「IOT機器の脆弱性の顕在化」から探す!IT製品・セミナー情報

「IOT機器の脆弱性の顕在化」 に近い情報
「IOT機器の」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IOT機器の脆弱性の顕在化」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IOT機器の」に関する特集



 セキュリティに対する脅威は日々進化を続けており、その脅威から大切な情報やシステムを守るためには、その対策も進化する必要があります。 今回から始まる本連載「進化する脅威にどう立ち向かうか」では、企業のセキュリティ担当者や情報システム部門の方など日々セキュリティ対策に追われる方々に、その脅威動向や対策に関する課題をお伝えするとともに、課題解決に役立つAIを活用したセキュリティ対策やIoTデバイスのセキュリティ対策についてご説明いたします。 ここ数年、モバイルデバイスやIoT機器の普及に伴い、新たなサイバー攻撃の脅威が増え続けています。例えば、2016年8月から9月にかけてIoTデバイスをターゲットとした「Mirai」と呼ばれるマルウェアが猛威をふるいました。Miraiは、IoTデバイス自体に危害を加えるのではなく、攻撃者が他のIoTデバイスを乗っ取りそれを踏み台として利用するマルウェアで、気付かないうちにIoTデバイスの所有者が加害者になるというこれまでにない形のマルウェアです。Miraiはソフトウェアアップデートの手段を持たないIoTデバイスを攻撃の対象とする場合が多く、感染するとネットワークから取り外すしかないというケースも多くみられます。 また、2017年5月に「WannaCry」と呼ばれるランサムウェアの被害が世界的に広がったのは記憶に新しいでしょう。データを人質にして「身代金」を要求するというランサムウェアの手法は、企業にとって非常に大きなセキュリティリスクであり、これまで以上にデジタルセキュリティが企業オペレーションの根幹に関わっていることを改めて認識させられました。また、WannaCryが既知の脆弱性を利用して感染拡大したことにより、パッチ未適応のOSやサポートが終了した古いOSを継続利用する危険性も明るみになりました。 さらに、2018年は、仮想通貨を得るために勝手に他人のPCを利用して仮想通貨を「マイニング(採掘)」させる新種のウイルスが広まっています。これはMiraiやWannaCryのような攻撃性はないものの、他人のPCを無断で利用する行為であり、法的措置については、まだコンセンサスが取れていない状況にあります。 このように、IoTやモバイルデバイス、新技術の普及にともない、従来とは異なる新たなセキュリティリスクが出始めています。企業経営においても、業務にITやインターネットが必要不可欠な現代にとって、セキュリティの重要性は高…


カテゴリ  テストツール |


「IOT機器の」に関するニュース



 GMOグローバルサインは、IoT(モノのインターネット)機器のセキュリティサービス「IoT IDプラットフォーム byGMO」の提供を、9月末をめどに開始する。本サービスでは、数十億にも及ぶさまざまなIoT機器に対し、その製造段階から、1秒当たり3000枚、1日に数百万枚以上もの電子証明書(クライアント証明書)を、API…


カテゴリ  ID管理 | 認証



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IOT機器の脆弱性の顕在化」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ