「IWSSとIPSの違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「IWSSとIPSの違い」 に近い情報
「IW」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IWSSとIPSの違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IPS(侵入防止システム)とは?

IPS(Intrusion Protection System)とは、侵入(Intrusion)を検出し、防御(Protection)するシステムで、IDS(侵入検知システム)の機能に防御機能が備わったものである。IDSは、あくまでも不正アクセスや攻撃、またはその予兆をパケットやアクセスログの解析によって検出し、管理者に通知することを目的としていて、防御自体は行わないのに対して、IPSでは多くの場合、ファイアウォールと連係することで、防御までをカバーする。

「IW」に関するIT製品情報

VERDE  2013/03/11


オリゾンシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  VDI | Windows | Linux | シンクライアント

製品概要  Linuxサーバ上で動作するサーバ集約型の仮想化デスクトップソリューション。仮想化デスクトップは、Windowsをはじめ各種Linuxディストリビューションをサポートしている。

オススメユーザー  仮想化デスクトップ環境の導入を検討中の企業。コストや運用負荷を抑えつつ、柔軟に仮想化環境の構築をしたい企業。


オープンソースBI & Webレポーティングインフラ「Jaspersoft」  2014/12/01


ワークブレイン・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 125万円〜 Jaspersoftサブスクリプションライセンス※税別

カテゴリ  BI | ETL

製品概要  無償版:帳票作成/管理/OLAP/ETL機能を自由にDL有償版:ビッグデータ含む多様なデータ統合、多様なDWH連携、ユーザレポーティング・分析機能・マルチテナンシー・ログ情報

オススメユーザー  情報の利活用を推進したいが、膨大なデータ・ビッグデータ・利用ユーザの適用拡大・コスト等が原因で実現が難しい企業。


多回線・多機能電話転送システム『TransMighty』  2014/04/25


ソフトマティック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他通信サービス関連 | その他オフィス機器関連 | コールセンター/CTI

製品概要  Windows Serverシステムをベースとした多回線電話転送システム。1サーバで多回線処理が可能。細かな設定により、オペレータがいなくてもきめ細かい転送が可能になる。

オススメユーザー  保守要員への連絡、在宅勤務者への転送、営業スタッフの携帯電話への転送といった、電話の転送業務が多く発生する事業所など。


FortiWeb  2015/03/27


図研ネットウエイブ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  WAF | ファイアウォール | UTM | セキュリティ診断

製品概要  UTM機能だけでは防げないWebアプリケーションに対する攻撃やデータベースへの脅威を防ぐ多彩な機能を搭載したWAF製品。

オススメユーザー  通常のファイアウォールでは防げない脅威への対策を取りたい企業。高い信頼が求められるWebサービスプロバイダ。


在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS  2016/10/01


日立物流ソフトウェア

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  SCM | 在庫管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。

オススメユーザー  物流センタや倉庫の高機能化を考えている企業。最適な在庫管理/倉庫管理で業務を改善したい企業。


「IW」に関する特集



EAI、Webサービス、ESBとキーワード続出のアプリケーション連携。しかしキャッチアップが難しいのも事実。そこで今回はその方策と検討ステップを詳しく解説します。


カテゴリ  EAI |




 2016年1月14日、15日に開催された「SDN Japan 2016」のテーマの1つは、SDNやNFVといった技術を活用してどのように付加価値の高いサービスを実現していくかということだ。KDDIの兼井也寸志氏は、「SDN時代の実用ネットワーク・KDDI Wide Area Virtual Switch 2」と題したセッションの中で、そうしたサービスの一例として「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(WVS2)を紹介した。「セキュリティ機能を実装しており、クラウドやスマートデバイスの活用を促進できるサービスになっている」ことが特徴だという。


カテゴリ  SDN | シンクライアント


「IW」に関するニュース



 株式会社システムインテグレータ(SI)は、CMS(Contents Management System)機能により、ユーザが自由にサイトのデザインを変更・改修できる、EC(E-Commerce)サイト構築ソフト「SI Web Shopping CMS」を発売した。「SI Web Shopping CMS」は、ECサイト構築ソフト「SI Web Shopping Ver12.1」にCMS連携機能を追…


カテゴリ  EC | オープンソース | CMS




 サードウェーブデジノスは、既存のWindows 10タブレット製品4機種を、Cherry Trail世代のCPU「Atom x5-Z8350」に強化し、発売した。あわせて、8.9型モデル「Diginnos Tablet DG-D09IW2S」、10.1型モデル「同 DG-D10IW3S」では、メインメモリを4GBに、8型モデル「同 DG-D08IW2L」ではストレージを64GBに、それぞれ…


カテゴリ  タブレット |




 KDDIは、広域ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(KDDI WVS 2)で、クラウド対応強化を図るため、接続先に応じて帯域を拡張させるトラフィックフリー機能を拡充したトラフィックフリー機能IIを追加、またクラウド接続の上限帯域を1Gbpsまで拡張し、2017年3月に提供を開始する。KDDI WVS 2は…


カテゴリ  広域イーサネット | IP-VPN



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IWSSとIPSの違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ