「EXCEL コードサイニング証明書 SHA1 2016」から探す!IT製品・セミナー情報

「EXCEL コードサイニング証明書 SHA1 2016」 に近い情報
「EXCEL 2016」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「EXCEL コードサイニング証明書 SHA1 2016」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「EXCEL 2016」に関する特集



444人を対象に、業務に欠かせないExcelの利用状況を調査しました。


カテゴリ  オフィスソフト | 電子帳票システム




444人のオフィスワーカーを対象にExcelへの不満点や置き換えたツールに関して調査した結果をお知らせします。


カテゴリ  オフィスソフト |




 企業の事務ワークフローの中にはExcel帳票で集計業務を行うことが多い。会計などの仕組みがシステム化される一方、細かな事務処理作業はシステム化から取り残されていたり、現場が「運用でカバー」しているケースも少なくないだろう。 例えば、経費精算などで「所定のExcel帳票を記入して担当者にメール添付で申請する」といった運用をしてはいないだろうか? こうしたケースでは、定型の帳票を使っていながら、担当者が都度入力する必要があったり、提出されたデータを手動でコピー&ペーストする必要があったりと、ムダなプロセスが多い。 グレープシティが2016年4月20日に発表したExcel帳票の集計業務を効率化するクラウドサービス「Masume(ますめ)」は、こうしたあらゆる企業に残る”手作業集計”のムダを解消するために開発されたという。 この製品のキモは、他の組織から見ると「ワークフローが変わらない」点にある。 ワークフロー全体を切り替えるような集計業務効率化を検討する場合、導入する際に取引先や関係部署を巻き込んで新しいワークフローを学習させるところにまで責任を持たなくてはならず、導入が非常に大掛かりになってしまう。一方、ワークフローが変わらない場合であれば、導入部門の意思で素早く導入できる。


カテゴリ  帳票管理システム | データベースソフト | ワークフロー | その他情報システム関連


「EXCEL 2016」に関するニュース



 NTTデータ スマートソーシングは、SharePoint Serverのワークフロー機能を拡張する製品の新バージョン「OpenCube 2016」の提供を開始した。OpenCube 2016は、紙や旧来型のグループウェアで行っていた日本企業の業務に沿ったワークフローを、容易に短期間でSharePoint Serverに構築でき、またWordやExcelの文書をそ…


カテゴリ  ワークフロー |




 グレープシティ株式会社は、Web業務アプリケーション開発を支援するHTML5/JavaScript製品「Wijmo」の新バージョン「2016J v1」をリリースした。「Wijmo」は、JavaScriptコントロール(Wijmo 5)や、金融系チャートコントロール(FinancialChart)、Excelと同等のUIを提供するスプレッドシートコントロール(FlexSh…


カテゴリ  BI | 開発ツール



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「EXCEL コードサイニング証明書 SHA1 2016」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ