「IT モニタリング」から探す!IT製品・セミナー情報

「IT モニタリング」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IT モニタリング」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IT モニタリング」に関するIT製品情報

CA Nimsoft  2013/06/01


CA Technologies

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 モニタリング対象台数に対する月額課金詳細はお問い合わせ下さい

カテゴリ  統合運用管理 | IT資産管理 | サーバー管理 | サービスデスク | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  統合モニタリング・ソリューション。サービス視点での運用管理を実現し、サーバやネットワーク、アプリなどITサービスを提供する構成要素を、簡単&高度にモニタできる。

オススメユーザー  クラウドを含むITインフラの統合的なモニタリングを通じ、最適化されたエンドユーザサービスを提供したいと考える企業やxSP。


ユーザアクティビティ監視「ObserveIT」  2016/05/01


ジュピターテクノロジー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 管理サーバ導入費用:260万円※初年度サポート費用別※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | データ分析ソリューション | フォレンジック | サーバー管理

製品概要  「ObserveIT」は、サーバにおけるユーザセッションのビデオ記録/ビデオ解析のためのテキスト監査ログの生成/レポート化などを実行するモニタリングツール。

オススメユーザー  サーバ上で『誰が・いつ・何に・どんなことを行ったか』を正確に把握したい企業。迅速な監査対応を行いたい企業。


エージェントレス・データベース監査ツール AUDIT MASTER  2014/04/01


アクアシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 120万円〜(ライセンス価格)※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | データベースソフト

製品概要  データベースの操作ログを取得、管理するデータベース監査ツール。データベースの標準機能を利用、管理者や特権ユーザーを含む、あらゆるタイプの操作ログをモニタリング。

オススメユーザー  内部統制やPCI DSSで要求される、管理者を含むデータベース操作ログ管理を迅速、確実に実装し、導入・運用費用を軽減したい企業。


BPM製品 BP Logix / BP Director  2015/03/31


アシストマイクロ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 30ユーザ・ライセンス 287万円〜(税別)

カテゴリ  BPM |

製品概要  タイムラインベースとワークフローベース、双方のプロセスマネジメントができ、ダッシュボードでのプロセス可視化、モニタリング、レポーティングまでを包括したBPM製品。

オススメユーザー  ワークフロー製品やBPM Suiteを導入したが、稟議申請、経費精算などの汎用的なワークフローにしか活用できていないという企業。


「IT モニタリング」に関する特集



 個人情報保護法の施行を契機にデータベースでも「ログを取らなければならない」という動きが盛んになっている。また近年では内部統制におけるIT統制の要求からもその必要性が高まっている。以前は収集してあるだけで何かあったら使うという「取りっぱなしのログ」が多く見受けられたが、近年は内部統制上のモニタリング要件などの必要もあって定期的なチェックや現場に対する確認などを行う企業も増えている。今回は、ログの活用について解説していきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | フォレンジック




 モバイル、クラウド、IoTは、私たちのライフスタイルや働き方を大きく変えた。今やスマートフォンを片手に業務メールやスケジュールをチェックし、顧客先ではクラウドにアップロードされたプレゼン動画や資料をベースに商談できるのは当たり前になった。IoTの分野では、例えば建設機械にセンサーを搭載、稼働情報をモニタリングして品質管理やサポートなどを提供する、外出先からスマホでエアコンやロボットクリーナーを操作するなど、次々と活用事例が誕生している。 だが、これらは作業の効率化や生産性の向上、情報共有のスピードアップなど、既存の仕組みやビジネスモデルを「アップグレード」したにとどまる。だが、IBMやGoogleなど大手IT企業が巨額を投じて研究開発を進める「人工知能」は違う。まさに革新的な技術であり、5年後に企業/個人が生き残れるかどうかを左右する重大なキーワードである。 2020年を見据えたとき、人工知能機能を実装したソフトウェアは主流となる。マジックソフトウェア・ジャパン株式会社主催のイベント「Magic World 2015」の特別講演に登壇した船井総合研究所、シニア経営コンサルタントの斉藤芳宜氏はこう述べた。


カテゴリ   |


「IT モニタリング」に関するニュース



 ディアイティ(dit)は、1Gbpsネットワーク用の、ネットワーク監視とパケット解析によるトラブルシュートに適したネットワークレコーダーアプライアンス「Capture Engine Appliance」を、発売した。Capture Engine Applianceは、末端セグメントのモニタリングに対応する、1Gbpsネットワーク専用モデル。Savviusのネ…


カテゴリ  ネットワーク管理 | フォレンジック




 株式会社コムニコは、ソーシャルメディア(SNS)アカウント統合管理ツール「コムニコマーケティングスイート」に、Twitterの競合分析機能を追加した。「コムニコマーケティングスイート」は、分析/投稿/モニタリング/ライブラリの4機能を備え、Facebook/Twitter/Instagramのアカウント運営を支援する。今回…


カテゴリ  ソーシャルメディア分析 |




 株式会社アドバンスト・メディア(AMI)は、コールセンター向け音声認識クラウドサービス「AmiVoice Communication Suite Cloud」を7月1日に開始する。「AmiVoice Communication Suite Cloud」は、顧客との会話を文字化してDBに集約することで、VOC分析や通話モニタリングへの活用、コンプライアンス対策を支援す…


カテゴリ  コールセンター/CTI | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IT モニタリング」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ