「IT中小会社の弱み」から探す!IT製品・セミナー情報

「IT中小会社の弱み」 に近い情報
「IT中」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IT中小会社の弱み」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IT中」に関する特集



 前回は、経営層への説得シナリオとして3点を挙げた。今回はその中の1つである「IT中長期計画との整合性」についてお話をしたい。 IT中長期計画(以下、中計)との“整合性”と表現すると、いささか大げさな表現になっている感も否めない。普段のお客様との会話で聞こえる言葉は、“整合性”というよりは“足枷にならない為に”と言う方が妥当な表現かもしれない。いずれにせよ中計を達成するために、IAMというインフラは、標準化されたプロセス・運用を確実に実行するために必要となる“あるべき姿”のインフラであると主張する傾向が加速していると感じている。 当然ながら、各企業の中計は異なるので、下記に示す例が全て当てはまるわけではないが、多くの企業で少なからずマッチしそうな“中計のキーワード”をご紹介させていただく。


カテゴリ  ID管理 |




 前回は、3つの経営層への説得シナリオの1つとして「IT中長期計画との整合性」についてお話した。 今回は、SOX法・内部統制対応の際に、多くの企業でIAMのニーズが発生した「リスク対応」について説明したい。 内部関係者が、システム上で不正・ミスを起こす場合というのは、過去の歴史を振り返ると、1人の担当者に権限が集中している場合が圧倒的に多い。システム監査が必要となった背景とされる“サラミ手法”の例をとっても、新たにIDを作成し、架空口座に1円未満の端数を入金するように財務関連のプログラムを修正、その後、本番プログラムを置換し、その痕跡が残らぬようにIDを削除、履歴を改ざんするといった不正が典型的である。こういった不正およびミスを防ぐために、IAMソリューションが導入されるというわけだ。 弊社が過去にお客様とお話した限り、不正を助長させる原因は、以下に示す“不適切ID群”という6つのタイプのIDが大きな原因と推察する。言い換えると“不適切ID群”が存在しなければ、大半の不正・ミスを予防できるということになる。下記の一覧に、6つの不適切ID群とはどのようなIDなのか、またどのような問題を抱えているか、どのように解決していくべきかを記載する。


カテゴリ  ID管理 |


「IT中」に関するニュース



 NECは、製造業のIT部門向けに、IoT活用などに向けた早期のIT中期経営計画(中計)策定とその実行を支援するコンサルティングをメニュー化した「IT組織変革ソリューション」を発売した。本ソリューションのIT中計策定支援では、専任ファシリテーターが3時間×4回程度のワークショップを行い、企業全体のIT構造や人材…


カテゴリ  特定業種向けシステム | システムコンサルティング


その他キーワード

製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IT中小会社の弱み」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ