「ESA契約」から探す!IT製品・セミナー情報

「ESA契約」 に近い情報
「ESA」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ESA契約」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ESA」に関するIT製品情報

海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」  2013/12/31


ビーブレイクシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 1拠点につき4万円〜※税別※別途初期導入費用が必要。

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 販売管理システム | 会計システム | グループウェア

製品概要  現地言語・通貨で処理された会計データを取り込み海外拠点の財務状況を把握・分析したり、現地での物品購買や重要稟議を本社や統括会社で管理できるクラウド型システム。

オススメユーザー  海外拠点の財務状況を把握・分析できる体制や、内部統制を強化・確立したい海外進出企業。


Oracle Sales Cloud  2017/02/23


日本オラクル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 1ユーザ:1万2000円(税別、月額)

カテゴリ  CRM | SFA

製品概要  エンタープライズクラスの最新の営業機能を網羅した顧客管理/営業支援システム。SaaS型クラウドサービスとして提供。

オススメユーザー  デジタルマーケティング、海外ビジネスの強化を課題としている企業。SFAやCRMのクラウド移行を検討している企業など。


McAfee SaaS Web & Email Protection  2013/07/16


マカフィー

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 【参考価格】11〜25ユーザ:6550円(税別)26〜50ユーザ:6360円(税別)※スタンダードテクニカルサポート1年含む。

カテゴリ  UTM | IPS | WAF | フィルタリング | アンチウイルス | メールセキュリティ

製品概要  Eメール保護とWebセキュリティに特化した2つのサービスで構成されるクラウドベースのソリューション。企業ポリシーに則った細かなカスタマイズとその自動適用が可能。

オススメユーザー  EメールやWebからの攻撃に備えてセキュリティ対策を強化したい企業。コストや運用負荷を抑えて対策したい企業。


「ESA」に関する特集



情報漏洩事件が相次ぎ、企業でのセキュリティ重要度が高まっています。今回は、セキュリティの要“暗号化”に焦点を絞り、その基礎を紹介。共通鍵・公開鍵暗号の違いや、共通鍵の暗号方式「DES」「AES」まで詳しく解説。


カテゴリ  暗号化 |




電力の小売り自由化を機に、さまざまな企業が独自サービスを開発、顧客囲い込みをねらっている。その中の1社であるKDDIは、移動体通信サービスauのユーザー基盤を生かし、「auでんき」サービスを提供している。このサービスのバックエンドに選んだのがAmazon Web Services(AWS)だったという。


カテゴリ  IaaS/PaaS | システムインテグレーション | EC




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS


「ESA」に関するニュース



 日本光電工業とNTTデータアイは、医療機関向けに「脳波解析システム NATESAS」の提供を4月に開始する。日本光電の脳波計で計測した脳波データを分析して脳活動の状態を可視化し、脳活動が関連する病態に関わる判断・評価または診断を行うための情報を提供する。本システムでは、事前に収集した脳疾患患者群と健常…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他データ分析関連




 ジーウェイブは、美容室・理容室向けインターネット予約受付クラウドサービス「cesami」の提供を開始した。本サービスでは、業務に応じたきめ細かな予約設定や、顧客情報管理、セキュリティ確保による個人情報保護、会員制/非会員制への対応などが可能だ。予約管理機能では、予約一覧表示や予約状況検索、予約確認…


カテゴリ  特定業種向けシステム |




 日立システムズは、サーバソフトウェアのライセンス管理業務を支援・代行するサービスを4月に発売する。ライセンスを適正化でき、ライセンス自体に掛かるコストや監査時の対応コストなどの削減が図れる。本サービスでは、IBMやMicrosoft、Oracle、SAPなど各主要ベンダーのソフトウェア製品のライセンス最適化を支…


カテゴリ  IT資産管理 | その他サーバー関連 | 運用系業務アウトソーシング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ESA契約」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ