「ITストラテジスト 協会」から探す!IT製品・セミナー情報

「ITストラテジスト 協会」 に近い情報
「協会」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ITストラテジスト 協会」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「協会」に関するセミナー情報

事業継続計画(BCP)策定トレーニングコース

BSIグループジャパン(英国規格協会)


開催日

 9月22日(金),12月11日(月)

開催地 東京都   参加費 3万2400円(税込)


カテゴリ  その他情報システム関連 | IT資産管理 | その他運用管理関連

概要  本コースでは、事業継続計画(BCP)の目的や概要を理解し、BCPを策定する手法を学びます。BCPとは事業の業務の中断・阻害に対応して、事業を復旧・再開し、あらか…

オススメユーザー  経営者CIO|その他|情報システム部の統括


自社で取り組む Webアプリケーション脆弱性診断

BSIグループジャパン/英国規格協会


開催日

 7月6日(木)〜7月7日(金),10月19日(木)〜10月20日(金)

開催地 東京都   参加費 21万6000円


カテゴリ  その他運用管理関連 | その他情報システム関連

概要  セキュアなWebサイト構築のために、セキュリティテストとして、適切なWebアプリケーション脆弱性診断の実施が必要なことは知られてきました。しかし、脆弱性診断を自…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ|情報システム部の統括


OWASP Japan 代表に学ぶ 自社で取り組む ネットワーク脆弱性診断

BSIグループジャパン/英国規格協会


開催日

 10月23日(月)〜10月24日(火),1月29日(月)〜1月30日(火)

開催地 東京都   参加費 21万6000円


カテゴリ  セキュリティ診断 |

概要  ネットワークシステムのセキュリティ上の弱点を発見するには、セキュリティスキャナーなどのツールによる診断は効果的な方法の1つです。しかし、セキュリティスキャナーで…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース

BSIグループジャパン(英国規格協会)


開催日

 12月1日(金),2月19日(月)

開催地 東京都   参加費 3万2400円(税込)


カテゴリ  IT資産管理 | BPM | その他データ分析関連

概要  本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

オススメユーザー  経営者CIO|その他|情報システム部の統括


「協会」に関する特集



 前回は 、大型の採用イベント(合同企業説明会)でBeaconを利用された一般財団法人大阪労働協会様にインタビューを行い、実際にBeaconを利用してみることで得られた成果や見えてきた課題についてレポートしました。 今回は、同協会の2度目のBeacon利用となるイベントの結果をレポートします。前回の利用結果をふまえ、どのようにBeacon活用を発展させたのでしょうか?前回に引き続き宍野様と反田様にお伺いします。


カテゴリ  無線LAN |




 情報システムの調達といっても、色々な段階がある。またそのガイドについても、公共においては「情報システムに係る政府調達の基本指針」(各府省CIO連絡会議)や「調達ガイドライン」(ニューメディア開発協会)、民間においては「要求仕様定義ガイドライン」(日本情報システム・ユーザー協会:JUAS)等がある。しかしセキュリティに関する調達ガイドはあまり見かけない。筆者は30年近くに渡りセキュリティ・安心安全のシステムに関し、ハードウェア設計/ソフトウェア設計/システム設計/プロジェクト管理/システム企画と様々な形で携わってきた。これらの経験で得たことを踏まえ、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)や(独)情報処理推進機構(IPA)、政府のガイド等も参照して政府調達を念頭に置きつつも、民間における調達にも参考になるように調達におけるセキュリティの全体像を4回にわたって述べる。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 今回から4回にわたってお伝えするのは、昨年の7月にキーマンズネットで連載された、特定非営利法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の情報セキュリティ対策マップ作成ワーキンググループによる取り組みの軌跡の続きである。 私たちは「世の中のすべての情報セキュリティ対策を把握するための情報セキュリティ対策マップを作成する」という、ある意味壮大な野望に取り組み、“マップ=地図”を日本で始めて作る、ということで現代の“伊能忠敬”と称している。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連


「協会」に関するニュース



 未来会計マスター協会は、企業の「未来」をシミュレートするツール「未来デザイン決算書」Excel版(月次版)をバージョンアップした。本ツールは、過去情報である決算書の数字を自動で並べ替え、中小企業の儲けの構造などを図表として表示する。儲けの構造を明らかにする「未来デザインPL(損益計算書)」と、儲け…


カテゴリ  会計システム |




 コモドソリューションズは、建設業など向けに、日本気象協会の監修による熱中症計(センサー端末)を利用したIoTサービス「熱中症対策サポーター」の2017年度シーズンの申し込み受け付けを開始した。価格は9万8000円〜(税別)。本サービスは、職場環境を見える化することで、熱中症による労働災害の防止をサポー…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他スマートデバイス関連 | その他運用管理関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ITストラテジスト 協会」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ