「IDP IPS の違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「IDP IPS の違い」 に近い情報
「IDP の違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IDP IPS の違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IPS(侵入防止システム)とは?

IPS(Intrusion Protection System)とは、侵入(Intrusion)を検出し、防御(Protection)するシステムで、IDS(侵入検知システム)の機能に防御機能が備わったものである。IDSは、あくまでも不正アクセスや攻撃、またはその予兆をパケットやアクセスログの解析によって検出し、管理者に通知することを目的としていて、防御自体は行わないのに対して、IPSでは多くの場合、ファイアウォールと連係することで、防御までをカバーする。

「IDP の違い」に関するIT製品情報

クラウド対応認証シングルサインオン WisePoint Shibboleth  2017/09/14


ファルコンシステムコンサルティング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 定価40万円(税別)※100ユーザの場合※アカデミック価格あり

カテゴリ  シングルサインオン | 認証 | ワンタイムパスワード | ID管理

製品概要  多要素認証システム「WisePointシリーズ」の、クラウドサービス、社内・学内Webシステムへのログインに特化した製品。Shibboleth認証、SAML2.0対応、IdP、SP機能。

オススメユーザー  複数のログイン認証をシンプル化したい企業。ID、パスワードの認証に加え、多要素認証を導入したい企業など。


「IDP の違い」に関する特集



生体認証の導入目的は「個人情報・機密情報漏洩防止」が圧倒的。他、ID・PW管理、なりすまし防止の声も。利用実態が明らかに!


カテゴリ  認証 |


「IDP の違い」に関するニュース



 野村総合研究所(NRI)は、カスタマー・コミュニケーションズ(CCL)と共同で、消費者の商品購買に関する分析サービスを5月1日から順次開始する。本サービスでは、NRIが分類した20のエリアタイプ別に、ID-POS(購買者属性付きのPOSデータ)に基づく購買実績を集計した「商品プロファイル」で、どのような消費者に商…


カテゴリ  データ分析ソリューション | 特定業種向けシステム




 SCSKは、多店舗展開する小売業の店舗向け分析支援サービス「スマくま・ショップリーダー」の提供を8月に開始する。本サービスは、小売業のID-POSを中心としたデータを、売場、商品、顧客の3軸で分析し、週次結果を分かりやすく可視化して提供する、クラウド型の月額制サービスだ。小売業の基幹システムや周辺シス…


カテゴリ  特定業種向けシステム | データ分析ソリューション



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IDP IPS の違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ