「JAVA SEとは」から探す!IT製品・セミナー情報

「JAVA SEとは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「JAVA SEとは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「JAVA SEとは」に関するセミナー情報

Java入門講座

エパノ プログラミングスクール


開催日

 7月26日(水)〜7月27日(木)

開催地 東京都   参加費 5万8968円(税込)


カテゴリ  開発言語 | CMS | EC

概要  Java言語の基本文法にフォーカスして変数・制御文・メソッド呼び出しなどの基礎的内容と、オブジェクト指向に関連する文法(インスタンス、継承、インターフェース、ポ…

オススメユーザー  プログラマ|システムの設計・運用|情報システム部の統括


「JAVA SEとは」に関する特集



 DDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack分散サービス妨害攻撃)とは、数千以上の大量の端末が攻撃対象となる特定のサーバに対して、一斉にパケットを送信して通信経路や対象サーバをダウンさせる攻撃です。DDoS攻撃はツールが整備されているため比較的簡単に攻撃することが可能なことも大きな問題です。 実際、政治的攻撃ハッカー集団アノニマス(Anonymous)は、DDoS攻撃を行うためのツールとしてLOIC(本来はネットワーク負荷試験ツール)を使用していました。彼らはツイッターなどのソーシャルネットワーキングを用い、攻撃に参加する多数のボランティア攻撃者を募集します。ボランティア攻撃者はLOICの攻撃クライアントをダウンロードするか、LOICのJavaScriptバージョンJS LOICをコンテンツとして保有するWebページにアクセスします。LOICのようなツールを利用することで、技術力の乏しいボランティア攻撃者を攻撃の輪に加え、DDoS攻撃を繰り返し行っていました。 こういった攻撃の多くは、セキュリティ能力の高いネットワークファイヤウォールやIPS/IDSなどで検知防御が可能です。


カテゴリ  ファイアウォール | IPS | IDS


「JAVA SEとは」に関するニュース



 アドバンスソフトウェアは、Java EE/SE環境で作成したプログラム中からExcelファイルを生成できるコンポーネント「ExcelCreator for Java」を発売した。本製品では、Excelファイルの新規作成や、既存のExcelファイルへの上書きや別ファイルへの保存が可能だ。また、目的のセルに対し、A1参照形式や座標、変数名、…


カテゴリ  開発ツール |




 スタイルズは、Webシステム開発のフレームワークを、脆弱(ぜいじゃく)な「Struts」から「Spring MVC」に移行するサービスの提供を開始した。本サービスでは、同社の自動移行ツールでJavaコードを解析し、Struts仕様のタグをSpring/JSTL(Java Server Pages Standard Tag Library)のタグに自動変換する。仕様に…


カテゴリ  開発ツール |




 ミガロ.は、CNXが提供する、IBMのミッドレンジサーバ「IBM i」(Power Systems)向けのWeb/モバイルアプリケーション開発ツール「Valence」の販売と技術サポートを開始する。本ツールは、Webアプリを開発するための機能を備えたクロスプラットフォーム対応JavaScriptフレームワーク「Sencha Ext JS」により、グ…


カテゴリ  開発ツール | その他サーバー関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「JAVA SEとは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ