「IME とは」から探す!IT製品・セミナー情報

「IME とは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IME とは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「IME とは」に関するIT製品情報

TimePro-VG  2014/03/31


アマノ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  勤怠管理システム | ワークフロー

製品概要  危機管理やワークライフバランスを支援する就業システム。勤務実績や休暇取得情報、時間外労働などをリアルタイムに表示し、セルフマネジメントをサポートする。

オススメユーザー  長時間労働など労務管理の問題を解決したい企業。


高精度標準時刻サーバー Time Serverシリーズ  2015/11/01


セイコーソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 TS-2210 45〜59万8000円(税別)TS-2540 63万円(税別)TS-2550 65〜70万円(税別)TS-2850 98万円(税別)

カテゴリ  ネットワーク管理 | その他ネットワークセキュリティ関連 | サーバー管理 | 統合運用管理

製品概要  タイムサーバーシリーズはFM、テレホンJJY、GPSなど、各種時刻ソースに対応。業務内容、設置環境、運用形態、ネットワーク環境等に合わせて選べる豊富なラインナップ

オススメユーザー  ネットワーク上の各マシンの時刻同期を必要とし、容易に低コストでシステム運用したい企業


RSA CyberCrime Intelligence Service  2013/03/27


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | アンチウイルス | メールセキュリティ

製品概要  RSAが収集した最新のマルウェア情報を日次・週次で企業に提供するサービス。セキュリティ機器との連携により、不正侵入や情報漏洩リスクに早急な対応を行うことができる。

オススメユーザー  社内PCのマルウェアへの感染や、情報漏洩を防止したい企業。マルウェアの脅威に対し、早急かつ適切な対策を行いたい企業。


工数管理・プロジェクト管理ツール TimeTracker FX  2014/04/01


デンソークリエイト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 18万円(5ライセンスパック/税抜)〜※詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  プロジェクト管理 |

製品概要  精度の高い工数を、手間なく分析・すばやく見える化できる。これにより、プロジェクトの進捗状況などの管理だけでなく、各種業務のムダや改善点の可視化を可能にする。

オススメユーザー  負荷なく工数実績を集めつつ、現場が使いやすいツールを探している企業。工数で業務のムダや改善点を見える化したい企業。


OTP(One Time Password)MRC-100nP  2014/08/01


ダウジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  認証 |

製品概要  ワンタイムパスワードを提供することで、既存システムのセキュリティを強化する本人認証システム。IDとパスワードを使用するオンラインビジネス領域にも適用可能。

オススメユーザー  金融機関、不正ログインを防止し、グループウェアやインターネットバンキングなど既存システムのセキュリティを強化したい企業。


「IME とは」に関する特集



 最近、WordPressの脆弱性を突いた事件が多く発生しております。たとえば、2013年8月末に某Webホスティング事業者で、WordPressのプラグインやテーマの脆弱性を利用した改ざん事件(詳細はHASHコンサルティングの徳丸先生のブログ参照)。また、2013年7月に公表されたWordPressにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN25280162)など多岐にわたります。 現在オープンソースのCMSアプリケーションは非常に質が高く高機能なため、米New York Times紙のWebサイトを初め多くの商用サイトにも利用されています。しかし、高機能であるだけにアプリケーションのコードも肥大化し、脆弱性が生まれやすくなります。また利用者が誤ったインストールや設定をしてしまうことで、脆弱性を作ってしまう可能性があります。  2012年秋、日本を含め多くの大学がハッカー集団「Ghost Shell」に攻撃され、情報漏洩や改ざん事件があったのをご存知でしょうか?この被害に遭われた、とある大学の先生のご相談に乗る機会がありました。この大学ではWordPressのコンテンツが狙われたそうで、インストールしてから一度もアップデートをしていなかったとのこと。「失敗したな〜」と悔やんでおられました。  なお、大学も履修システムやE-Learningなど、Webアプリが企業以上に多数有り、先進的な大学はWAFをどんどん導入されています。 札幌学院大学様ではハッカー被害は受けていなかったものの、この事件を機にWAFを導入されました(事例)。研究室で構築される勝手サーバのセキュリティ向上、そしてオープンソースのセキュリティレベルの底上げとして利用されており、実際にWordPressに対する攻撃も検出されたとのことでした。 バラクーダネットワークスジャパンのWebサイトにも、弊社製WAFを導入していますが、存在しないはずのWordPressの管理URLに対してのアクセス痕跡があり、機械的に手当たり次第リクエストを投げていることが想定されます。このように、公開WebサイトからリンクされていないURL、秘密情報や管理者機能に直接アクセスする攻撃を「強制ブラウジング」といいます。


カテゴリ  WAF |




 2016年から引き続き、サイバー犯罪が猛威を振るっています。2016年11月末には米サンフランシスコ市交通局(SFMTA)の端末900台程がランサムウェアに感染、安全措置のために地下鉄の切符券売機を2日間停止しました。この間、電車は無料で利用できるようにしたそうです。止めることのできない交通インフラではありますが、2日間もの期間となると収益への影響は小さくなかったでしょう。・ランサムウェア攻撃の被害状況を報告するSFMTAのブログ記事(2016年11月) https://www.sfmta.com/about-sfmta/blog/update-sfmta-ransomware-attack さらに2016年12月には「Popcorn time」と呼ばれる新しいランサムウェアが話題になりました。日々、たくさんのマルウェアが誕生する中で、特にこのランサムウェアが注目されている理由は、従来の「自分がお金を払って暗号化を解除する」、方法の他に「感染者が2人にランサムウェアを紹介して感染させ、その2人が身代金を払えば無料で解除コードがもらえる」という“不幸の手紙”のようなアプローチだからです。 そして2017年1月には「米国大統領選でのサイバー攻撃」に米国の国家情報長官が言及するなど、毎月のように新たな事件が報道されています。 このように日々新しい脅威が誕生している現状に対して、本連載第1回では「攻撃者の視点」からサイバー犯罪市場や日本が寝割られる理由などを整理しました。今回は、上に挙げたような、最新の脅威に対してどのような対策が必要とされているのかを整理していきます。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「IME とは」に関するニュース



 ショーケース・ティービーは、遠隔地との面談を可能にするWeb面談システム「kaomise(カオミセ)」の提供を開始する。本システムは、Webブラウザにプラグインを追加せずにビデオや音声、チャットなどのリアルタイムコミュニケーションを可能にするオープンソースの標準規格「WebRTC(Real-Time Communication)」…


カテゴリ  Web会議 | 特定業種向けシステム




 エス・アンド・アイは、顧客の声の分析機能を搭載したクラウド型コンタクトセンターサービス「Intelligent Contact Center powered by PrimeTiaas」の提供を開始する。本サービスでは、アバイア製PBXシステムを提供するほか、センターの稼働状況を把握しKPIを管理するためのレポーティングツールを備える。エージ…


カテゴリ  コールセンター/CTI | その他データ分析関連




 日本IBMは、「コールセンター向けリアルタイム音声キャプチャーソリューション」の提供を開始した。価格は個別見積もり。本ソリューションは、ナイス リミテッド(NICE)が開発したリアルタイムストリーミング技術のソフトウェア「NICE Real Time Voice Streaming」を利用し、複数の通話から発生する音声をリアル…


カテゴリ  コールセンター/CTI |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IME とは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ