「IT企業 CE 仕事内容」から探す!IT製品・セミナー情報

「IT企業 CE 仕事内容」 に近い情報
「IT企業 CE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IT企業 CE 仕事内容」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IT企業 CE」に関するIT製品情報

ユーザ参加型 ナレッジ共有サービス 「ナレッジリング」  2017/06/01


CBIT

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【フリープラン】■初期費用無料■月額料金無料※20アカウント500MBまで

カテゴリ  ナレッジマネジメント | ワークフロー | 文書管理 | EIP | データ検索ソフト

製品概要  テキストと文書(Word/Excel/PowerPoint/PDF)を対象とした全文検索機能、ユーザ間のQ&A機能、キーワード分析機能などを備えたクラウド型ナレッジ共有サービス。

オススメユーザー  ●社内のナレッジ共有を簡単・低コストで実現したい企業●問い合わせ対応にかかる負荷やコストを減らしたい組織や部門


「IT企業 CE」に関する特集



 「IT市場は構造変化している」とかなり以前から言われてきました。“クラウドコンピューティング”という言葉が初めて使われたのが2006年ですが、2年後の2008年にはGoogleがApp Engineを発表、AmazonはEC2正式版を発表、MicosoftではWindows Azure発表と各社からクラウドコンピューティングを意識したソリューションが登場しています。また、Salesforceは同年のグッドデザイン賞を受賞しています。わが国のIT企業でも2009年には富士通が仮想化技術に関する国際標準化団体DMTFでリーダーシップボードに就任しました。このような動きはITユーザにとって「情報システムはIT企業に発注して開発するもの」という意識を徐々に変えていくものでした。 そして、2013年現在「IT市場は構造変化してしまった」と過去形で語るべきだと言う方もいます。こうした中、中小IT企業はビジネスモデルを変革する際にどのような選択肢があるのか?その一例として、情報処理推進機構(以降、IPA)IT人材育成本部では、「人材」にフォーカスし、ビジネス変革の契機となるように編纂されたテンプレートを作成しました。本コラムにおいては、このテンプレートを題材に解説していきたいと思います。(テンプレートは下記URLの中段からダウンロードできます)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | システムインテグレーション




 システムを発注する立場で現場を見ていると様々な課題がある。発注側がIT企業ではなく、システムの開発要員を抱えておらず、外部にシステムの構築を依頼する場合などは特にそうである。これは単にシステム構築の問題だけではなく、セキュリティの問題にも結び付く。ここでは現場の課題に対処するためのひとつの手法として、現在、経済産業省から公開されているTRM(Technical Reference Model:技術参照モデル)を紹介する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IT企業 CE 仕事内容」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ