「I/O I/F 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「I/O I/F 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「I/O I/F 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「I/O I/F 違い」に関するIT製品情報

IFS Applications 製造業向けソリューション  2018/04/15


IFSジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  ERP | 生産管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。設備保全管理やサービス管理まで、幅広い業務に対応。クラウド型の導入や海外展開にも柔軟に対応。

オススメユーザー  生産管理、サプライチェーン、設備保全やアフターサービスを強化したい各種製造業やエンジニアリング業。


オープンソース企業ポータル『Liferay』  2013/12/01


イージフ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Enterprise Edition:要見積もり(標準構成例:約500万円/税別)※詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  EIP | グループウェア | ナレッジマネジメント | 社内SNS | 暗号化 | 開発ツール

製品概要  世界中で数多くの導入実績を持つオープンソースの企業ポータル基盤。コミュニティを利用したコラボレーションとポートレット開発によるシステム統合を実現。

オススメユーザー  システムを統合した社内ポータルを構築したい企業コラボレーション機能を用いカスタマやパートナ専用のポータルを構築したい企業


Websense TRITON Solution Unified Content Security  2014/07/15


ウェブセンス・ジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DLP | データベースソフト | UTM | WAF | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  オンプレミス、クラウドのハイブリッドでの提供により、各拠点のネットセキュリティを一元管理。セキュリティガバナンスの強化を実現。

オススメユーザー  国内外問わず分散する拠点のインターネットセキュリティを統合管理したい企業。


Webフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー&クラウド」  2014/12/01


デジタルアーツ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 <契約ライセンス数が5〜29の場合>年間 3300円/1ライセンス ※税別

カテゴリ  フィルタリング | MDM | 統合ログ管理

製品概要  iOS/Android/Windows端末をクラウドで一元管理できるWebフィルタリングサービス。業務効率の向上、情報漏洩対策、アクセス状況の可視化などの課題を解決。

オススメユーザー  スマホからタブレット、社内のWindows PCまでクラウドで一元管理できるWebフィルタリングサービスをお探しの方。


秘文AE SmartDevice Extension  2015/03/01


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 8000円(税別)

カテゴリ  暗号化 | タブレット | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  データの暗号化と安全でない無線LANへの接続を禁止するWi-Fi制御で、Windows 8タブレットの業務利用に必要なセキュリティ対策をワンパッケージで提供。

オススメユーザー  業務でWindows 8タブレットの活用を検討している企業。


「I/O I/F 違い」に関するセミナー情報

Unified Functional Testing体験セミナー

主催:アシスト


開催日

 8月8日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  テストツール | 開発環境/BaaS

概要  機能テストツール「Unified Functional Testing」の体験セミナーです。機能テストや、回帰テストにおける効率化、正確性の向上、短期化を実現し…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ|情報システム部の統括


Unified Functional Testing体験セミナー

主催:アシスト


開催日

 7月11日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  テストツール | 開発環境/BaaS

概要  機能テストツール「Unified Functional Testing」の体験セミナーです。機能テストや、回帰テストにおける効率化、正確性の向上、短期化を実現し…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ|情報システム部の統括


Unified Functional Testing体験セミナー 締切間近

主催:アシスト


開催日

 6月5日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  テストツール | 開発環境/BaaS

概要  機能テストツール「Unified Functional Testing」の体験セミナーです。機能テスト、回帰テストにおける効率化、正確性の向上、短期化を実現し、…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ|情報システム部の統括


【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介

クレオ


開催日

 6月26日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  会計システム |

概要  【東京】ZeeM 固定資産管理のご紹介〜IFRS対策や物品管理の一元化、予算作成のためのシミュレーションまで〜IFRS対応などを機に、固定資産管理のあり方を見直…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|全社スタッフ


実践的オブジェクト指向分析・設計と実装

ラーニング・ツリー・インターナショナル


開催日

 6月5日(火)〜6月8日(金)

開催地 東京都   参加費 23万6034円(税込・早割料金)〜


カテゴリ  開発言語 |

概要  アプリケーションやシステム開発の主流であるオブジェクト指向の主要な開発方法であるRUP (Rational Unified Process) の「ユースケース駆…

オススメユーザー  プログラマ|システムの設計・運用


「I/O I/F 違い」に関する特集



 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非常に重要な課題です。こういった問題を解決するための特権IDソリューションが、市場では数多くリリースされています。 特権IDソリューションは大きく分けて3つのタイプが存在しています。Super User Privilege Management(SUPM) 、Application to Application Password Management(AAPM) 、そして、Shared Account Password Management(SAPM)です。 SUPMは、職域とセキュリティポリシーを鑑み、特権昇格できる権限をコントロールする、いわば最小特権による管理の仕組みです。 AAPMは、スクリプトやバッチなどで、特権アカウントのID、パスワードを平文で記述しているのを廃し、スクリプト実行時に特権ソリューションのAPIを呼び出すことで、セキュアにアプリケーションを実行する事を可能にする仕組みです。 SAPMは、日本で最もポピュラーな特権ソリューションで、特権アカウントを適切に管理し、何時、誰が、どんなことを行ったかをトラッキングし、ワークフローによって申請処理を電子化していく仕組みです。 Centrifyは全ての特権IDをカバーした製品をご用意していますが、今回はSAPMに関してご説明させていただければと思います。


カテゴリ  ID管理 |




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「I/O I/F 違い」に関するニュース



 エス・ジーは、マチス教育システムと共同で、「情報漏えい対策ソリューション TIFS(Trusted Information File System)」を発売した。本ソリューションは、ファイルシステムの一部として動作し、PC上で扱われるさまざまなファイルを自動的に暗号化する。そのため、利用者がどのファイルに機密情報が含まれているか…


カテゴリ  暗号化 |




 オープンストリームは、文化情報資産の電子化、記録、保存を支援する「デジタルアーカイブ公開Webサイト構築ソリューション」の提供を開始する。価格は400万円(税別)から。本ソリューションは、国際規格「IIIF(International Image Interoperability Framework)」に対応。相互運用性とアクセス環境を向上でき、…


カテゴリ  CMS | 特定業種向けシステム




 シーエー・モバイルは、Webやネイティブアプリなどさまざまな管理画面の開発を包括的に支援する「Viron」を、オープンソース(OSS)として公開する。Vironは、API仕様を定義する際のフォーマットとして使われることの多い「OpenAPI Specification 2.0」を包括し、統一された質の高いデザインと操作性を持つ管理画…


カテゴリ  開発ツール | オープンソース



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「I/O I/F 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ