「IT イベント」から探す!IT製品・セミナー情報

「IT イベント」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IT イベント」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IT イベント」に関するIT製品情報

ITサービスマネジメント「LMIS on cloud」  2015/04/15


ユニリタ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 【参考価格(税別)】初期費用:30万円月額:10万円〜コンフィグレーション費用:お問い合わせ下さい※オンプレミス版もあり

カテゴリ  統合運用管理 | ワークフロー | データ分析ソリューション | 統合ログ管理 | CMS

製品概要  Force.com上で開発されたクラウド型ITサービスマネジメント。CMSにより、イベント管理、インシデント管理、問題管理などの各プロセスを統合管理。ワークフロー標準搭載。

オススメユーザー  ITサービスデスクの品質向上が課題の企業。コストや運用がハードルとなりマネジメントシステムの導入をあきらめていた企業。


PALLET CONTROL  2013/07/01


JALインフォテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 4000円(税別)〜

カテゴリ  IT資産管理 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  新規PC導入時及びバージョンアップ時のキッティングや、事前のイベントリ情報の一元管理などが効率的に行える資産管理ツール。PC環境の設定変更などにも有効。

オススメユーザー  アプリケーションのインストールやバージョンアップ、OSやアプリケーション設定変更などが、負担になっているシステム管理者。


特権ID管理 CA Privileged Identity Manager  2016/12/21


アシスト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ID管理 |

製品概要  「OSでは満たせないあらゆるイベントのアクセス制御」と「特権/共有アカウントのパスワード貸出制御」を実現できる特権ID管理製品。

オススメユーザー  ・特権ID管理を検討している企業・標的型攻撃対策を検討している企業・マイナンバーやPCI DSS対応を行いたい企業


「IT イベント」に関するセミナー情報

Enterprise Web Solution 2017 (10月6日金:東京)

エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート


開催日

 10月6日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  BPM | オープンソース | 開発ツール

概要  NTTデータイントラマート 年間最大のプライベートイベント【Enterprise Web Soluiton 2017】デジタルビジネスが「働き方」の改革を起こす…

オススメユーザー  経営者CIO|全社スタッフ|情報システム部の統括


「IT イベント」に関する特集



  2016年12月1日、製造業においてCAD(コンピュータ支援設計)、製品ライフサイクル管理 (PLM)、サービス管理(SLM)ソリューションを提供するPTCジャパン主催のイベント「PTC Forum Japan 2016」が東京・新宿のベルサール新宿グランドにて開催された。本記事では講演群の中から、大手SI企業がIoT時代をどう迎え、どう価値を提供していくのかというビジョンを共有すべく、NTTデータが自社の取り組みを紹介した「デジタル時代を創るITのチカラ」をレポートしよう。


カテゴリ  ビッグデータ |




 「Automotive World 2017」1月18日〜20日までの3日間、東ビッグサイトで開催された。「カーエレクトロニクス技術展(CAR-ELE JAPAN)」「EV・HEV駆動システム技術展(EV JAPAN)」クルマの軽量化技術展(Weight Reduction Expo)」「コネクティッド・カーEXPO(Connected Car JAPAN)」「自動車部品/加工EXPO(カーメカJAPAN)」といった5つの分野の技術展が開かれ、961社が参加した大規模イベントだ。 今回も多くの技術開発の進化を見ることができた。素材に関しては軽量化研究開発のレベルがかなり円熟していたし、車体だけでなく、各種部品の軽量化の試みも目覚ましい発展をとげており、技術者のこれまでの研究、開発努力に拍手を送らざるをえない状況であった。 その中でも最も大きな変化があったのは、やはりITだった。何だかちょっと縁の遠いもののように感じていた「コネクティッド・カー(Connected Car)」という言葉も今は身近になってきた。現在生産されている自動車一台に入るプログラミングコードは、私たちがよく使っているPC運営体制(OS、Operating System)のコードよりはるかに多く、またそれはどんどん多くなっている。自動車はもはや完全なITデバイスといっていいだろう。「コネクティッド・カー」とは、そのITデバイスがお互いにつながり、そしてインフラとつながる。これはもう未来のことではない。  他にも面白いと思ったのは、今までのイベントに比べて、来場者が質問を活発にしていたことだ。出展者側が客引きを派手に行う様子より、来場者が自発的にブースを訪れて質問している様子がとても多く見られた。自動車への高い関心がうかがえる。そこで今回は、3つの質問とそれに対する答えを通じて、自動車セキュリティ、ひいてはIoTセキュリティ最も根本的で源泉的な疑問を解消してみよう。


カテゴリ  認証 | IPS | ファイアウォール | フィルタリング




 5月26、27日に行われた伊勢志摩サミット。世界経済に対する各国の認識の違いや、オバマ大統領の広島訪問など、多くの関心を集めたイベントが多かった。その陰となりあまりニュースでも取り上げられなかったが、今まで様々な物議を醸し出してきたITビジネスが日本で密かにスタートしたのをご存じだろうか? 日本で初めて、uberX(自家用車によるタクシーサービス)が開始されたのだ。 場所は京都府の北部に位置する人口5500人ほどの丹後町。過疎化により2008年にタクシー会社が撤退してしまい、路線バスも1日十数本という状況の中、高齢化した住民の足となるサービスとしてUberとNPO法人が手を組み、Uberのアプリをベースとした「ささえ合い交通」サービスがスタートした。これは2016年5月に、国土交通省が特例として過疎地などに認められる「自家用有償旅客運送」を今回の取り組みに対して認めたものだ。   ささえ合い交通では、Uberの利用者向けアプリとドライバー向けアプリをそのまま使い、地元の一般ドライバー18人が配車依頼に対応するという。欧米における本来のuberXとは多少趣旨が異なるが、今まで普通の企業では採算が取れずに解決できなかった課題を、IT活用によるシェアリングエコノミーが解決していくことは今後ますます増えていくだろう。 そのような背景もあり、今回の記事では「○○のUber」と呼ばれる、欧米のユニークなビジネスを紹介していきたい。


カテゴリ   |


「IT イベント」に関するニュース



 3bitterは、イベントなどを運営する事業者向けに、エリア限定のECサイトを構築できる「エリア限定EC構築パッケージ」の提供を開始する。本パッケージでは、Beacon技術を用いてコンテンツとリアルな場所と連携するためのBeacon領域サービス「SWAMP」を組み合わせることで、会場内限定で利用できるECサイトを構築し…


カテゴリ  EC | その他開発関連




 マカフィーは、セキュリティ情報イベント管理(SIEM)ソリューション「McAfee Enterprise Security Manager(ESM)」の効率的な活用を支援する「コンテンツパック」を拡充した。同製品のユーザーは無料で利用できる。これは、同社が培ったSIEM運用ノウハウを基にして、インシデントレスポンス、外部への情報流出対…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他運用管理関連




 テクマトリックスは、パロアルトネットワークスがAmazon Web Services(AWS)環境向けに提供している仮想化次世代ファイアウォール「VM-Series on AWS」向けの運用監視サービスの提供を開始する。今回の新サービス「TRINITYセキュリティ監視サービス for AWS」では、セキュリティイベントアラートを解析する際、パ…


カテゴリ  ファイアウォール | その他仮想化関連 | 運用系業務アウトソーシング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IT イベント」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ