「ID管理 コスト」から探す!IT製品・セミナー情報

「ID管理 コスト」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ID管理 コスト」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ID管理とは?

組織内で統一されたセキュリティポリシーに則り、個々のユーザがシステム利用時に使用する複数のIDとパスワードを一元的に管理するためのシステム。ID/パスワードの登録や削除、セキュリティポリシーの統一、不正IDのチェックを主に担う。アクセス権限管理、シングルサインオンなども含め、より広い意味で、ユーザ個々を識別し、各種システムへのアクセスを制御するための仕組みである「アイデンティティ管理」として提供されるケースもある。

「ID管理 コスト」に関するIT製品情報

特権ID管理ソリューション:ESS AdminControl / ESS AutoAuditor  2013/04/01


エンカレッジ・テクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ID管理 | ワークフロー | 認証 | 統合ログ管理

製品概要  特権ID管理ソリューションは特権ID管理のための申請承認プロセス/IDの払い出し/定期的な点検監査などの業務を自動化。セキュリティの維持・強化とコスト削減を両立させる。

オススメユーザー  ●特権IDの不正利用や濫用などによるリスクを軽減したい企業●特権ID管理をミスなく効率的に実施したい企業


プロビジョニング管理システム「D-PLAMS」  2016/10/15


ディライトテクノロジー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ▼ライセンス費用イニシャル:300万円(税別)〜ランニング:イニシャル費用の20%(税別/年額)▼導入費用240万円(税別)〜

カテゴリ  ID管理 |

製品概要  アカウント管理のニーズに柔軟に応えるID管理パッケージ。データのコード体系を選ばず、ほぼすべてのシステムと連携できる。オンプレミスまたはクラウドサービスで提供。

オススメユーザー  様々なコード体系のシステムが存在し、ID管理の一元化が難しい企業。ID管理に関する運用コストを削減したい企業など。


SSOcube  2016/05/29


ネットスプリング

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 SSOcube<SSOC02-10 ※100ユーザモデル> 225万円〜 (税別)◎100ユーザから3000ユーザモデルまでご用意

カテゴリ  シングルサインオン | ワンタイムパスワード

製品概要  シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。

オススメユーザー  低コストでスピーディにシングルサインオンを実現できる製品をお探しの方クラウド-オンプレミス間のID統合・ID管理を行いたい方


ID統合管理ソフトウェア ADMS  2014/02/01


ジインズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンス100ユーザ:8万円より※税別

カテゴリ  ID管理 | データ分析ソリューション | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  Active Directoryやグループウェアなどのアカウント管理を容易にし、管理コストやオペレーションミスを低減できるID管理ソフトウェア。

オススメユーザー  複数システムのアカウントをまとめて管理したい、管理ミスを低減したい、人事異動日直前の設定変更の手間を減らしたい企業。


FEREC  2016/05/01


ネットスプリング

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 FEREC 720:オープン価格

カテゴリ  UTM | リモートアクセス | 認証 | ID管理 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。

オススメユーザー  iPhoneなどのスマートフォン、iPad、Android端末からでも利用できるネットワーク認証を、簡単かつ低コストで導入したい企業。


「ID管理 コスト」に関する特集



 前回は、3つの経営層への説得シナリオの1つとして「リスク対応」についてお話しした。今回は、説得シナリオの最後となる「費用対効果」について説明したい。 リスク分析の王道として、ある資産が、何らかの問題(脆弱性)により、企業に影響(リスク)を与えた場合をシュミレーションして被害金額を算出する。弊社でも、過去に何度か試みたが、かなりの時間とコストを要し、発生頻度など、なかなか論理的に説明することは難しかったと振り返る。よって経営層への説得シナリオとしては、まずは王道である手法はとらず、「今までやっていなかったこと、つまり前回で述べたリスクを低減するのだから、当然、費用は発生する。」という論調にするほうが、理解を得やすいのではないかと感じている。 ただIAMを導入することことで、コスト削減が期待できる業務が存在することを訴えるべきだと考えている。具体的には以下のような業務をシステム化することで、コスト削減が可能であると説明し理解を得た。


カテゴリ  ID管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ID管理 コスト」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ