「IT 小売 異業種連携」から探す!IT製品・セミナー情報

「IT 小売 異業種連携」 に近い情報
「IT 小売」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IT 小売 異業種連携」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IT 小売」に関する特集



電力の小売り自由化を機に、さまざまな企業が独自サービスを開発、顧客囲い込みをねらっている。その中の1社であるKDDIは、移動体通信サービスauのユーザー基盤を生かし、「auでんき」サービスを提供している。このサービスのバックエンドに選んだのがAmazon Web Services(AWS)だったという。


カテゴリ  IaaS/PaaS | システムインテグレーション | EC




 初代iPhone発売から9年が経ち、消費者がさまざまなシーンでスマートフォンを利用するようになった今、小売、運輸、出版、不動産といったITサービスの提供を主な収益源にしていないB2C企業においてもモバイルアプリを自社ビジネスに生かしたいという機運は益々高まってきており、実際に多くのアプリが世に出ています。 しかしながら、自社ビジネスとの親和性やモバイルアプリだからこそできるメリットを十分に考慮せずに開発されたアプリも多いのが現状です。 これらのアプリは多額の費用をかけたにもかかわらず、ダウンロード数ばかりを気にしてアプリ本来の目的が見失われてしまっているものが多く、結果、「モバイルアプリはもうからない」という主張を後押しする要因にもなってしまっています。 本連載では上記のような状況を見直す一助となるべく、これまで世界25カ国、2700以上のモバイルアプリに導入され、さまざまなアプリの成長を支援してきた弊社の実績を元に、B2C企業がアプリを企画・制作・運用し、収益を上げるために知っておくべきことを解説していきます。 初回ではB2C企業がアプリの企画・制作・運用に取り組むべき理由を探っていきます。


カテゴリ  その他開発関連 | 開発ツール


「IT 小売」に関するニュース



 ヘッドウォータースと日本マイクロソフトは、小売や飲食、サービス業など実店舗型の事業者向けに、パブリッククラウド基盤「Microsoft Azure」の人工知能(AI)機能とロボット技術を活用した「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」の提供を開始した。本サービスは、Microsoft AzureのAI機能「Cognitive Servic…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IT 小売 異業種連携」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ