「IT ICT 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「IT ICT 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IT ICT 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IT ICT 違い」に関するIT製品情報

ServerView Resource Orchestrator  2012/09/01


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス5万円〜(税別)

カテゴリ  統合運用管理 | 垂直統合型システム | データセンター運用 | IT資産管理 | サーバー管理

製品概要  ICTリソースの有効活用と運用・管理の効率化を実現する、プライベートクラウドの基盤ソフトウェア。ICTのコストの最適化に貢献する。

オススメユーザー  サーバ集約・仮想化環境で、運用の効率化に着手し、標準化、自動化及びサービス化したプライベートクラウド構築が必要な企業。


Systemwalker Centric Manager  2012/09/01


富士通

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 マネージャ:1ライセンス 50万円(税別)〜エージェント:1ライセンス 14万円(税別)〜

カテゴリ  統合運用管理 | IT資産管理 | 統合ログ管理

製品概要  システム運用のライフサイクルに合わせて、ソフトウェア資源の配付、システム/ネットワークの集中監視、トラブル復旧、評価などの機能を提供し、運用管理作業を軽減する。

オススメユーザー  ICTシステムの導入/設定から監視、トラブル復旧、評価に至るまでのシステム運用を統合管理したい企業。


「IT ICT 違い」に関するセミナー情報

コネクテッドカー・セキュリティセミナー 締切間近

アズジェント/Karamba Security/SCSK


開催日

 7月3日(月)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他物理セキュリティ関連 | その他開発関連

概要  自動運転の進展に伴い、セキュリティが大きな関心事となっています。VtoVのみならず、VtoXとしてのコネクテッドカーはICT端末としての機能を持ち、車両の状態や…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ|製造・生産管理


「IT ICT 違い」に関する特集



「我社の運用コストは他社と比較して妥当なのか?」企業のICT部門責任者が長年悩んできた課題である。そもそも運用コストの妥当性を評価する時、どこに“よりどころ”を求めればよいか。経営者からは「ITは金食い虫」と揶揄され、ユーザからは「動いて当たり前」と歯牙にも掛けられない。 ICT運用業務の地味な努力が適切に認められる日を、待ち望む関係者が如何に多いことだろうか。 今回は、この課題に取り組んだ“JUAS 2012年ITサービスマネジメント研究会”の成果を紹介しよう。まだ途上ではあるが企業システムの運用規模をポイントで表現し、そのポイントと年間の運用コストの相関係数が0.8を超えた事が確認できた。 この方式の正当性が証明されれば、自社のICT運用コストは他社と比較して、「どんなポジションにあるか」客観的に判断することができる。今後は更に調査対象を広げ、より多くのデータを集め、精緻な相関を求めようとしている。


カテゴリ  システムコンサルティング |




この10〜20年で営業パーソンを取り巻く環境が大きく変化しています。ITやWEBが発達したことによりビジネスの在り方が根本的に変化してきました。そして、営業の在り方も常に変化と進化を辿ってきたのです。


カテゴリ  SFA |




 前回(第1回)は、過去10年間の売上高に占めるIT費用比率の変化を示した。見事なまでの減少である。この間日本のGDPはほぼ横ばいなので、乱暴な言い方ではあるが、企業の売上は増えていないと仮定すれば、比率の減少は絶対額の減少を意味する事になる(※注1)。 更に保守運用費と呼ばれるコストは、IT総予算の70%弱(2003年当時)から53%(2012年)に下がっている。保守運用コストに限るならば、この10年間で約1/3に減少したと言える。 やはり一番の貢献はハードウェアの技術進歩である。 先ずネットワークは専用回線から、VPNやインターネット利用の割合が増え急速に費用が逓減した。そして最も影響したのはダウンサイジングと称して、汎用大型機(メインフレーム)がオープンシステムに置き換えられた事だろう。これには単なるハードウェアの価格だけではなく、付随するソフトウェアの価格や保守料、関連サービスの価格とも連動してくるので、結果、絶対額の減少に大きく影響する。クライアントPCの価格低下や集中購買、リース料と保守・サービスのパッケージ化等も大いに貢献している。以下の図は、売上高100億円以上、1兆円未満の企業15社の保守運用コストの内訳である。(JUASソフトウェアメトリックス調査2013に加筆)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |


「IT ICT 違い」に関するニュース



 NTTアイティは、ICT授業支援ツール「サイバー先生Ver5.1」を発売した。アクティブラーニングに適したグループワークやアンケートなどの機能を強化した。本製品では、アクティブラーニングの手段であるグループワークにおける、大きく分けて3つの手順「グループ分け」「グループ内での情報共有」「グループ発表」を…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他情報共有システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IT ICT 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ