「JETBLACK STS 価格 2015」から探す!IT製品・セミナー情報

「JETBLACK STS 価格 2015」 に近い情報
「STS 価格」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「JETBLACK STS 価格 2015」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「STS 価格」に関するIT製品情報

SmartForecasts(スマートフォーキャスト)  2014/11/01


ビジネスコネクト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  データ分析ソリューション |

製品概要  ビックデータ分析・活用をサポート。需要予測の精度を上げることにより、在庫を最適化し、キャッシュフロー経営に貢献する需要予測分析&計画立案支援ソリューション。

オススメユーザー  製品の入出荷や人員配置などにおいて、従来の「予測業務=勘と経験」から脱却し、数値をもとにした意思決定を確立したい企業。


WAF/DDoS対策サービス TrustShelter/WAF  2016/04/01


NTTソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 オープン価格

カテゴリ  WAF | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他WEB構築関連

製品概要  簡単かつ低コストに、Webサイトセキュリティを強化できる、WAF/DDoS対策サービス。クラウド型WAFなら運用も導入企業側で行わずにすむ。オンプレミス型WAFの提供も可能。

オススメユーザー  サイバー攻撃へのセキュリティ対策を低コストで行いたい企業。


「STS 価格」に関する特集



 前回、電子署名と認証がセキュリティの中の「Integrity(完全性)」を確保することを目的とした対策であることを解説した。 平成21年度に政府では、Integrity(完全性)を確保しながら、政府の電子申請の利活用の向上を目指した「オンライン手続きにおけるリスク評価及び電子署名・認証ガイドライン」(案)を作成した。このガイドラインは、米国における米国行政管理予算局の「連邦政府機関向けの電子認証に関わるガイダンス」(OMB M-04-04 E-Authentication Guidance for Federal Agencies)や米国国立標準技術研究所の「電子的認証に関するガイドライン」(NIST SP800-63 Electronic Authentication Guideline)に対応するものである。 日本のガイドラインは、電子申請の利活用を促進するために、現在使用している電子署名によるIntegrity(完全性)の確保だけでなく、認証技術等を活用したIntegrity(完全性)の確保を目的としている。そのため、日本のガイドラインは、米国とは異なり、電子認証だけではなく、電子署名を含んでいるのが特徴である。


カテゴリ  認証 |




 最近、WordPressの脆弱性を突いた事件が多く発生しております。たとえば、2013年8月末に某Webホスティング事業者で、WordPressのプラグインやテーマの脆弱性を利用した改ざん事件(詳細はHASHコンサルティングの徳丸先生のブログ参照)。また、2013年7月に公表されたWordPressにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN25280162)など多岐にわたります。 現在オープンソースのCMSアプリケーションは非常に質が高く高機能なため、米New York Times紙のWebサイトを初め多くの商用サイトにも利用されています。しかし、高機能であるだけにアプリケーションのコードも肥大化し、脆弱性が生まれやすくなります。また利用者が誤ったインストールや設定をしてしまうことで、脆弱性を作ってしまう可能性があります。  2012年秋、日本を含め多くの大学がハッカー集団「Ghost Shell」に攻撃され、情報漏洩や改ざん事件があったのをご存知でしょうか?この被害に遭われた、とある大学の先生のご相談に乗る機会がありました。この大学ではWordPressのコンテンツが狙われたそうで、インストールしてから一度もアップデートをしていなかったとのこと。「失敗したな〜」と悔やんでおられました。  なお、大学も履修システムやE-Learningなど、Webアプリが企業以上に多数有り、先進的な大学はWAFをどんどん導入されています。 札幌学院大学様ではハッカー被害は受けていなかったものの、この事件を機にWAFを導入されました(事例)。研究室で構築される勝手サーバのセキュリティ向上、そしてオープンソースのセキュリティレベルの底上げとして利用されており、実際にWordPressに対する攻撃も検出されたとのことでした。 バラクーダネットワークスジャパンのWebサイトにも、弊社製WAFを導入していますが、存在しないはずのWordPressの管理URLに対してのアクセス痕跡があり、機械的に手当たり次第リクエストを投げていることが想定されます。このように、公開WebサイトからリンクされていないURL、秘密情報や管理者機能に直接アクセスする攻撃を「強制ブラウジング」といいます。


カテゴリ  WAF |


「STS 価格」に関するニュース



 テスティーは、チャットbotやチャット画面を簡単に作成し、回答集計できるツール「FastSonar」の提供を開始した。FastSonarは、利用者の回答に対する質問や分岐をあらかじめ設定することで、プログラミング不要で簡単にチャット画面を作成できる。埋め込み先のデザインに合わせてカスタマイズできる。回答に応じた…


カテゴリ  その他WEB構築関連 | その他情報共有システム関連




 ヒューレット パッカード エンタープライズ(HPE)は、「HPE SecureData」の機能として「Hyper FPE(Format-Preserving Encryption)」及び「Hyper SST(Secure Stateless Tokenization)」の提供を全世界で開始する。「Hyper FPE」及び「Hyper SST」ソリューションは、暗号化とトークン化により、ユーザ企業のデ…


カテゴリ  暗号化 |




 株式会社フォースメディアは、台湾QNAP Systemsの「Turbo NAS」シリーズで、10ギガビットイーサネット(GbE)ポートを内蔵した低価格の8ベイNAS「TS-831X」を発売した。TS-831Xは、Annapurna Labs Alpine AL-314 クアッドコア 1.4GHz ARM Cortex-A15プロセッサを採用し、標準8GB、最大16GBのメインメモリ(DDR3 R…


カテゴリ  NAS | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「JETBLACK STS 価格 2015」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ