「FINTECH 銀行 脅威」から探す!IT製品・セミナー情報

「FINTECH 銀行 脅威」 に近い情報
「FINTECH」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「FINTECH 銀行 脅威」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「FINTECH」に関するセミナー情報

「X-Tech」時代に押さえておくべき、APIの公開方法

オージス総研/協力:オープンソース活用研究所


開催日

 7月11日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  認証 |

概要  【加速する「X-Tech」】Fintechをきっかけに、様々な業種・業界の企業がデジタルテクノロジーを活用し新たなサービスの創出(X-Tech)を加速させていま…

オススメユーザー  情報システム部の統括|その他|経営者CIO


「FINTECH」に関する特集



 2016年7月13日〜15日、東京ビッグサイトで開催された「総務・人事・経理ワールド2016 会計・財務 EXPO」の特別講演(13日)では、「Fintechがもたらすクラウド会計の未来!」と題し、マネーフォワード代表取締役社長(CEO)辻庸介氏が登壇した。


カテゴリ  会計システム |




 ITを駆使して新たな金融サービスを生み出そうとする“FinTech”。今この分野で大きな注目を集めているのが、ビットコインの基盤技術であるブロックチェーン技術だ。更に国内では今、このブロックチェーン技術を応用して、金融機関から個人デベロッパーまで、あらゆるユーザーが簡単にブロックチェーン技術を利用できるようにした汎用プラットフォームが登場してきている。テックビューロの提供する「mijin」だ。 今なぜブロックチェーンが注目されているのか、またmijinとはどのようなものか。インフォテリア/テックビューロ共同開催の「フィンテック フォーラム」からお届けする。


カテゴリ  EAI |


「FINTECH」に関するニュース



 NTTデータは、金融向けクラウドサービス「OpenCanvas」に、複数の各社AIと容易に接続できる機能を追加し、新サービスを開発するFintech事業者向けの試行提供を3月に開始する。本格的な提供は2018年度上期中となる予定だ。本機能では、Amazon Web ServicesやGoogle、IBM、Microsoft、NTTグループなど各社が提供す…


カテゴリ  特定業種向けシステム | EAI | その他開発関連




 JP Linksは2月1日、送金代行サービス「Bankur」で、リアルタイムに送金を行える新機能「都度送金」の提供を開始する。本サービスは、Fintech(金融とITの融合)を活用したもので、送金に関わる業務負担とコストの削減が図れる他、ユーザーの送金用資金の保全策やセキュリティ面などの安全性も担保できる。また、当…


カテゴリ  会計システム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「FINTECH 銀行 脅威」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ