「IOT 通信 高速化 ノイズ」から探す!IT製品・セミナー情報

「IOT 通信 高速化 ノイズ」 に近い情報
「IOT 通信」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IOT 通信 高速化 ノイズ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IOT 通信」に関するIT製品情報

LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ  2017/02/08


センチュリー・システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  ルーター | リモートアクセス | インターネットVPN | モバイル通信サービス

製品概要  LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。

オススメユーザー  ●LTE対応VPNルーターを探している企業●監視カメラなどM2M / IoTに必要な耐環境性や運用性の高いVPNルーターを探している企業


LTE/3Gモジュール内蔵セルラールーター 『CTL-101JC / CTL-101JE』  2017/01/25


キャセイ・トライテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ルーター |

製品概要  M2M/IoT市場の様々なニーズに対応する無線通信ルーター。LTE/3Gネットワークを介しての無線データ転送機能や回線バックアップ機能を提供する。

オススメユーザー  M2MやIoTの領域で、遠隔監視システムやデータ配信、情報の可視化ソリューションの実現を検討している企業。


「IOT 通信」に関するセミナー情報

IoT時代のサービスプロバイダーに求められる変革とスピード 注目

オーバム


開催日

 4月4日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他通信サービス関連 | その他ネットワーク関連 | モバイル通信サービス

概要  世界的なクラウドへの移行、Videoストリーミングサービスの普及と高画質化、視聴形態の多様化によりトラフィックは増加の一途を辿り、またIoT社会の到来により接続…

オススメユーザー  全社スタッフ|営業・販売|システムの設計・運用


「IOT 通信」に関する特集



 超小型カメラ内蔵のカプセル型内視鏡からスマートフォン、監視カメラ、人工衛星や系外惑星探査機まで、私たちの周りは多種多様なIoTデバイスで溢れている。 機械同士が通信するM2Mとは異なり、IoTは人間も脈拍や血圧、位置情報など様々なデータを収集されるセンサーの1つになるのが面白いところだ。インターネットを介して収集されるこれらデータのセキュリティリスクについても議論は徐々に始まっており、利便性と安全の両立が叶う時も近いと期待したい。 今回は、10月7日に開催されたマジックソフトウェア・ジャパンのイベント「Magic World 2015」で講演された内容をご紹介しよう。


カテゴリ  その他開発関連 |




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS




 SDNといえばデータセンターや通信事業者向けの技術、という印象が強い。しかし、エンタープライズやIoTといった新たな分野での検討もなされている。そのポイントは、「アプリケーションとSDNをどう連動させるか」ということだ。 アライドテレシスの川北潤氏はSDN Japan 2016において「IoT時代を迎え、益々注目を集めるSouthSIDE SDN」と題し、エンタープライズネットワークの統合管理を実現する「AMF」(Allied Telesis Management Framework)と、様々なアプリケーションとの連携を可能にする「SES」(Secure Enterprise SDN Solution)という2つの独自SDNを紹介した。 アライドテレシスでは、データセンターやクラウド基盤といった従来のSDNが主にターゲットにしてきた市場を「NorthSIDE」、同社が取り組んでいるエンタープライズ市場を「SouthSIDE」と表現している。AMFもSESも、データセンターとはネットワークトポロジや要件の異なるエンタープライズ向けの技術。つまり、NorthSIDEで培われてきたSDN技術をSouthSIDEに適応させるものだという。


カテゴリ  SDN | シンクライアント


「IOT 通信」に関するニュース



 NTTPCコミュニケーションズは、IoT/M2M向けモバイル通信サービス「Master’sONE モバイルM2M」を刷新した。月額280円(税別)の「ライトプラン」とオプションの通信量クーポン、通信量をシェアできる「従量プラン」、SIMを管理するAPIを提供する。ライトプランは、上限速度が128kbpsで、月間30MBまでの通信量を含…


カテゴリ  モバイル通信サービス | その他運用管理関連




 KDDIは、省電力ながら広範囲に通信できるIoT向け通信技術「LoRaWAN」に対応した「LoRa PoC(Proof Of Concept:検証試験)キット」の提供を1月に開始する。LoRaWANは、920MHz帯などの無線局免許が不要な周波数帯を利用した無線通信規格。従来に比べ電源の確保が難しい場所や、電波の届きにくい場所でも利用できる。…


カテゴリ  その他ネットワーク関連 | モバイル通信サービス




 ユードムは、IoTを構成する機器どうしの通信テストに活用できるソフトウェア「SocketDebugger」シリーズを発売した。本ソフトウェアは、TCP/IPやシリアルの通信テストを行うためのツール。通信装置の模擬作成を半日程度で行える。また、パケットキャプチャー機能を搭載し、データを容易に収集・分析・再利用できる…


カテゴリ  テストツール |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IOT 通信 高速化 ノイズ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ