「INTERSAFE CLIENT 復号」から探す!IT製品・セミナー情報

「INTERSAFE CLIENT 復号」 に近い情報
「INTERSAFE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「INTERSAFE CLIENT 復号」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「INTERSAFE」に関するIT製品情報

ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP  2016/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 InterSafe IRM:1万5000円〜InterSafe SD基本セット:1万1700円〜 *税別、詳細は補足説明を参照

カテゴリ  DLP |

製品概要  「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。

オススメユーザー  情報漏洩対策を一元管理で実施したい企業。業務効率を落とすことなく、データを安全に活用したいと考えている企業。


クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS  2016/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 500ライセンスの場合:2100円/ライセンス (税別)※お得なガバメント価格、アカデミック価格もご用意。

カテゴリ  フィルタリング | MDM

製品概要  クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラクマルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止

オススメユーザー  ・PCやモバイル端末のWebアクセスを管理したい企業・導入・運用管理コストを抑えてフィルタリングを導入したい企業


セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice  2016/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standard:3万8000円(税別)〜Professional:14万7200円(税別)〜Ultimate:4万円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | メモリ

製品概要  ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。

オススメユーザー  簡単に、低コストでセキュリティUSBメモリを導入したい。USBメモリからのウイルス感染や不正利用を防ぎたい企業向け。


Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter  2016/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1年間500ユーザの場合:124万8000円(税別)※最大40%OFFの複数年契約、ガバメント価格、アカデミック価格もご用意

カテゴリ  フィルタリング |

製品概要  Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。

オススメユーザー  Web経由での情報漏洩やウイルス感染を防止したい企業。社員のWebの私的利用を管理し、業務効率アップ、コスト削減したい企業。


InterSafe DeviceControl  2016/12/26


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【1〜99ユーザ】1ライセンスあたり 5000円(税抜) ※初年度より製品価格の15%が  サポートサービス費として別途発生します。

カテゴリ  DLP |

製品概要  データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。

オススメユーザー  デバイス制御で情報漏洩対策をしたい法人。スマートデバイス、ポータブルデバイスを制御したい企業。


「INTERSAFE」に関する特集



 情報管理に関するセキュリティ向上のためには、ヒューマンエラーを減らし、かつ万が一のエラー発生時へのシステム的な備えが重要です。しかし、人をサポートするためのシステムが、ヒューマンエラーの原因になるという逆転現象が起きてしまっては元も子もありません。 これに対して当社が提供している「InterSafe IRM」では、ファイルは保存時に自動で暗号化されます。ファイルを開いて、編集して、保存するという普段と変わらない作業の中で、暗号化が自動的に行われるので、利用者は暗号化を意識せずにすみます。当然利便性が損なわれることもありません。


カテゴリ  暗号化 |


「INTERSAFE」に関するニュース



 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は9月1日、情報漏えい対策シリーズの新バージョン 「InterSafe ILP Ver. 5.1」を発売した。今回の新バージョンの主な追加機能は2つ。1つ目は、USBメモリなどの外部デバイスを利用してファイルを持ち込む際の申請と承認の機能だ。承認プロセスを経由することで、証跡…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | ワークフロー




 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は11月30日、Webフィルタリングソフトの新版「InterSafe WebFilter Ver. 9.0」を発売する。今回の新版の主な特長は2つ。1つ目は、2つのエンジンを用いた判定により、未知の脅威への対応を強化したことだ。従来のフィルタリング用URLデータベースに加え、第2のエンジ…


カテゴリ  フィルタリング |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「INTERSAFE CLIENT 復号」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ