「ID管理 課題」から探す!IT製品・セミナー情報

「ID管理 課題」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ID管理 課題」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ID管理とは?

組織内で統一されたセキュリティポリシーに則り、個々のユーザがシステム利用時に使用する複数のIDとパスワードを一元的に管理するためのシステム。ID/パスワードの登録や削除、セキュリティポリシーの統一、不正IDのチェックを主に担う。アクセス権限管理、シングルサインオンなども含め、より広い意味で、ユーザ個々を識別し、各種システムへのアクセスを制御するための仕組みである「アイデンティティ管理」として提供されるケースもある。

「ID管理 課題」に関するIT製品情報

特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション)  2017/11/01


NTTテクノクロス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 最小構成 基本ライセンス 95万円〜 (税別)

カテゴリ  ID管理 |

製品概要  申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。

オススメユーザー  ・内部統制・J-SOX監査に対して対策を考えている企業・特権ID管理に関して課題を持っている企業


ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」  2017/04/28


EVIDIAN-BULL JAPAN

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ▼参考価格500ユーザー:585万円(税別)

カテゴリ  ID管理 |

製品概要  デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。

オススメユーザー  機密性の保持とアクセス制御の確保という2つの課題を、システムの柔軟性を損なわずに両立させたいと考える企業。


DigitalPersona Pro  2013/03/29


ヒューマンテクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 オープン価格

カテゴリ  認証 | その他スマートデバイス関連 | ID管理 | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  FeliCaなどのICカード認証、指紋認証、Bluetooth認証など様々なデバイスで個人認証を行える。Active Directoryと完全統合し、認証ポリシーを強力に中央管理することが可能。

オススメユーザー  パスワード認証に課題を抱える企業。既存の生体認証の認証率に不満を持つ企業。ICカードを活用しセキュリティを向上したい企業。


「ID管理 課題」に関するセミナー情報

クラウドID管理の課題を解決する「IDaaS」とは?

サイバネットシステム


開催日

 8月30日(水),9月27日(水),10月25日(水),11月29日(水),12月20日(水)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  シングルサインオン | その他運用管理関連

概要  Office 365やSalesforce.com、最近ではBoxやSlackなどのクラウドサービスの導入が企業で進んでいます。企業の業務がクラウド中心になるこ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|その他|全社スタッフ


「ID管理 課題」に関する特集



J-SOX対応のためIT統制への取り組みは不可欠。IT統制の中でも重要な「ID管理」について、課題と対処法をアナリストが徹底解説!


カテゴリ  ID管理 |




アイデンティティ管理の難しさは、検討段階にある。そこで達成目標の設定や対象システムを絞り込み、導入時に解決すべき業務課題や運用課題をなど、アイデンティティ管理の導入までのプロセスと選択ポイントを紹介。


カテゴリ  ID管理 |




 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非常に重要な課題です。こういった問題を解決するための特権IDソリューションが、市場では数多くリリースされています。 特権IDソリューションは大きく分けて3つのタイプが存在しています。Super User Privilege Management(SUPM) 、Application to Application Password Management(AAPM) 、そして、Shared Account Password Management(SAPM)です。 SUPMは、職域とセキュリティポリシーを鑑み、特権昇格できる権限をコントロールする、いわば最小特権による管理の仕組みです。 AAPMは、スクリプトやバッチなどで、特権アカウントのID、パスワードを平文で記述しているのを廃し、スクリプト実行時に特権ソリューションのAPIを呼び出すことで、セキュアにアプリケーションを実行する事を可能にする仕組みです。 SAPMは、日本で最もポピュラーな特権ソリューションで、特権アカウントを適切に管理し、何時、誰が、どんなことを行ったかをトラッキングし、ワークフローによって申請処理を電子化していく仕組みです。 Centrifyは全ての特権IDをカバーした製品をご用意していますが、今回はSAPMに関してご説明させていただければと思います。


カテゴリ  ID管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ID管理 課題」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ