「IT メーカー シェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「IT メーカー シェア」 に近い情報
「IT メーカー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IT メーカー シェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IT メーカー」に関するIT製品情報

SAM診断サービス  2015/03/15


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  IT資産管理 |

製品概要  自社のライセンス管理の現状を見える化するサービス。問題がある場合は改善につなげることができ、また不正使用の発見や、ライセンスコストの削減につなげることが可能。

オススメユーザー  メーカーからライセンス調査票が届き、対応が必要な企業。社内でソフトウェアの不正使用がないか不安を感じている企業。


「IT メーカー」に関するセミナー情報

IT資産管理ツール比較セミナー 締切間近

ソフトクリエイト


開催日

 12月15日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  IT資産管理 | その他PCソフト関連 | 検疫

概要  情報セキュリティ対策をIT資産の管理からはじめる企業が増えています。しかし、導入する上でメーカーや製品の選択で悩まれている企業のご担当者様が多くいらっしゃいます…

オススメユーザー  経営者CIO|システムの設計・運用|情報システム部の統括


「IT メーカー」に関する特集



高級肌着メーカーのアングル・ミユキは、個別に稼働している各種システムを統合して「業務改革」と「ITシステム運用によるコスト削減」を推進するため、ERPパッケージによる業務管理システムの再構築に乗り出した。


カテゴリ  ERP |




 前回はオフライン端末のセキュリティ対策ソリューション、「Trend Micro Portable Security(以下、TMPS)」の概要について解説した。連載の最後となる今回は、具体的な利用ケース・利用方法について紹介した上で、トータルセキュリティの実現に必要な対策について解説したい。 TMPSの具体的な利用ケースとしては、例えば、メーカーの製造工程における出荷前検査のひとつとして活用できる。TMPSで定期的に製造現場の専用端末のウイルスチェックを実施することにより、製品へのウイルス混入の可能性を最小限にし、安心して安全な製品を出荷することができる。加えて、ログ管理機能により、出荷前のウイルス検査を実施したエビデンスもセキュリティ監査等で利用可能である。また、メーカー等による専用端末出荷後の保守、メンテナンスにも威力を発揮する。USB型検索ツールは可搬性にも優れているため、保守サービスマンがTMPSを携帯して運用することで、製品導入先企業に出向いて、手軽に、定期的なウイルス検査を実施するサービスを提供することも可能で、万が一製品導入先の専用端末等においてウイルス感染が発見されても、その場で駆除、隔離処理が可能である。さらに、メーカーの製造、保守現場だけでなく、多くの企業や官公庁、学校などに存在する、インターネット空間とは完全に隔離された一部のオフライン端末やクローズドネットワーク向けのセキュリティ対策ツールとしても非常に有効である。このような端末に対しても、TMPSによる定期的なウイルスチェックを行うことで、USBワームなどの脅威から情報資産を守ることができるだろう。これら以外にも、インターネットにつなげているコンピュータでも、ウイルス対策ソフトによるセキュリティ対策よりも端末自身のパフォーマンスを優先させたいユーザが、不正プログラム感染のリスクを低減させるツールとして活用できるかもしれない。 次に、基本的な利用方法を紹介しよう(図1)。TMPSをインターネット環境にある管理用コンピュータにつなげ、管理プログラムをインストールする。すると、管理プログラムはインターネットを通じてActive Update Serverと通信し、最新のパターンファイルや検索エンジンを取得する。そして、USB型検索ツールのパターンファイルと検索エンジンをその時点で最新のものにアップデートする。その後USB型検索ツールを、ウイルスチェックを実施したいオフライン端…


カテゴリ  アンチウイルス |




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「IT メーカー」に関するニュース



 ゆめみは、製造業メーカーのサービス開発に特化した高速プロジェクト推進支援サービス「Agile Open Innovation」(Agile.O.I)を開始した。Agile.O.Iでは、サービス企画・UXデザイン・UI設計および検討の段階で、ゲーミフィケーション・HCD(人間中心設計)など、消費者の行動心理に基づいたフレームワークを活用…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他スマートデバイス関連 | システムインテグレーション



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IT メーカー シェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ