「ISMS 標語」から探す!IT製品・セミナー情報

「ISMS 標語」 に近い情報
「ISMS」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ISMS 標語」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ISMS」に関するIT製品情報

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム)  2016/12/01


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 センサAX:19万9000円(税別)

カテゴリ  検疫 | IPS | その他エンドポイントセキュリティ関連 | ネットワーク管理

製品概要  不正端末の接続を検知し、排除。◎各端末へソフトのインストール不要◎VLAN対応で、低コスト◎IPv6対応◎地図表示によるネットワーク可視化◎端末の通信誘導(利用限定)

オススメユーザー  不正端末のネットワークへの接続をコントロールしたい企業。ISMS、Pマークを取得している/取得準備中の企業及び特定部門。


「ISMS」に関する特集



 近年、セキュリティの必要性は、多くの場面で言われており、情報システムを考える際には不可欠な要素となってきている。情報システムのセキュリティとしては、マネジメントとしての対策であるISMS(Information Security Management System)、技術的な対策であるウイルス対策や情報漏洩対策等が、急速に浸透してきている。 そのセキュリティの中で、現在、改めて注目されつつあるのが電子署名や認証に関する議論である。


カテゴリ  認証 |




 企業や組織において、所有する情報、特に電子ファイルとして所有する情報は、年々増え続けるばかりである。情報の増加に比例して、それら情報を管理する「手間」や「難易度」が増しているのも事実である。 今回から4回にわたり、組織における情報を「情報資産」と位置づけ、ISMS/ISO27001や法的な観点から、情報資産を管理する上での問題や過去の事例、最低限行うべきポイントについて解説したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 前回までの説明で、情報資産の重要度の識別と、重要な情報資産の所在の管理、特に不正競争防止法に基づく営業秘密の管理の重要性は理解いただけたと思う。 今回は、その「重要度の識別」およびその「所在の管理」に関して、前者については筆者が実際に企業から聞いた現状を、後者についてはISMS/ISO27001を実際に取得している、もしくは取得検討中である企業の声を例にとり、企業としてどう対策をとるべきかについて説明したい。


カテゴリ  文書管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ISMS 標語」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ