「IT WAF 比較」から探す!IT製品・セミナー情報

「IT WAF 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IT WAF 比較」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説WAF【Web Application Firewall】とは?

WAF(Web Application Firewall)はWebアプリケーションに対する不正な通信を食い止めるためのシステム。Webアプリケーションの脆弱性を狙う既知の攻撃パターンを記憶し、不正通信を検出/ブロックするばかりでなく、正当な通信パターンも記憶して、そのパターン以外の通信はブロックする使い方ができる。攻撃パターンに照らし合わせる運用を「ブラックリスト方式」、正当な通信パターンに照らし合わせる運用を「ホワイトリスト方式」と呼ぶ。

「IT WAF 比較」に関するIT製品情報

国産WAF SiteGuard / SiteGuard Lite  2016/08/15


ジェイピー・セキュア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 SiteGuard Lite1ライセンス初年度:25万2000円SiteGuard1ライセンス初年度:178万円(いずれも税別)

カテゴリ  WAF |

製品概要  高速・高品質なトラステッド・シグネチャを搭載。運用しやすい設定項目やインターフェースを備えた純国産ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。

オススメユーザー  コンテンツ改ざん/情報流出などを招くウェブアプリケーションへの様々な攻撃を効率的かつ効果的に防御したい企業。


Web Security Suite  2012/12/01


三和コムテック

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 【エントリー価格】初期費用 14万8000円(税別)月額費用 17万7000円(税別)※最大スループット100Mbps、保護対象サーバは2台まで

カテゴリ  WAF | セキュリティ診断 | その他ネットワークセキュリティ関連 | ネットワーク管理 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  Webシステムの脆弱性を発見するクラウド型脆弱性診断サービス、次世代WAFとそのメンテナンスサポートをセットで提供。

オススメユーザー  Webサイトの安全性を高めたい企業。コストや運用負荷がかかるため、Webセキュリティ対策、特にWAFの導入をあきらめていた企業。


クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell  2016/11/15


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ソフトウェア型:年額60万円/台ネットワーク型:初年度455万円 次年度以降105万円※税別

カテゴリ  WAF |

製品概要  InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。

オススメユーザー  Webシステムの安全性を向上させながら、脆弱性対策のコストを軽減したい企業。クラウドへのシステム移行を検討している企業。


Websense TRITON Solution Unified Content Security  2014/07/15


ウェブセンス・ジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DLP | データベースソフト | UTM | WAF | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  オンプレミス、クラウドのハイブリッドでの提供により、各拠点のネットセキュリティを一元管理。セキュリティガバナンスの強化を実現。

オススメユーザー  国内外問わず分散する拠点のインターネットセキュリティを統合管理したい企業。


IT資産管理 LanScope アセットキャット(Asset Cat)  2012/11/15


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10ライセンス : 34万3000円(税別)〜100ライセンス : 71万8000円(税別)〜

カテゴリ  IT資産管理 | リモートアクセス | WAF | その他ネットワークセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  8年連続市場シェアNo.1を誇るLanScopeシリーズのIT資産管理専用パッケージ。IT資産管理、ソフトウェア資産管理(SAM)の機能を1つのパッケージで提供。

オススメユーザー  PC・ネットワーク機器・プリンタなど、IT資産管理を行いたい企業。ソフトウェア資産管理(SAM)を徹底したい企業。


「IT WAF 比較」に関する特集



景気低迷によりIT投資が減少する中でも急拡大しているWAF(Webアプリケーションファイアウォール)のシェア情報をお届けします!


カテゴリ  WAF |




 前回までに、「ModSecurity」の基本的な機能である脆弱性を悪用する攻撃からアプリケーションを保護する仕組みを説明し、加えてIPAの実績をもとにWAFが脆弱性を悪用する攻撃に対して有効であることを説明した。しかし、WAFには導入・運用の際に、気を付けなければならない課題がいくつか存在する。その中でも、今回は実際の導入事例から「偽陽性(false positive)の発生」について確認していく。 なお、偽陽性とは、本来「正常なHTTP通信」であるにもかかわらず、「不正なHTTP通信」と判定する判定エラーである。また、今回記述する内容がそのまま他のWAFに当てはまらない可能性がある点に留意していただきたい。


カテゴリ  WAF |




  脆弱性を悪用する攻撃からアプリケーションを保護するための根本的解決は、「脆弱性を修正する」ことである。しかし、発見された脆弱性は必ず修正できるとはかぎらない。このような場合、保険的な対策として脆弱性を悪用した攻撃からアプリケーションを保護することができるWeb Application Firewall(以降WAF)の利用は有効である。 IPAは、脆弱性の修正ができないなどの理由で困っているウェブサイト運営者に対して、WAFが保険的な対策として有効であることを解説してきた。しかし、実際にWAFを導入したという実例が日本語文献としてあまりなく、導入しづらいとの声があった。そこで、IPA自らがオープンソースソフトウェアのWAF「ModSecurity」を導入し、導入事例を追記した「Web Application Firewall(WAF)読本 改訂第二版」を2011年2月に公開した。 今回は、この「ModSecurity」がSQLインジェクションの脆弱性をどのように防御するのかを確認し、WAFが脆弱性を悪用する攻撃から保護するに有効であることを確認していく。なお、今回記述する内容がそのまま他のWAFに当てはまらない可能性がある点に留意いただきたい。


カテゴリ  WAF |


「IT WAF 比較」に関するニュース



 セキュアヴェイルは、F5ネットワークスジャパンのWebアプリケーションファイアウォール(WAF)「BIG-IP Application Security Manager」(BIG-IP ASM)を運用監視する「NetStare/F5 BIG-IP ASM WAF運用監視サービス」を12月1日に発売する。本サービスは、ユーザーのWebサイトに設置したBIG-IP ASMの状態監視・検…


カテゴリ  WAF | 運用系業務アウトソーシング




 株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は、ホスト型Webアプリケーションファイアウォール(WAF)「SiteGuard Lite」の新バージョン「Ver3.00」をリリースした。「SiteGuard Lite」は、Webサイトの脆弱性を利用した攻撃から防御するための対策ツール。今回の新バージョンでは、統計情報やレポート出力の機能強…


カテゴリ  WAF |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IT WAF 比較」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ