「GENEXUS 外部プログラムの呼び出し」から探す!IT製品・セミナー情報

「GENEXUS 外部プログラムの呼び出し」 に近い情報
「GENE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「GENEXUS 外部プログラムの呼び出し」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「GENE」に関するIT製品情報

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL  2018/05/15


ソフトエイジェンシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1フォルダ 年額14万4000円、または月額1万3200円※各税別

カテゴリ  暗号化 | Linux | その他サーバー関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | サーバー管理 | その他運用管理関連

製品概要  導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

オススメユーザー  Linuxサーバデータのセキュリティ強化を検討している方。クラウド利用におけるさまざまな情報管理に課題を抱えている方。


「GENE」に関する特集



 最近、ネットワーク・セキュリティの対策キーワードについて、Web 2.0、ソーシャル・ネットワーキング、Next Generation firewall、アプリケーション・コントロールなどを多く目にする。 もちろん、そういったキーワードに関連する課題や対策については、以前よりセキュリティ運用者によって認識され、セキュリティ・ベンダ等によって提案されてきた。そういった中で、企業など組織における現在のネットワークおよびアプリケーション利用と情報セキュリティ対策の条件や再投資といった事情において、課題や対策の必要性が明確化されつつある。 特に80番ポートの制御など、レイヤの高いセキュリティ対策と、ネットワークの利便性の両立は共通する課題である。 本連載(全4回)では、これらのキーワードに関係する課題を再認識しながら、望ましい対策と運用について、セキュリティ管理者の立場とアプリケーションを利用する観点から考えてみたい。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |


「GENE」に関するニュース



 ソフトエイジェンシーは3月2日、Server Generalが提供するデータ暗号化サービス「Server General」による、GDPR(EU一般データ保護規則)のデータ保護のサポートを開始した。本サービスは、アプリケーションに変更を加えずに暗号化を行える「透過型暗号化(TDE)」に対応。データベース(「MySQL」「PostgreSQL」「…


カテゴリ  暗号化 | 認証



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「GENEXUS 外部プログラムの呼び出し」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ