「KDDI インターネット 料金」から探す!IT製品・セミナー情報

「KDDI インターネット 料金」 に近い情報
「インターネット 料金」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「KDDI インターネット 料金」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「インターネット 料金」に関するIT製品情報

AQStage ネットワーク モバイルアクセス  2014/03/15


エヌ・ティ・ティ ネオメイト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  通信サービス
価格 ●月額料金1IDあたり/税別/初期費用別途クローズ型ライトプラン 800円クローズ型スタンダードプラン 5000円オープン型 1500円

カテゴリ  リモートアクセス | MDM | IP-VPN | インターネットVPN | 広域イーサネット | ネットワーク管理

製品概要  プライベートネットワークをモバイル環境で実現するサービス。閉域網から接続する「クローズ型」と、インターネットを経由して接続する「オープン型」の選択が可能。

オススメユーザー  高セキュリティなモバイルアクセスを定額料金で行いたい企業。


「インターネット 料金」に関する特集



今月は、クラウドコンピューティングとIT運用の関わりについて取り上げてみたい。クラウドがブームとなってからもう何年も経つが、今日においてクラウドは新たなトレンドというよりも、私達の身の回りに定着しつつある現実として捉えた方が良いだろう。これからクラウドコンピューティングについて考えるにあたって、まず始めにクラウドコンピューティングにはどのようなものがあるのか概観してみよう。御存じの方も多いと思うが、クラウドコンピューティングには大まかに分けて「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」がある。パブリッククラウドは、クラウドサービスのプロバイダーが基本的にインターネット越しに提供するもので、ユーザ企業は料金を支払ってサービスを利用するだけである。一方でプライベートクラウドは、ユーザ企業自身が仮想環境を構築し自社専用のクラウドサービスを利用するものである。さらに、パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用した利用形態を「ハイブリッドクラウド」という。今まである程度のIT機構を自社内に構築してきたユーザ企業は、ハイブリッドを選択する事になるであろう。セキュリティ等への懸念からデータを外部におけないシステムや、或いは大規模な演算処理等を行うシステムは、自社内(プライベートクラウド上、或いは旧来の独立したサーバ・メインフレーム上)に持ち、それ以外のシステム(所謂フロントエンド系のシステム)はパブリッククラウドを利用するという形態が、現実的に最も多くなると考えられる。


カテゴリ  その他運用管理関連 | IaaS/PaaS


「インターネット 料金」に関するニュース



 株式会社リコーは、社内に専任のIT管理者がいない中小企業向けに、セキュリティ対策ソリューション「ネットワークセキュリティパック」を7月22日に発売する。価格は、初期料金が20万3000円から、月額料金が8300円から。「ネットワークセキュリティパック」では、サイバー攻撃対策に対応したインターネット環境を提…


カテゴリ  UTM | 運用系業務アウトソーシング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「KDDI インターネット 料金」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ