「EPA セミナー」から探す!IT製品・セミナー情報

「EPA セミナー」 に近い情報
「EPA」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「EPA セミナー」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「EPA」に関するIT製品情報

OTP(One Time Password)MRC-100nP  2014/08/01


ダウジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  認証 |

製品概要  ワンタイムパスワードを提供することで、既存システムのセキュリティを強化する本人認証システム。IDとパスワードを使用するオンラインビジネス領域にも適用可能。

オススメユーザー  金融機関、不正ログインを防止し、グループウェアやインターネットバンキングなど既存システムのセキュリティを強化したい企業。


「EPA」に関する特集



 デルは2016年4月4日、設置してすぐにハイブリッドクラウド環境を構築できるアプライアンス製品「Dell Hyblid Cloud System for Microsoft(DHCS)」の提供を開始した。 DHCSは、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Cloud Platform System Standard」(CPS Standard)を採用、デルの「PowerEdgeサーバ」や「PowerVaultストレージ」などのハードウェアで構成される。 「Windows Server 2012 R2」「System Center 2012 R2」がプリインストールされているほか、マイクロソフトが提供する「Windows Azure Pack」を搭載。事前検証済みの構成で提供するため、デルの検証によると「設置から約3時間で運用を開始できる」という。  Windows Azure Packは、オンプレミスの環境でWindows Azureと同じサービスポータルを利用するためのソフトウェア。System Center 2012 R2や「SQL Server」と連携することで、IaaS(infrastructure as a Service)やDBaaS(Database as a Service)機能も実現するほか、パブリッククラウドであるMicrosoft Azureとシームレスに連携する機能を持つ。


カテゴリ  プライベートクラウド | Windows | サーバー仮想化 | PCサーバ | IaaS/PaaS




 前回は、自社のセキュリティポリシー作りに役立つ「第三者認証」について紹介しました。今回からは、cloudpackが公開しているセキュリティポリシー「Security White Paper」の中から、読者の皆さんのセキュリティ改善に役立ちそうなポイントを抽出して紹介していきます。あくまでも、自社のセキュリティ体制を見直すもしくは改善するための参考になれば幸いです。 なおcloudpackではAWS利用に際し、すべてのセキュリティを管理しているわけではありません。AWS利用には「責任共有モデル」という考え方があります。 図1の「責任共有モデル」をご覧下さい。AWSのファシリティやAWSから提供される基盤は、AWSがセキュリティを管理します。cloudpackは、AWSの上で構築したシステムのセキュリティを担当します。更にそのインフラの上で、お客様が構築・運用されるアプリケーションとデータは、お客様側で保護することが原則です。とはいえオンプレミスなら、あらゆる要素のセキュリティをお客様が管理することを考えれば、だいぶお客様の負担が軽減されるはずです。


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 |




 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス


「EPA」に関するニュース



 テックファームは、FeliCa決済やApple Pay対応などの開発提案を行う「FeliCa/ApplePay活用コンシェルジュサービス」の提供を開始した。FeliCa/ApplePay活用コンシェルジュサービスは、iPhone 7/iPhone 7 PlusやApple Watch 2に搭載されるFeliCaや、日本でサービス開始されるApple Payを利用した決済への対応を支…


カテゴリ  システムコンサルティング | その他スマートデバイス関連 | 会計システム




 Ve Japanは、コンバージョン改善ソリューション「VePanel」に、ソーシャルネットワーク(SNS)への共有・拡散機能「ソーシャルシェアリング」を追加した。VePanelは、サイト利用者が離脱しようとする際にパネルをスライド表示し、継続滞在とコンバージョンを促進するサービス。パネル内には利用者の行動・傾向に合…


カテゴリ  EC | CGM




 Omise Holdingsは、EC事業者向けオンライン決済サービス「Omise Payment」で、リンク型決済機能「Links」の提供を開始した。SNSやメッセージングアプリ上で商品を販売するソーシャルコマースやB2B(Business to Business)取引に利用できる。Omise Paymentは、初期費用や固定費用をかけずにクレジットカード決済…


カテゴリ  EC | 会計システム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「EPA セミナー」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ