「IBM IPSOFT 管理」から探す!IT製品・セミナー情報

「IBM IPSOFT 管理」 に近い情報
「IBM 管理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「IBM IPSOFT 管理」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IPS(侵入防止システム)とは?

IPS(Intrusion Protection System)とは、侵入(Intrusion)を検出し、防御(Protection)するシステムで、IDS(侵入検知システム)の機能に防御機能が備わったものである。IDSは、あくまでも不正アクセスや攻撃、またはその予兆をパケットやアクセスログの解析によって検出し、管理者に通知することを目的としていて、防御自体は行わないのに対して、IPSでは多くの場合、ファイアウォールと連係することで、防御までをカバーする。

「IBM 管理」に関するIT製品情報

IBM i 帳票運用管理ツール UT/400ファミリー  2012/08/10


アイエステクノポート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 99万円〜 ※税別

カテゴリ  帳票管理システム | ワークフロー | 電子帳票システム | 統合運用管理

製品概要  IBM i (AS/400)で稼働するオールインワンの帳票運用管理ツール。別途専用PCサーバやプリンタセッションを必要とせず、PDFライタなど有償ライセンスの購入も不要。

オススメユーザー  IBM i (AS/400)のプリンタや用紙などのコスト削減したい企業。帳票仕分け、配送、FAXなどの手作業を削減したい企業。


統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix  2016/07/01


ヴィンクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 サブスクリプションライセンス 3万円(税抜/月額)〜

カテゴリ  統合運用管理 |

製品概要  オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。

オススメユーザー  サーバー管理の負荷やコストを抑えたい企業。IBMiとオープン系サーバーの一元監視、障害監視・ジョブ管理を統合運用したい企業。


OnTime Group Calendar  2016/02/01


アクセル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ホームページでご確認下さい。※ライセンス数によってランク別ディスカウントがあります。

カテゴリ  グループウェア | リモートアクセス | データベースソフト | プロジェクト管理 | 統合運用管理

製品概要  IBM Notes/DominoやSmartCloud Notes、IBM Verseで動作するグループカレンダー。メールDBのスケジュールをそのまま利用。REST APIを実装し外部システムとの連携も簡単。

オススメユーザー  情報共有基盤(グループウェア)で動作する使いやすいグループカレンダー。1万以上の組織にも対応。Notes/Domino、IBM Verse対応。


Trinity(トリニティー)  2016/12/01


Zero Divide

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ライセンス版:180万円〜レンタル版:50万円〜※税別

カテゴリ  文書管理 | ナレッジマネジメント | 開発ツール

製品概要  ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

オススメユーザー  システム設計書の整備や管理、分析、内部統制資料の作成を効率化したい企業や部門。システム修正など運用負荷を削減したい企業。


OCSLAM  2014/06/01


システム・エンジニアリング・サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  LAN構築 | メインフレーム | アクセスポイント | ネットワーク管理

製品概要  IBM製と富士通製、各メインフレーム間のスムーズな通信を実現する互換通信ソフトウェア。LANによる高速接続で、ストレスのない端末相互乗り入れやNJE通信を支援する。

オススメユーザー  富士通製、IBM製のメインフレームを導入している企業。柔軟性の高い端末相互通信を行いたい企業。


「IBM 管理」に関する特集



 モバイル、クラウド、IoTは、私たちのライフスタイルや働き方を大きく変えた。今やスマートフォンを片手に業務メールやスケジュールをチェックし、顧客先ではクラウドにアップロードされたプレゼン動画や資料をベースに商談できるのは当たり前になった。IoTの分野では、例えば建設機械にセンサーを搭載、稼働情報をモニタリングして品質管理やサポートなどを提供する、外出先からスマホでエアコンやロボットクリーナーを操作するなど、次々と活用事例が誕生している。 だが、これらは作業の効率化や生産性の向上、情報共有のスピードアップなど、既存の仕組みやビジネスモデルを「アップグレード」したにとどまる。だが、IBMやGoogleなど大手IT企業が巨額を投じて研究開発を進める「人工知能」は違う。まさに革新的な技術であり、5年後に企業/個人が生き残れるかどうかを左右する重大なキーワードである。 2020年を見据えたとき、人工知能機能を実装したソフトウェアは主流となる。マジックソフトウェア・ジャパン株式会社主催のイベント「Magic World 2015」の特別講演に登壇した船井総合研究所、シニア経営コンサルタントの斉藤芳宜氏はこう述べた。


カテゴリ   |


「IBM 管理」に関するニュース



 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、オンプレミス環境にあるアプリケーションやデータなどの既存資産とIBMクラウドの円滑な連携や、APIの公開によるクラウド・サービスの開発を支援するため、「IBM Connect」シリーズの一部の無償提供を開始した。無償提供の対象となる製品は、API管理/運用ソフトウェ…


カテゴリ  EAI | Webアプリケーションサーバ




 日本IBMは、保険業界における統合リスク管理(ERM)や国際会計基準(IFRS)、ソルベンシー規制、国際資本規制(ICS)などに対応するサービス「ERMソリューションセンター」を12月5日に開始する。コンサルティングから業務・システム構築まで一貫して提供する。本サービスでは、新たな顧客体験を創出するためのアプ…


カテゴリ  特定業種向けシステム | システムインテグレーション | システムコンサルティング




 インターコムは、IBMメインフレームの専用端末と同等の機能をWindows PCで利用できるようにする統合管理対応の端末エミュレーターの新版「FALCON 3270 for .NET Ver.3」を8月31日に発売する。今回の新版では、文字規格「JIS X 0213:2004」(JIS2004)の内容を取り込んだIBM日本語ホストコード「CCSID 1390/1399」…


カテゴリ  メインフレーム | その他基幹系システム関連 | その他PCソフト関連


その他キーワード

製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「IBM IPSOFT 管理」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ