「GINAとは」から探す!IT製品・セミナー情報

「GINAとは」 に近い情報
「GIN」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「GINAとは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「GIN」に関するIT製品情報

ManageEngine(R) OpManager  2014/12/15


ゾーホージャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 年間ライセンス:23万4000円(監視対象数50装置)〜通常ライセンス:51万9000円(監視対象数50装置)〜※税別

カテゴリ  サーバー管理 | サーバー仮想化 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  仮想サーバ(VMware、Hyper-V)、物理サーバ、ネットワークを単一ツールで監視できる中〜大規模ネットワーク向け統合監視ツール。コストパフォーマンスの高い管理を実現。

オススメユーザー  一般企業から官公庁・自治体・教育機関など。物理/仮想化環境の一元監視、エージェントレスのサーバ監視を行いたい方。


Enterprise Imaging Platform  2013/06/28


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  文書管理 | ワークフロー | BPM | SFA | ナレッジマネジメント

製品概要  基幹系・情報系等の各種システムと複合機(イメージデバイス)を連携。紙も含めた文書管理を一元化することで、業務効率化に貢献する。

オススメユーザー  ●紙文書や外部証憑などを既存システムの情報に紐づけて管理したい企業●データ入力業務、紙文書の手作業を簡素化したい企業


ManageEngine(R) Password Manager Pro  2014/12/01


ゾーホージャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 年間ライセンス 86万円〜通常ライセンス 215万2000円〜 ※いずれも税別

カテゴリ  ID管理 | ワークフロー | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  サーバ、データベース、ネットワーク機器、アプリケーションなど、組織の重要なITリソースの特権IDへのアクセスを自動化できる、Webベースの特権ID管理ツール。

オススメユーザー  特権ID管理をやらなければならないと思っていながら、適切に行えていない企業。手作業による特権ID管理に限界を感じている企業。


ManageEngine ADManager Plus  2014/10/15


ゾーホージャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 33万5000円から(管理者1名の場合、初年度保守サポート込み、消費税別)

カテゴリ  ID管理 | 認証

製品概要  Active Directory ID管理ソフト。CSVによる一括設定、スケジュール設定による作業自動化で、人事異動や組織改編時のシステム部門の工数削減に寄与。

オススメユーザー  Active Directory管理を効率化したい情報システム、人事、総務の担当者


IBM InfoSphere BigInsights 製品ファミリー  2015/03/31


日本アイ・ビー・エム

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  データ分析ソリューション | ビッグデータ | その他データ分析関連

製品概要  大容量のデータの蓄積や処理を高速で行えるHadoopを、より使いやすく、より高速化するための製品。

オススメユーザー  大量の履歴データにもとづく、詳細かつ高度な顧客分析などの大容量データの高速分析や、ビッグデータ活用に取り組みたい企業。


「GIN」に関するセミナー情報

IDaaS OneLoginご紹介セミナー

サイバネットシステム


開催日

 12月14日(水)

開催地 オンラインセミナー   参加費 無料


カテゴリ  ID管理 | 認証 | シングルサインオン

概要  Office 365やSalesforce.com、最近ではBoxやSlackなどのクラウドサービスの導入が企業で進んでいます。企業の業務がクラウド中心になるこ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|全社スタッフ


「GIN」に関する特集



 前回、概要を述べたDigiNotarによる不正SSLサーバ証明書発行事件が具体的にどのような事件であり、どのような影響が考えられるのかについて見ていくための準備として、今回は2つのキーワードを解説する。そのキーワードとは「SSLサーバ証明書が発行されるためのPKIの仕組み」と「Comodo Hacker」である。


カテゴリ  PKI |




 前回の説明から分かるように、「DigiNotarの重過失とも言える運営管理とオランダ監査機関の対応の不備が、Comodo Hackerという有能な攻撃者につけ込まれ、ルートCAの発行機能を完全に乗っ取られたあげく、不正SSLサーバ証明書を発行した」事件は、インターネットセキュリティにおける抜群のニュースバリューがあるだろう。それはWebTrust for CAを取得しているルートCAの信頼性に関わることだからである。 それでは今回の事件は、実際にSSL/TLSを使う観点から見たらどのような影響を与えるものなのであろうか。本最終号では、影響について見ていくこととしたい。


カテゴリ  認証 |




 「IT市場は構造変化している」とかなり以前から言われてきました。“クラウドコンピューティング”という言葉が初めて使われたのが2006年ですが、2年後の2008年にはGoogleがApp Engineを発表、AmazonはEC2正式版を発表、MicosoftではWindows Azure発表と各社からクラウドコンピューティングを意識したソリューションが登場しています。また、Salesforceは同年のグッドデザイン賞を受賞しています。わが国のIT企業でも2009年には富士通が仮想化技術に関する国際標準化団体DMTFでリーダーシップボードに就任しました。このような動きはITユーザにとって「情報システムはIT企業に発注して開発するもの」という意識を徐々に変えていくものでした。 そして、2013年現在「IT市場は構造変化してしまった」と過去形で語るべきだと言う方もいます。こうした中、中小IT企業はビジネスモデルを変革する際にどのような選択肢があるのか?その一例として、情報処理推進機構(以降、IPA)IT人材育成本部では、「人材」にフォーカスし、ビジネス変革の契機となるように編纂されたテンプレートを作成しました。本コラムにおいては、このテンプレートを題材に解説していきたいと思います。(テンプレートは下記URLの中段からダウンロードできます)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | システムインテグレーション


「GIN」に関するニュース



 Ginzamarkets株式会社は、コンテンツマーケティング&SEOツール「GinzaMetrics」で、コンテンツ分析管理機能をバージョンアップした。「GinzaMetrics」では、コンテンツ分析管理用のグルーピングをディレクトリ単位のほか、自社の希望する分析軸で設定できる。今回のバージョンでは、コンテンツのグルーピングをEx…


カテゴリ  アクセス解析 | ソーシャルメディア分析




 Ginzamarketsは、大規模サイト向けSEOツール「GinzaMetrics」で、内部施策改善のためのアドバイス機能を強化した。GinzaMetricsは、SEOやコンテンツマーケティングのためのデータを集約し可視化するツール。競合サイトの順位やトラフィックのモニタリングに加え、検索エンジン上の新しい競合やこれから狙っていく…


カテゴリ  その他WEB構築関連 |




 Ginzamarkets株式会社は、SEOツール「GinzaMetrics」が、三井住友カード株式会社のSEOプラットフォームとして採用されたと発表した。「GinzaMetrics」は、世界65ヵ国以上に対応する大規模サイト向けSEOツール。三井住友カード社のWebサイトでは、個人向け/法人向けの各種クレジットカードを申し込みできるという…


カテゴリ  その他WEB構築関連 | データ分析ソリューション | アクセス解析



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「GINAとは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ