「IDS 製品 シェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「IDS 製品 シェア」 に近い情報
「IDS 製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IDS 製品 シェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IDS(侵入検知システム)とは?

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

「IDS 製品」に関するIT製品情報

Dell SonicWALL NSA/NSA E-Classシリーズ  2014/03/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  UTM | IPS | ファイアウォール | IDS | アンチウイルス | ネットワーク管理

製品概要  ファイアウォールやIDS/IPS、ウイルスやスパイウェア対策などネットワークのセキュリティに必要な機能を1つにまとめた統合管理製品

オススメユーザー  ファイアウォールの速度を上げたい企業セキュリティ関連予算を削減したい企業煩雑なセキュリティ製品の管理を簡素化したい企業


Logstorage(ログストレージ)  2016/11/01


インフォサイエンス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ワークグループ版:65万円(税別)〜

カテゴリ  統合ログ管理 |

製品概要  企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。

オススメユーザー  内部統制、PCIDSS、マイナンバー対策などで膨大なログを管理・監視する必要がある企業。ログ収集/管理の負荷を軽減したい企業。


特権ID管理 CA Privileged Identity Manager  2015/12/21


アシスト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ID管理 |

製品概要  「OSでは満たせないあらゆるイベントのアクセス制御」と「特権/共有アカウントのパスワード貸出制御」を実現できる特権ID管理製品。

オススメユーザー  ・特権ID管理を検討している企業・標的型攻撃対策を検討している企業・マイナンバーやPCI DSS対応を行いたい企業


特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション)  2016/08/15


NTTソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 最小構成 基本ライセンス 95万円〜 (税別)

カテゴリ  ID管理 |

製品概要  今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる

オススメユーザー  ・IT統制(J-SOX監査)、PCI DSSなど法令・ガイドラインへ対応を行いたい企業。・特権ID管理に関する管理工数を削減したい企業。


「IDS 製品」に関するセミナー情報

最新の仮想化技術と高精度な検知で、標的型攻撃を防御

日立製作所/ヴイエムウェア


開催日

 12月27日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  統合運用管理 | IPS | IDS

概要  本セミナーは仮想化業界をリードするVMware社と日立製作所との共同開催です。VMware社からは、市場で注目のネットワーク仮想化製品VMware NSXのマイ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用


事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例

エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア


開催日

 11月17日(木),12月15日(木),1月19日(木),2月16日(木),3月9日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ID管理 | 認証 | 統合ログ管理

概要  IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|経営者CIO


「IDS 製品」に関する特集



 「セキュリティ」という言葉は不思議な言葉だ。子供からお年寄りまで、誰もが当たり前のように使っているが、その解釈は人により異なり、つかみどころがない。キーマンズネットの「製品をさがす」からセキュリティに関するものを探すと、「ファイアウォール、IDS/IPS、PKI、暗号(化)、認証」とある。セキュリティWatchers読者諸兄は、すでにこれらに精通し、活用されていることと思うが、筆者に言わせると肝心なものが抜けている。それは「OSのセキュリティ強化」、俗に言う「セキュアOS」だ。あまり親しみやすい名前とは言えないが、実はセキュアOSは数あるセキュリティ技術の中でも特に身近で、効果を実感しやすいものだということから話を始めることにしよう。


カテゴリ  Linux | その他エンドポイントセキュリティ関連




 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |


「IDS 製品」に関するニュース



 EMCジャパンは、サイバー攻撃の早期検知・分析・インシデント管理の各製品から成る、セキュリティ対策チーム向けの標的型サイバー攻撃対策スイート製品「RSA NetWitness Suite」の提供を開始した。RSA NetWitness Suiteは、RSA ECATの後継製品「RSA NetWitness Endpoint」と、RSA Security Analytics for Logの後…


カテゴリ  IPS | IDS | アンチウイルス




 ダウジャパンは、サンドボックス型の振る舞い検知エンジンを搭載した標的型攻撃対策製品「APT INSPECTOR」(APT-I)を、仮想基盤「VMware」に簡単に構築できる仮想アプライアンス版「APT INSPECTOR Virtual Appliance for VMware」(APT-IVA)を発売した。APT-Iは、従来のシグネチャベースのセキュリティ製品では検…


カテゴリ  アンチウイルス | その他仮想化関連 | IPS | IDS




 Vormetric,Inc.は、トークナイゼーション製品の新バージョン「VTS2.0」を日本向けに発売した。「VTS2.0」は、トークンボルト(DB)が不要なため、導入コスト/運用負荷の低減やPCI DSSの監査対象の削減が可能。VMware仮想アプライアンスとして提供され、短時間でトークナイゼーションを導入できる。毎秒100万ト…


カテゴリ  暗号化 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IDS 製品 シェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ