「IDS ふるまい」から探す!IT製品・セミナー情報

「IDS ふるまい」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IDS ふるまい」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IDS(侵入検知システム)とは?

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

「IDS ふるまい」に関する特集



 前回はIDS/IPSによる検出技術と、その運用上の課題や不正プログラム検出の限界について解説した。今回は、IDS/IPSの課題を補う最新技術として、いま最も有効な手段として注目されている「ネットワーク上での不正プログラムの挙動(ふるまい)監視」を紹介する。まずは「ふるまい検知」が必要な背景と、この最新技術のポイントについて解説する。


カテゴリ  IDS |




 前回は、企業のセキュリティを強化するうえで必要なPDCAサイクルについて述べた。今回と次回では、昨今の脅威の特徴である脅威の多様化に対応し、未知の不正プログラムも検出する最新技術「ふるまい検知」を紹介しよう。これは「Do」フェーズとして、感染を防ぐ対策の1つとしてとらえられる例が多いが、より注目したいポイントは「Check」フェーズでインシデントの事前の兆候や、事後の経緯を可視化するための活用である。 まず今回は、「ふるまい検知」についてより理解しやすいように、比較として従来のIDS/IPSの技術と、その課題を解説する。


カテゴリ  IDS |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IDS ふるまい」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ