「FLAPPING BETWEEN PORT意味」から探す!IT製品・セミナー情報

「FLAPPING BETWEEN PORT意味」 に近い情報
「PORT意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「FLAPPING BETWEEN PORT意味」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「PORT意味」に関するIT製品情報

SAP Crystal Reports  2013/05/01


SAPジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 8万9500円※税抜

カテゴリ  BI | プロジェクト管理 | その他開発関連

製品概要  幅広いデータソースに対応し、対話型のレポートを簡単にデザインできるBIツール。レポートのデザイン、検索、ビジュアル化、配信など、包括的な機能を提供する。

オススメユーザー  様々なデータソースのデータを用いて、デザイン性の高いレポートを作成したい方。


帳票統合スプールサーバ Report Director Enterprise(RDE)  2016/05/15


ウイングアーク1st

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  電子帳票システム | 帳票管理システム | 文書管理 | 統合運用管理

製品概要  マルチプラットフォーム環境における帳票システムの統合・集中化を実現する帳票統合スプールサーバ。基幹システムの帳票運用と全社帳票文書を一括管理、出力環境を統合化。

オススメユーザー  業務ごとにバラバラの帳票システムを統合し、運用・保守コストを改善。全社規模の帳票データを一元管理したい企業。


Usolia貿易業システム(VPort)  2016/02/01


内田洋行ITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 電子帳票システム | 特定業種向けシステム

製品概要  煩雑な貿易業務を管理するパッケージ。ドキュメント作成の効率化、各社固有の経費按分処理への柔軟な対応に加え、資金繰りを強力にサポートする債権債務管理機能を搭載。

オススメユーザー  煩雑な業務をシステム化により効率化したい貿易業の企業。ドキュメント作成の効率化、各社固有の経費按分処理などが課題の企業。


Liferay Portal  2016/03/31


イージフ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他WEB構築関連 | その他情報共有システム関連

製品概要  ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。

オススメユーザー  情報や社内システムをポータルで一元管理したい企業。カスタマーサイトやパートナーサイトを構築したい企業など。


IT資産管理ソフトSS1<System Support best1>  2016/09/30


ディー・オー・エス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ◆基本機能※ライセンス数に応じた価格設定<各税別>【参考価格】・50ライセンス/25万円 ・500ライセンス/235万円

カテゴリ  IT資産管理 |

製品概要  IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。

オススメユーザー  IT資産(PC、サーバー、ネットワーク機器など)の統合管理を効率的に行いたいと考えている企業、管理者。


「PORT意味」に関する特集



 前回は、日本の情報セキュリティ産業の規模が約7000億円であること、その流通構造が複雑であり、そしてシステムインテグレータやセキュリティ・サービスプロバイダが主要な役割を担っていることを確認した。 2回目の今回は、日本の情報セキュリティ産業の実力や競争力を左右する様々な要素を、国際的な比較を踏まえて分析し(http://www.ipa.go.jp/security/fy23/reports/industry-prop/index.html参照)、その特性を見てみることとする。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他物理セキュリティ関連




今回の話をする前に、「ハッカーは大手企業のみを攻撃のターゲットにしている」という固定観念は、捨てた方がいいと言っておきたい。「どうせ盗みに入るなら、お金持ちを狙う」という一般的な認識から、“ハッキングするなら価値のある情報を「たくさん」保有していそうな大手を狙うもの”といった考えに至るだろう。しかし、ここが穴場である。大手を狙うコストを考えると、いくら成功した時に得られる情報が「たくさん」あってもハッキング自体、割に合わない仕事になってしまうのだ。最近では、大手に比べIT予算が豊富にないことから、セキュリティ対策が十分でない可能性の高い中小企業をターゲットにする傾向が見られているのである。 先日、シマンテック(Symantec)が公開したインターネットセキュリティ脅威レポート(Internet Security Threat Report 2016)によると、サイバー攻撃の約6割は中小企業やスタートアップ企業をターゲットとする攻撃と記述している。当事者の立場から考えると驚く程の数値である。今回このコラムを借りて、なぜハッカーは、中小企業を狙うのかを簡単に説明したいと思う。


カテゴリ  WAF | ファイアウォール




 前回はオフライン端末のセキュリティ対策ソリューション、「Trend Micro Portable Security(以下、TMPS)」の概要について解説した。連載の最後となる今回は、具体的な利用ケース・利用方法について紹介した上で、トータルセキュリティの実現に必要な対策について解説したい。 TMPSの具体的な利用ケースとしては、例えば、メーカーの製造工程における出荷前検査のひとつとして活用できる。TMPSで定期的に製造現場の専用端末のウイルスチェックを実施することにより、製品へのウイルス混入の可能性を最小限にし、安心して安全な製品を出荷することができる。加えて、ログ管理機能により、出荷前のウイルス検査を実施したエビデンスもセキュリティ監査等で利用可能である。また、メーカー等による専用端末出荷後の保守、メンテナンスにも威力を発揮する。USB型検索ツールは可搬性にも優れているため、保守サービスマンがTMPSを携帯して運用することで、製品導入先企業に出向いて、手軽に、定期的なウイルス検査を実施するサービスを提供することも可能で、万が一製品導入先の専用端末等においてウイルス感染が発見されても、その場で駆除、隔離処理が可能である。さらに、メーカーの製造、保守現場だけでなく、多くの企業や官公庁、学校などに存在する、インターネット空間とは完全に隔離された一部のオフライン端末やクローズドネットワーク向けのセキュリティ対策ツールとしても非常に有効である。このような端末に対しても、TMPSによる定期的なウイルスチェックを行うことで、USBワームなどの脅威から情報資産を守ることができるだろう。これら以外にも、インターネットにつなげているコンピュータでも、ウイルス対策ソフトによるセキュリティ対策よりも端末自身のパフォーマンスを優先させたいユーザが、不正プログラム感染のリスクを低減させるツールとして活用できるかもしれない。 次に、基本的な利用方法を紹介しよう(図1)。TMPSをインターネット環境にある管理用コンピュータにつなげ、管理プログラムをインストールする。すると、管理プログラムはインターネットを通じてActive Update Serverと通信し、最新のパターンファイルや検索エンジンを取得する。そして、USB型検索ツールのパターンファイルと検索エンジンをその時点で最新のものにアップデートする。その後USB型検索ツールを、ウイルスチェックを実施したいオフライン端…


カテゴリ  アンチウイルス |


「PORT意味」に関するニュース



 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は、電子ファイリングシステム「Report Shelter」で、電子帳簿保存法(電帳法)におけるスキャナ保存の要件緩和に対応するタイムスタンプ付与などの機能を装備した「e文書オプション」を7月1日に発売する。「Report Shelter」は、紙文書を効率よく電子化する…


カテゴリ  文書管理 | 認証




 株式会社ミリオネットは、飲食店向けの店舗管理システム「M-PORTAL」を発売する。「M-PORTAL」は、売上/勤怠/営業の管理機能を備えている。売上管理では、POSデータ/勤務実績/仕入データ/各種経費と連携して自動で日次決算を行なえる上、連携したデータを基に様々な分析が可能。予算管理機能や、月報/日報の…


カテゴリ  特定業種向けシステム | 勤怠管理システム | 販売管理システム | SFA




 ネクスト・セキュリティは、ユーザーのWebシステムに存在する脆弱性を診断するサービス「脆弱性診断サービス for Web portal」の提供を開始した。脆弱性診断サービス for Web portalでは、現状の環境下で、ユーザーのシステムについて、ありのままの状態で脆弱性の有無を診断し、強固なセキュリティ環境を構築す…


カテゴリ  セキュリティ診断 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「FLAPPING BETWEEN PORT意味」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ