「ERとは プログラム」から探す!IT製品・セミナー情報

「ERとは プログラム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ERとは プログラム」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ERとは プログラム」に関するIT製品情報

VBA不要Excel自動化プログラム開発ツール StiLL  2015/12/01


アイエルアイ総合研究所

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●「StiLL」クライアント開発版9万8000円〜●「StiLL」サーバー実行基本キット49万4000円〜※いずれも税別

カテゴリ  開発ツール | データベースソフト | オフィスソフト

製品概要  Excelをプラットフォームとし、マクロ・VBAを使わないで業務システムやBIシステムを作成できるプログラム開発ツール。作りやすく・直しやすく、プロトタイピング手法実現!

オススメユーザー  ExcelやAccess、SQLServer等で作成した業務・情報系システム開発を短期間・低コスト・メンテナンススムーズで実現したい企業。


Microsoft Dynamics AX導入支援パック  2015/08/28


日立システムズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 参考価格:1460万円〜(税別)

カテゴリ  ERP | システムインテグレーション | システムコンサルティング

製品概要  日本の商習慣に沿って開発したアドオンプログラム(帳票など)、サーバー、導入支援、トレーニングを提供。短期間導入・低コストを実現するオールインワンソリューション。

オススメユーザー  基幹システムの導入・リプレースを検討中の企業。まずは短期間にコストを抑えて段階的に導入したい企業。


人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory)  2017/06/01


ワン・オー・ワン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ■初期構築費用 無料■月額料金 5400円〜※税別※無償トライアルあり

カテゴリ  人事管理システム | その他基幹系システム関連

製品概要  社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。

オススメユーザー  社員の能力/価値観/モチベーションなどを把握し、戦略的な人材育成やマネジメントを実施したい企業。


改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス)  2018/05/01


デジタル・インフォメーション・テクノロジー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standard版:48万円/年、サポート込みEnterprise版:お問合せください※税別

カテゴリ  IPS | IDS | セキュリティ診断 | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  サイバー攻撃等によってサーバ内のプログラムやコンテンツを改ざんされても、改ざん発生と同時に検知、0.1秒未満で元の正常な状態に復元可能なセキュリティソフト。

オススメユーザー  Web改ざん対策を強化したい企業。Web改ざんの被害に遭ったたことがある企業。Web改ざんの実害を抑止したい企業。


マルチOS対応 検疫アプライアンス QuOLA@Adapter  2017/09/29


エイチ・シー・ネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 アプライアンス版(初年度サポート込み)100ライセンス:300万円1000ライセンス:450万円10000ライセンス:1500万円※税別

カテゴリ  検疫 | 認証 | シングルサインオン | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  検疫に特化したアプライアンス製品。必要なときに検疫プログラムをダウンロード・実行でき、持込み環境にも対応。OSやネットワークごとに検疫内容を細かく指定できる。

オススメユーザー  端末のセキュリティ対策状況の把握やリテラシーの向上、セキュリティ事故による情報漏えいやウイルス対策を講じたいユーザー。


「ERとは プログラム」に関するセミナー情報

【SEU-1】Understandハンズオンセミナー

テクマトリックス


開催日

 6月21日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他開発関連 |

概要  サンプルプログラムに対してUnderstandで構造を解析し、プログラムの制御フローや構造、クラス継承、関数や変数の関係といったソースコードの可視化を体験してい…

オススメユーザー  プログラマ|その他


「ERとは プログラム」に関する特集



 今回は、近年ますます必要とされている、セキュリティに配慮したプログラミングの知識やスキルを証明するためのプログラム「SANS GSSP(GIAC Secure Software Programmer)認定試験」について解説していく。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他開発関連




 前回はオフライン端末のセキュリティ対策ソリューション、「Trend Micro Portable Security(以下、TMPS)」の概要について解説した。連載の最後となる今回は、具体的な利用ケース・利用方法について紹介した上で、トータルセキュリティの実現に必要な対策について解説したい。 TMPSの具体的な利用ケースとしては、例えば、メーカーの製造工程における出荷前検査のひとつとして活用できる。TMPSで定期的に製造現場の専用端末のウイルスチェックを実施することにより、製品へのウイルス混入の可能性を最小限にし、安心して安全な製品を出荷することができる。加えて、ログ管理機能により、出荷前のウイルス検査を実施したエビデンスもセキュリティ監査等で利用可能である。また、メーカー等による専用端末出荷後の保守、メンテナンスにも威力を発揮する。USB型検索ツールは可搬性にも優れているため、保守サービスマンがTMPSを携帯して運用することで、製品導入先企業に出向いて、手軽に、定期的なウイルス検査を実施するサービスを提供することも可能で、万が一製品導入先の専用端末等においてウイルス感染が発見されても、その場で駆除、隔離処理が可能である。さらに、メーカーの製造、保守現場だけでなく、多くの企業や官公庁、学校などに存在する、インターネット空間とは完全に隔離された一部のオフライン端末やクローズドネットワーク向けのセキュリティ対策ツールとしても非常に有効である。このような端末に対しても、TMPSによる定期的なウイルスチェックを行うことで、USBワームなどの脅威から情報資産を守ることができるだろう。これら以外にも、インターネットにつなげているコンピュータでも、ウイルス対策ソフトによるセキュリティ対策よりも端末自身のパフォーマンスを優先させたいユーザが、不正プログラム感染のリスクを低減させるツールとして活用できるかもしれない。 次に、基本的な利用方法を紹介しよう(図1)。TMPSをインターネット環境にある管理用コンピュータにつなげ、管理プログラムをインストールする。すると、管理プログラムはインターネットを通じてActive Update Serverと通信し、最新のパターンファイルや検索エンジンを取得する。そして、USB型検索ツールのパターンファイルと検索エンジンをその時点で最新のものにアップデートする。その後USB型検索ツールを、ウイルスチェックを実施したいオフライン端…


カテゴリ  アンチウイルス |


「ERとは プログラム」に関するニュース



 KSKアナリティクスは、プログラミング不要の機械学習分析ツール「RapidMiner」に、予測モデルを自動で高速に作成できる「Auto Model機能」を追加した。本ツールでは、機械学習や統計解析、ディープラーニング(深層学習)などの複雑な分析を、ドラッグ&ドロップ操作で行える。そのため、プログラムの知識がなくて…


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 クライムは4月23日、大量の書類や帳票、プログラムから一括で文字列を検索できるWindowsソフト「C-GREP」をリリースした。価格は1ライセンスで3万円(税別)。平成から新元号への変更などに利用できる。本ソフトでは、PDF、Word、Excel、PowerPointのファイルを対象に文字列を検索できる。検索対象ファイルを取り…


カテゴリ  データ検索ソフト |




 ハンモックは5月18日、IT統合管理ソフトウェア「AssetView」の新版(Ver.10.2)を発売した。今回の新版で主に追加されたのは、Windows 10更新管理機能だ。企業で利用しているPCをWindows 10へ移行した後、情報システム部門がWindows更新プログラムの運用管理を確実に行えるよう支援する。本機能の主な特長は3つ。1…


カテゴリ  IT資産管理 | Windows | 統合運用管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ERとは プログラム」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ