「IPS ソフトウェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「IPS ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IPS ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IPS(侵入防止システム)とは?

IPS(Intrusion Protection System)とは、侵入(Intrusion)を検出し、防御(Protection)するシステムで、IDS(侵入検知システム)の機能に防御機能が備わったものである。IDSは、あくまでも不正アクセスや攻撃、またはその予兆をパケットやアクセスログの解析によって検出し、管理者に通知することを目的としていて、防御自体は行わないのに対して、IPSでは多くの場合、ファイアウォールと連係することで、防御までをカバーする。

「IPS ソフトウェア」に関するIT製品情報

Threat Emulation Software Blade  2014/02/26


チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 オープン価格

カテゴリ  IPS | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  高度なエミュレーション機能により、未知の脅威やゼロデイ攻撃、標的型攻撃による被害をネットワークの境界でブロックするセキュリティソリューション。

オススメユーザー  未知の脅威・ゼロデイ攻撃・標的型攻撃からネットワークを守りたい企業。


AppDirector OnDemand Switch  2015/08/21


日本ラドウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ADC/ロードバランサ | IPS | ファイアウォール | WAN高速化 | サーバー管理 | ネットワーク管理

製品概要  ソフトウェア・ライセンス方式により、簡単にスループットとサービスを拡張できるL4〜7対応ロードバランサ。ディザスタリカバリ環境の構築にも最適。

オススメユーザー  ERPやCRM、Webサーバなどへのアクセス増加の対策としてサーバ負荷分散装置をご検討の方。ASP・SaaS事業者、インテグレータの方。


「IPS ソフトウェア」に関する特集



 ドアのカギを開けっ放しにして外出する人はほとんどいないはずだ。誰だって家の中の大事なモノを取られたくない。 だが企業や組織がインターネットに接続したり、Webサイトや公開サービスを立ち上げしたりする場合はどうだろう。インターネットと接続するということは、そのサイトを構成するサーバやデータベースから個人情報やクレジットカード情報などの情報を取られたり(窃取)、別のデータに書き換えられたり消されたり(改ざん、消去)、負荷をかけて利用しにくくするなど(サービス妨害)の危険(脅威)と隣り合わせになる。 したがって、上記の危険を避けるために、要塞化と呼ばれる最新のOS、ソフトウェアなどの利用、それらソフトの安全な設定、更にWebアプリケーション脆弱性対策やファイアウォール、IDS/IPSによるアクセス制限、攻撃の検知・遮断など、何らかのセキュリティ対策は実施している“はず”だ。


カテゴリ  セキュリティ診断 |




 前回は標的型攻撃に悪用されるマルウェアについて解説した。一般的な標的型メールを利用した攻撃では、トロイの木馬が悪用される。ほとんどのものが既知のマルウェアであるが、攻撃者によりウイルス対策ソフトウェアでは検出されないよう巧妙に作成されている。この傾向は、標的型攻撃に限らず、マルウェア全般に言える傾向かもしれない。このことは、私たちユーザ個人がマルウェア感染に気付く術がほとんどないことを示している。 そのような中、近年注目されているのが、第2のセキュリティ対策製品である。端末へインストールするタイプのものでは、脆弱性の悪用を未然に検出する製品や、DLP(Data Loss Prevention:情報漏洩防止対策)、暗号化製品が注目されているようだ。また、ネットワーク上に設置するものでは、アプリケーション層の監視を得意としたものや、実行ファイルの挙動をチェックするものなどが注目されている。いずれも単体での有効性では限界があるかもしれないが、従来のセキュリティ対策と異なる視点での監視ができるため、上手く長所を組み合わせることでのセキュリティ補強は期待できそうだ。そこで、本稿では今時のマルウェアに感染した際に発生する通信とその検出方法について解説していこう。


カテゴリ  IPS |




 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |


「IPS ソフトウェア」に関するニュース



 株式会社イー・ポストは、メールサーバソフトウェア「E-Post Mail Server」の新版を発売した。「E-Post Mail Server」は、Windows上で動作し、容易に導入/操作できる。今回の新版では、ID/パスワードを何千/何万通りも試そうとする“総当たり攻撃”から防御するための“接続ロックアウト機能”が装備された。特…


カテゴリ  電子メール | IPS | 認証




 ジランソフトジャパンは、ランサムウェア対策の専用ソフトウェア「RANSOMFILTER」を発売した。価格はオープン価格。RANSOMFILTERは、未知のランサムウェアによるファイル変更などの攻撃を、状況認識技術によりリアルタイムに検出し遮断できる。ファイル自動バックアップ機能を備え、ファイルを変更された場合でも元…


カテゴリ  アンチウイルス | IPS | IDS | 暗号化 | その他バックアップ関連




 JBCCとJBサービスは、FFRIの標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」を月額課金で利用できるサービス「FFR yarai月額運用サービス」の提供を開始した。FFR yaraiシリーズは、シグネチャやパターンファイルなどに依存せず、標的型攻撃で利用される攻撃の特徴を5つのヒューリスティックエンジンにより、さまざまな…


カテゴリ  IPS | アンチウイルス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IPS ソフトウェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ