「IT 部門 スローガン 変革」から探す!IT製品・セミナー情報

「IT 部門 スローガン 変革」 に近い情報
「IT 部門 変革」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IT 部門 スローガン 変革」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IT 部門 変革」に関するセミナー情報

事例から見る「攻めの情報システム部門」変革へのステップ

主催:バリスティック・ビジネス・テクノロジーズ/協力:オープンソース活用研究所


開催日

 12月2日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | その他運用管理関連

概要  【ITIL(R)データを利用して他社と比較】ITIL(R)データを利用し定量的に他社と比較して自社の情報システム部門のポジションを客観的に示すValiDataL…

オススメユーザー  情報システム部の統括


「IT 部門 変革」に関する特集



459名を対象にアンケートを実施。後編では「営業部門の『ワークスタイル変革』への取り組み状況」などが明らかに。


カテゴリ  シンクライアント | タブレット | スマートフォン | ノートパソコン




 ユーザ企業のIT部門は、基幹業務の社内システムの開発・保守といったIT利活用の基礎となる業務を長年担ってきています。米国等ではITを活用したビジネスモデルの変革によって新たな価値の創出や競争力の強化を行い、いわゆる「攻めのIT投資」を目指しているのに対して、日本の場合は従来型の「守りのIT投資」から脱却できていないと、「人材白書2015」では警鐘を鳴らしています。日本の企業においては国際競争力を拡大・維持し稼ぐ力の基盤となりうる「攻めのIT投資」へシフトしていくことが、今後の重要課題なのです。 一方で、ユーザ企業のIT部門の皆さんは、経営者や事業部門から期待されている役割を十分理解していると思います。「業務プロセス改善」「新規ビジネス創出」「既存ビジネスの販路拡充/拡大」「顧客開拓支援」など、いわゆる攻めのIT活用の実現が必要だと感じてはいるものの、既存業務への対応や人材不足も重なり、ままならないというのが本音ではないでしょうか? そんな課題を解決し攻めのIT部門へシフトして行くために、今回は「IT部門で働くエンジニアに求められることは何か?」「空前の人材不足をどのように乗り越えていけばよいのか?」について考えてみたいと思います。


カテゴリ  プロジェクト管理 |




 前回はIT部門をあるべき姿に変革させるためには、優秀な人材の確保や育成が必要不可欠であり、IT市場の拡大と人材不足という時代においては優秀なフリーランスITエンジニア(IT個人事業主)の活用も有効であるというお話をしました。 一方で、エンジニア売り手市場と言われながらも、改正派遣法などの影響でITエンジニアにとっても自身のキャリアプランやライフプランが描きにくいという状況が生まれています。 最終回である今回は、このフリーランスITエンジニア(IT個人事業主)について詳しくご説明したいと思います。


カテゴリ  プロジェクト管理 |


「IT 部門 変革」に関するニュース



 NECは、製造業のIT部門向けに、IoT活用などに向けた早期のIT中期経営計画(中計)策定とその実行を支援するコンサルティングをメニュー化した「IT組織変革ソリューション」を発売した。本ソリューションのIT中計策定支援では、専任ファシリテーターが3時間×4回程度のワークショップを行い、企業全体のIT構造や人材…


カテゴリ  特定業種向けシステム | システムコンサルティング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IT 部門 スローガン 変革」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ