「INTERSAFE FIREEYE連携」から探す!IT製品・セミナー情報

「INTERSAFE FIREEYE連携」 に近い情報
「INTERSAFE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「INTERSAFE FIREEYE連携」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「INTERSAFE」に関するIT製品情報

ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP  2015/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 InterSafe IRM:1万5000円〜InterSafe SD基本セット:1万1700円〜 *税別、詳細は補足説明を参照

カテゴリ  DLP |

製品概要  「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。

オススメユーザー  情報漏洩対策を一元管理で実施したい企業。業務効率を落とすことなく、データを安全に活用したいと考えている企業。


InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)  2016/02/06


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【1〜99ライセンスの場合】1万5000円(一般)1万2000円(ガバメント)1万500円(アカデミック)※1ライセンスあたり、税別

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

オススメユーザー  マイナンバーの管理強化をしたい企業・法人。情報流出に備えた情報漏洩対策を強化したい企業。


InterSafe Cache  2012/11/08


アルプス システム インテグレーション

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 ■初年度サーバー1台目:50万円2台目以降:25万円■次年度以降サーバー1台目:12万5000円2台目以降:6万2500円※税別

カテゴリ  UTM | SDN | フィルタリング | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  高速キャッシュに統合管理コンソール、Webフィルタリング、ログ分析などの機能を搭載した、汎用サーバーで使える国産のソフトウェア型セキュアプロキシ。

オススメユーザー  低コストでWeb環境を高速化し、セキュアな状態に保ちたい企業。情報漏洩やインターネットの私的利用を防止したい企業。


クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS  2015/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 500ライセンスの場合:2100円/ライセンス (税別)※お得なガバメント価格、アカデミック価格もご用意。

カテゴリ  フィルタリング | MDM

製品概要  クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラクマルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止

オススメユーザー  ・PCやモバイル端末のWebアクセスを管理したい企業・導入・運用管理コストを抑えてフィルタリングを導入したい企業


セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice  2015/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standard:3万8000円(税別)〜Professional:14万7200円(税別)〜Ultimate:4万円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | メモリ

製品概要  ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。

オススメユーザー  簡単に、低コストでセキュリティUSBメモリを導入したい。USBメモリからのウイルス感染や不正利用を防ぎたい企業向け。


「INTERSAFE」に関する特集



 情報管理に関するセキュリティ向上のためには、ヒューマンエラーを減らし、かつ万が一のエラー発生時へのシステム的な備えが重要です。しかし、人をサポートするためのシステムが、ヒューマンエラーの原因になるという逆転現象が起きてしまっては元も子もありません。 これに対して当社が提供している「InterSafe IRM」では、ファイルは保存時に自動で暗号化されます。ファイルを開いて、編集して、保存するという普段と変わらない作業の中で、暗号化が自動的に行われるので、利用者は暗号化を意識せずにすみます。当然利便性が損なわれることもありません。


カテゴリ  暗号化 |


「INTERSAFE」に関するニュース



 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS」の新バージョン「Ver. 4.5」を発売した。「InterSafe CATS」は、ポリシー設定からアクセス規制、ログ管理まですべてクラウド上で行なえ、容易に導入/運用できるよう図られている。社内のネットワ…


カテゴリ  フィルタリング |




 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は、情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」に“自動暗号化フォルダーオプション”を追加し、7月29日に発売する。「InterSafe ILP」は、重要情報の保護や、外部デバイスへの不正持ち出し防止、持ち出し後のファイルの安全な利用、送信データの情報漏洩防止を…


カテゴリ  暗号化 |




 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」に有償のオプション機能を追加し、「Ver. 8.5 SP2」として8月末に発売する。今回追加されるオプション機能では、ファイア・アイ社の標的型攻撃対策製品と連携し、検知されたC&Cサーバとの不正な通信を自…


カテゴリ  フィルタリング | IPS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「INTERSAFE FIREEYE連携」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ