「FINETと 流通BMSの違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「FINETと 流通BMSの違い」 に近い情報
「FINE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「FINETと 流通BMSの違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「FINE」に関するIT製品情報

SANsymphony-V  2017/03/15


データコア・ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ライセンス:40万円〜サポート費:10万円〜※税別

カテゴリ  ストレージ仮想化 | サーバー管理

製品概要  x86サーバを超高性能・高可用性ストレージプラットフォーム、ハイパーコンバージドインフラに変えるSoftware-Defined Storage製品。

オススメユーザー  ストレージのコスト、性能、可用性、データ移行、クラウド移行に課題を持つ企業。無停止サービスを提供するプロバイダ。


「FINE」に関するセミナー情報

KEL Virtualization First 2018 in 札幌 締切間近

主催:兼松エレクトロニクス/共催:ヴイエムウェア/日本ヒューレット・パッカード


開催日

 7月24日(火)

開催地 北海道   参加費 無料


カテゴリ  サーバー仮想化 | ストレージ仮想化 | VDI

概要  『Software Defined Data Center』への関心が高まる中、私どもKELではネットワークやストレージの仮想提案の機会が高まっております。今回…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用


KEL Virtualization First 2018 in 名古屋 締切間近

主催:兼松エレクトロニクス/共催:ヴイエムウェア/日本ヒューレット・パッカード


開催日

 7月26日(木)

開催地 愛知県   参加費 無料


カテゴリ  サーバー仮想化 | ストレージ仮想化 | VDI

概要  『Software Defined Data Center』への関心が高まる中、私どもKELではネットワークやストレージの仮想提案の機会が高まっております。今回…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用


「FINE」に関する特集



 ここ数年、ソフトウェア定義型ストレージ(Software Defined Storage:SDS)が注目を集めている。SDSの利点は、ストレージをハードウェアとしてではなく「ソフトウェア」として扱える点にある――といわれても、すぐにはピンとこないのではないだろうか。ユーザーの視点からすると、既存の「何か」との違いが分かりにくい。


カテゴリ  データセンター運用 | ストレージ仮想化 | その他ストレージ関連 | プライベートクラウド | 統合運用管理 | DevOps




ITインフラ運用自動化の最後のピースだった「ネットワーク」。ソフトウェアで定義できるようになると、情シスの業務は何がどう変わる? 「Chefレシピで構成設定するようなもののネットワーク版でしょ」と侮るなかれ


カテゴリ  SDN | その他ネットワークセキュリティ関連 | ルーター | ネットワークスイッチ | IaaS/PaaS | データセンター運用 | ネットワーク管理 | 統合運用管理




 2016年1月14日、15日の2日間に渡り、SDN(Software Defined Networking)やNFV(Network Functions Virtualization)といった技術にフォーカスを当てたカンファレンス「SDN Japan 2016」が開催された。これまでにない柔軟なネットワーク制御を実現するとして注目を集めるSDN/NFV。O3プロジェクトのように日本発のソリューションが登場したほか、クラウド普及と相まって、地に足の付いた現実的なソリューションが登場している。その一部を紹介したセッションの模様を紹介しよう。


カテゴリ  SDN |


「FINE」に関するニュース



 タイダルスケールジャパンは、データセンターなどに適したサーバ仮想化ソリューション「TidalScale Software-Defined Servers」を提供する。本ソリューションでは、複数のコモディティサーバを、実質1つ(または複数)に束ねて巨大な仮想マシンを構築できる。これにより、既存のデータセンターのリソースをより長…


カテゴリ  サーバー仮想化 |




 ウイングアーク1stは、OCRと文書管理の機能を統合し、書類のデータ化や業務の自動化、データの活用を支援する「SPA Ver.10.0」を発売する。本製品の特長を順に紹介すると、OCRエンジンは用途に応じて3種類から選べる。同社が開発したAIベースの「WingArc Data Capture」とABBYYジャパンの「ABBYY FineReader Engine…


カテゴリ  文書管理 | OCRソフト



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「FINETと 流通BMSの違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ