを取り扱います。


カテゴリ  統合ログ管理 | ID管理


「L1」に関するニュース



 iSERVEは、仮想通貨のマイニングなどの、ブロックチェーンのトランザクション承認処理に利用できるGPUサーバの最上位機種「GSX-3」の出荷を3月下旬に開始する。同機種では、NVIDIAのGPU「GeForce GTX 1060」を9台搭載した「model 9」と、17台搭載した「model 17」を用意する。ブロックチェーンを使った仮想通貨の…


カテゴリ  その他サーバー関連 |




 センチュリーは、パスワード入力型セキュリティUSBメモリ「Lock U」に16GBモデル「CSUL16G」を追加し、2月中旬に発売する(オープン価格)。本製品では、最大15桁のパスワード設定と暗号化(AES 256bit)でデータを保護できる。USBメモリ本体に装備されたボタンで直接パスワードを入力する方式を採用し、アプリケ…


カテゴリ  認証 | メモリ | 暗号化




 システムインテグレータ(SI)は4月9日、データベース(DB)「PostgreSQL」などに対応したDB開発支援ツールの新バージョン「SI Object Browser for Postgres 18」を、アシストを通じて発売した。本ツールでは、PostgreSQLや、PostgreSQLをエンジンにしたエンタープライズDB「EDB Postgres」に直接接続し、テーブル…


カテゴリ  データベースソフト | 開発ツール



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「L1スイッチ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ