「FALCONWAVE 価格」から探す!IT製品・セミナー情報

「FALCONWAVE 価格」 に近い情報
「FAL」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「FALCONWAVE 価格」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「FAL」に関する特集



 前回までに、「ModSecurity」の基本的な機能である脆弱性を悪用する攻撃からアプリケーションを保護する仕組みを説明し、加えてIPAの実績をもとにWAFが脆弱性を悪用する攻撃に対して有効であることを説明した。しかし、WAFには導入・運用の際に、気を付けなければならない課題がいくつか存在する。その中でも、今回は実際の導入事例から「偽陽性(false positive)の発生」について確認していく。 なお、偽陽性とは、本来「正常なHTTP通信」であるにもかかわらず、「不正なHTTP通信」と判定する判定エラーである。また、今回記述する内容がそのまま他のWAFに当てはまらない可能性がある点に留意していただきたい。


カテゴリ  WAF |




 SDNといえばデータセンターや通信事業者向けの技術、という印象が強い。しかし、エンタープライズやIoTといった新たな分野での検討もなされている。そのポイントは、「アプリケーションとSDNをどう連動させるか」ということだ。 アライドテレシスの川北潤氏はSDN Japan 2016において「IoT時代を迎え、益々注目を集めるSouthSIDE SDN」と題し、エンタープライズネットワークの統合管理を実現する「AMF」(Allied Telesis Management Framework)と、様々なアプリケーションとの連携を可能にする「SES」(Secure Enterprise SDN Solution)という2つの独自SDNを紹介した。 アライドテレシスでは、データセンターやクラウド基盤といった従来のSDNが主にターゲットにしてきた市場を「NorthSIDE」、同社が取り組んでいるエンタープライズ市場を「SouthSIDE」と表現している。AMFもSESも、データセンターとはネットワークトポロジや要件の異なるエンタープライズ向けの技術。つまり、NorthSIDEで培われてきたSDN技術をSouthSIDEに適応させるものだという。


カテゴリ  SDN | シンクライアント


「FAL」に関するニュース



 アライドテレシスは、ネットワーク統合管理ソリューション「AMF(Allied Telesis Management Framework)」とスイッチ製品のファームウェア「AlliedWarePlus(AW+)」を「Ver.5.4.7-0.1」にバージョンアップし、ダウンロードサービスを開始した。今回の新ファームウェアでは、複数の仮想マシン上に「AMF Cloud」を…


カテゴリ  ネットワーク管理 | ネットワークスイッチ



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「FALCONWAVE 価格」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ