「I-O DATA HV データ復旧」から探す!IT製品・セミナー情報

「I-O DATA HV データ復旧」 に近い情報
「I-O DATA」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「I-O DATA HV データ復旧」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「I-O DATA」に関するIT製品情報

秘文 Cloud Data Protection  2015/03/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Cloud Data Protectionクライアント:5000円/1ユーザ秘文 Cloud Data Protectionサーバ:60万円※税別、オンプレミス型の価格

カテゴリ  暗号化 | その他ストレージ関連

製品概要  クラウドストレージ上のデータを暗号化。ビジネスでの利用に必要な情報漏洩対策を行い、クラウドストレージのセキュアな活用を実現する。

オススメユーザー  業務でクラウドストレージの活用を検討している企業。


暗号化/マルウェア対策/ランサムウェア対策 秘文 Data Encryption  2018/04/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Data Encryption (買い取りライセンス) 1万円/台(税別)秘文 Data Encryption 年間利用ライセンス 5000円/台(税別)

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  PCや記録メディア、ファイルサーバのデータを暗号化。安全性が確認できるプログラムのみ、機密データやOS管理領域へのアクセスを許可する。

オススメユーザー  PCやファイルサーバのデータを暗号化したい企業マルウェアによる窃取やランサムウェアによる強制暗号化/削除を防止したい企業


ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection  2018/04/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Data Protection サービス年間利用ライセンス 5000円/台(税別)※最小契約数は100ライセンス

カテゴリ  暗号化 | 認証 | DLP

製品概要  ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

オススメユーザー  顧客や取引先に渡した情報も閲覧停止することで、情報を「放さない」情報漏洩対策を行いたい企業担当者。


McAfee Complete Data Protection (旧 McAfee Endpoint Encryption)  2014/02/01


マクニカネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1万3590円〜(ライセンス/買切)※税別

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  国内2100社、160万ライセンス以上の豊富な実績を持つ、PC、リムーバブルメディア暗号化ソフトウェア。盗難・紛失による情報漏洩を強力に防止する。

オススメユーザー  PCの盗難/紛失、リムーバブルメディアからの情報漏洩対策を確実に行いたい企業(一般企業、政府系機関、自治体など)


認証強化ソリューション DIGIPASS/IDENTIKEY Authentication Server  2018/03/01


VASCO Data Security Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  認証 | MDM | SDN | ワンタイムパスワード

製品概要  VASCO社が提供する認証セキュリティソリューション。世界各国で利用されている高品質なワンタイムパスワードトークンを提供

オススメユーザー  システム・サービスのアクセスセキュリティを強化したい企業、金融機関、政府機関、教育機関、またはクラウドサービス提供事業者


「I-O DATA」に関する特集


Watchers
「DLP」シェア  2014/09/16

14億円規模と見込まれる2013年度の国内DLP(Data Loss Prevention)市場。過半数の市場占有率で1位を獲得したベンダとは?


カテゴリ  DLP |




 前回は標的型攻撃に悪用されるマルウェアについて解説した。一般的な標的型メールを利用した攻撃では、トロイの木馬が悪用される。ほとんどのものが既知のマルウェアであるが、攻撃者によりウイルス対策ソフトウェアでは検出されないよう巧妙に作成されている。この傾向は、標的型攻撃に限らず、マルウェア全般に言える傾向かもしれない。このことは、私たちユーザ個人がマルウェア感染に気付く術がほとんどないことを示している。 そのような中、近年注目されているのが、第2のセキュリティ対策製品である。端末へインストールするタイプのものでは、脆弱性の悪用を未然に検出する製品や、DLP(Data Loss Prevention:情報漏洩防止対策)、暗号化製品が注目されているようだ。また、ネットワーク上に設置するものでは、アプリケーション層の監視を得意としたものや、実行ファイルの挙動をチェックするものなどが注目されている。いずれも単体での有効性では限界があるかもしれないが、従来のセキュリティ対策と異なる視点での監視ができるため、上手く長所を組み合わせることでのセキュリティ補強は期待できそうだ。そこで、本稿では今時のマルウェアに感染した際に発生する通信とその検出方法について解説していこう。


カテゴリ  IPS |


「I-O DATA」に関するニュース



 第一コンピュータリソース(DCR)は12月5日、OracleやSQL Serverなど複数のRDBMS(Relational DataBase Management System)から定義情報を出力するツール「Verasym DDExport」の無償提供を開始した。本ツールは、稼働中のデータベースサーバに接続し、テーブルやビューの定義情報をテキストファイルに出力する。そ…


カテゴリ  データベースソフト |




 アシストは4月12日、データベース(DB)基盤ソリューション「DODAI」の新ラインアップとして、企業ITのさまざまな領域のDB基盤を迅速かつ低コストに構築できる「DODAI ODAモデル」の提供を開始した。本モデルは、オラクルの高可用性DBとハードウェアを一体化したエンジニアドシステム「Oracle Database Appliance…


カテゴリ  データベースソフト | 垂直統合型システム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「I-O DATA HV データ復旧」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ