「IP 企業 特定」から探す!IT製品・セミナー情報

「IP 企業 特定」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IP 企業 特定」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IP 企業 特定」に関するIT製品情報

全銀TCP/IPアダプタ BroadZT  2018/04/15


ネットスプリング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  特定業種向けシステム | メインフレーム | ネットワーク管理

製品概要  全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。

オススメユーザー  全銀ベーシック手順でデータ交換をしている企業。EDIのIP化を検討している企業。富士通ホストの運用・構築を行っているSIer。


NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム)  2018/05/12


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 センサAX:19万9000円(税別)

カテゴリ  検疫 | IPS | その他エンドポイントセキュリティ関連 | ネットワーク管理

製品概要  不正端末の接続を検知し、排除。◎各端末へソフトのインストール不要◎VLAN対応で、低コスト◎IPv6対応◎地図表示によるネットワーク可視化◎端末の通信誘導(利用限定)

オススメユーザー  不正端末のネットワークへの接続をコントロールしたい企業。ISMS、Pマークを取得している/取得準備中の企業及び特定部門。


製造業向け クラウド対応ERPパッケージ i-PALET生産管理  2017/12/21


BSNアイネット

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  ERP | 生産管理システム | 在庫管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  製造業向けに特化したERPパッケージ。個別受注/見込み生産の両形態に対応し、生産進捗状況が一目で確認できる。IoT/M2MデータやRPAなどと連携したシステム構築も可能。

オススメユーザー  受発注から生産、出荷までの状況を「見える化」し、的確な生産管理を実現したい中堅、中小の製造業企業。


AsReaderApps  2017/03/01


アスタリスク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 AsZai 1800円/月AsCount 1200円/月AsOrder 1800円/月AsTime 1800円/月AsRegi 1800円/月AsReport 1800円/月※税別

カテゴリ  その他基幹系システム関連 | ハンディターミナル | 勤怠管理システム | 在庫管理システム | 販売管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。

オススメユーザー  複数店舗や事業所など、各拠点の業務データを、iPhone/iPodを活用してクラウドで管理したい企業。


Hexa  2014/09/01


クラウド・スコープ・テクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ネットワーク管理 | IP-VPN | データセンター運用

製品概要  パスを可視化して視覚的な管理・監視・分析を実現するMPLSネットワーク監視ソリューション。リアルタイムなパスイベントの監視や原因と影響範囲の特定などが行える。

オススメユーザー  MPLSネットワークの管理・監視・分析を効率化・省力化したい企業やネットワークサービスプロバイダ、データセンタ事業者。


「IP 企業 特定」に関するセミナー情報

サイバー攻撃対策における人工知能(AI)の活用 締切間近

アズジェント


開催日

 8月21日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  メールセキュリティ | IPS | アンチウイルス

概要  特定企業を狙う標的型攻撃の手口は日に日に巧妙になってきています。 外部に流出しているクレデンシャル情報などを元に業務内容をモニタリングし、正規の取引先を装ったメ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用|システムの設計・運用


「IP 企業 特定」に関する特集



 独立行政法人 情報処理推進機構(略称IPA)は、2012年10月30日に『標的型攻撃メールの傾向と事例分析』に関するレポートを公開した。本連載では、当該レポートに沿って、2012年第4四半期の集計値を加えIPAに情報提供いただいた標的型攻撃メールの傾向を解説していく。  前回まで、最近の標的型攻撃メールの傾向と事例分析、実際の標的型攻撃メールを例としてだましの手口、類似点について解説した。では、このような傾向分析にはどのような情報が含まれているのだろうか。 例えば、標的型攻撃メールは、特定の企業や組織に対して行われる攻撃であるが、複数の(時として同業種の)企業や組織に対して行われることがある。また、標的型攻撃メールで使われたマルウェアを解析すると、マルウェアのファイル自身が異なったり(hash値が異なる)、アイコンが異なったりしていても、攻撃者の管理サーバ(C&Cサーバ:最近では攻撃が金銭や企業レベルの諜報活動ではなく、重要インフラへの攻撃と考えられる場合に、C2サーバと呼ばれることもある)が同じIPアドレスであったり、管理サーバとの管理サーバへの接続パスワード が同じであったりすることが、時期を変えて現れることも確認できている。


カテゴリ  メールセキュリティ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IP 企業 特定」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ