「FLAPPING BETWEEN PORT 原因」から探す!IT製品・セミナー情報

「FLAPPING BETWEEN PORT 原因」 に近い情報
「PORT」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「FLAPPING BETWEEN PORT 原因」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「PORT」に関するIT製品情報

V-CUBE One  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ローカルプラン初期費用:5500円/port月額費用:1万1000円/port※税別。最低購入本数は10本。

カテゴリ  Web会議 | テレビ会議/ビデオ会議

製品概要  ブイキューブの提供する複数のコミュニケーションサービスをシンプルな「ひとつ」のパッケージに。

オススメユーザー  Web会議/ペーパーレス会議などを「利用シーン」「用途」「利用規模」を意識することなく、リーズナブルに利用したい企業。


次世代型Excel帳票システム ExReport  2017/03/24


フォー・ズィー・コーポレーション

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 ExReport(基本パック):50万円(税別)

カテゴリ  電子帳票システム | ワークフロー | 帳票管理システム | オフィスソフト | データ分析ソリューション

製品概要  特別なソフトや知識なしで簡単にExcel帳票が作成でき、インターネット経由で拠点などへ展開可能。ユーザ側での入力、データベースへの反映などが可能なExcel帳票システム。

オススメユーザー  時間とコストがかかる/営業所などへ迅速に展開できない/ユーザ側で入力できない…といった従来の帳票の問題を解決したい企業。


MORISAWA PASSPORT  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 4万9800円 ※税別

カテゴリ  オフィスソフト | その他オフィス機器関連 | その他WEB構築関連

製品概要  印刷・出版業界において高いシェアを誇るモリサワの全てのフォントを含む書体をどれでも利用できるライセンス製品。

オススメユーザー  出版、広告など、印刷、デザインに関わる方。


SAP Crystal Reports  2013/05/01


SAPジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 8万9500円※税抜

カテゴリ  BI | プロジェクト管理 | その他開発関連

製品概要  幅広いデータソースに対応し、対話型のレポートを簡単にデザインできるBIツール。レポートのデザイン、検索、ビジュアル化、配信など、包括的な機能を提供する。

オススメユーザー  様々なデータソースのデータを用いて、デザイン性の高いレポートを作成したい方。


ConMas i-Reporter  2012/11/15


シムトップス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本パッケージ 120万円〜 (税別)

カテゴリ  電子帳票システム | データベースソフト | ワークフロー | 生産管理システム | 在庫管理システム | 帳票管理システム

製品概要  使い慣れた紙の帳票を、そのままiPadの電子帳票にデジタル化。デジタル入力と手書き入力を融合させたペーパーレス『現場』 記録・報告・閲覧ソリューション。

オススメユーザー  製造現場や保守・点検サービスの現場などでの帳票の記録・報告を効率化したい企業。帳票のペーパーレス化を検討中の企業。


「PORT」に関する特集



 前回は、日本の情報セキュリティ産業の規模が約7000億円であること、その流通構造が複雑であり、そしてシステムインテグレータやセキュリティ・サービスプロバイダが主要な役割を担っていることを確認した。 2回目の今回は、日本の情報セキュリティ産業の実力や競争力を左右する様々な要素を、国際的な比較を踏まえて分析し(http://www.ipa.go.jp/security/fy23/reports/industry-prop/index.html参照)、その特性を見てみることとする。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他物理セキュリティ関連




 2015年にTrustWaveが発表した調査レポート『2015 Trustwave Global Security Report』によると、世界全体でのマルウェア攻撃による利益率は、1425%にも上るといわれています。 これはつまり、「マルウェア攻撃という市場は年間1000万円投資すれば、1.4億円ものバックがある『もうかるビジネス』である」 という見方をする攻撃者が増えてきていることを示しています。それに対応するように、2016年の米国におけるデータ侵害による被害額の平均は7.01万ドル(約7.9億円)に達するというレポート『2016 Ponemon Cost of Data Breach study』もあります。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




今回の話をする前に、「ハッカーは大手企業のみを攻撃のターゲットにしている」という固定観念は、捨てた方がいいと言っておきたい。「どうせ盗みに入るなら、お金持ちを狙う」という一般的な認識から、“ハッキングするなら価値のある情報を「たくさん」保有していそうな大手を狙うもの”といった考えに至るだろう。しかし、ここが穴場である。大手を狙うコストを考えると、いくら成功した時に得られる情報が「たくさん」あってもハッキング自体、割に合わない仕事になってしまうのだ。最近では、大手に比べIT予算が豊富にないことから、セキュリティ対策が十分でない可能性の高い中小企業をターゲットにする傾向が見られているのである。 先日、シマンテック(Symantec)が公開したインターネットセキュリティ脅威レポート(Internet Security Threat Report 2016)によると、サイバー攻撃の約6割は中小企業やスタートアップ企業をターゲットとする攻撃と記述している。当事者の立場から考えると驚く程の数値である。今回このコラムを借りて、なぜハッカーは、中小企業を狙うのかを簡単に説明したいと思う。


カテゴリ  WAF | ファイアウォール


「PORT」に関するニュース



 キヤノンITソリューションズは、製薬企業のMR(医薬情報担当者)向けに、iPhone/iPadを利用した副作用報告支援システム「PVLink Camera Report」を6月上旬に発売する。本システムは、報告書を最適化して送信するiPhone/iPadアプリと、その報告を安全に受領して自動的に受領連絡を行うサーバソフトウェアで構成す…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他スマートデバイス関連 | その他情報共有システム関連




 NTTデータ先端技術は、Oracle製品保守サービス「NISS(NTT DATA Intellilink Support Service)」の新ラインアップ「NISS Remote Connect Service(NISS RCS)」の提供を6月1日に開始した。本サービスでは、ユーザー担当のマネジャーが、サービスに関する相談窓口として対応する。ユーザーシステムの「Oracle Datab…


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | データベースソフト




 A10ネットワークスは、ADC製品「Thunder ADC」シリーズの新モデルの提供を6月6日から順次開始する(オープン価格)。Perfect Forward Secrecy(PFS)/App Transport Security(ATS)対応のSSL暗号処理を高速化する「第3世代SSL/TLS専用ハードウェア」を搭載する。今回の新モデルは、アプリケーション配信とサーバ…


カテゴリ  ADC/ロードバランサ | ファイアウォール | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「FLAPPING BETWEEN PORT 原因」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ