「EHLLAPIとは」から探す!IT製品・セミナー情報

「EHLLAPIとは」 に近い情報
「EH」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「EHLLAPIとは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「EH」に関するIT製品情報

シンプル/パワフルDWH 「Teradata Data Warehouse Appliance 2700」  2013/11/01


日本テラデータ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DWH | ナレッジマネジメント | データ検索ソフト | データ分析ソリューション | サーバー管理 | テストツール

製品概要  企業のデータ分析ニーズを満たすDWHアプライアンス。エントリーからペタバイトクラスまでの分析アプリケーションに最適、高性能、コストパフォーマンスに優れたモデル。

オススメユーザー  ●初めてDWH(データウェアハウス)を構築する企業●特定の事業部門や部署だけでDWHを導入したい企業 など


revolabs Executive HDシリーズ  2012/12/21


メディアプラス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  その他オフィス機器関連 | テレビ会議/ビデオ会議

製品概要  新規格1.9GHz帯「DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)」を採用したデジタル・ワイヤレス・マイク・システム

オススメユーザー  セミナーや会議などで使用するワイヤレス・マイクの混信・干渉、セキュリティ強化といった課題を解決したい企業・団体・学校など


Secure Back 4  2015/03/01


アール・アイ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス6000円〜(税抜)詳細は下記URLを参照。http://www.ri-ir.co.jp/product/secureback4/license.html

カテゴリ  バックアップツール |

製品概要  「意識せず軽快に使える」データバックアップソフト。更新したデータを即時自動バックアップする「リアルタイムバックアップ」で誤操作、機器故障、災害からデータを保護。

オススメユーザー  クライアントPCのバックアップをしていない方、複数台PC・サーバのバックアップを一括で管理したい方、災害対策を考えている方。


Oracle Planning and Budgeting Cloud Service(PBCS)  2017/02/19


日本オラクル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 1ユーザ:1万4400円(税別、月額)〜※10ユーザより提供

カテゴリ  会計システム | ERP

製品概要  経営管理ソリューション分野で高いシェアを誇るOracle Hyperionの予算管理機能をクラウドで提供。データ入力/連携から各種計算処理、レポート・分析をトータルに実現。

オススメユーザー  Excelで管理会計・予算管理を行っていて、使い勝手はよいが煩雑と感じる方。短期間導入、スモールスタートの製品をお探しの方。


アンチスパムソリューション「Active! hunter」  2017/02/16


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 スタンダードライセンス(企業版) 50ユーザ:18万6000円(税別)〜アカデミックライセンス(文教版) 50ユーザ:13万1000円(税別)〜

カテゴリ  メールセキュリティ | その他メール関連 | フィルタリング

製品概要  コラボレーション型「CLOUDMARK」、学習型「SVM」の強力なツインエンジンを搭載したアンチスパムソリューション。アプライアンスタイプも提供。

オススメユーザー  ◎日本語迷惑メールにお困りの方◎既存品の遮断率に満足できず、より使いやすいアンチスパムソリューションを求めている方


「EH」に関するセミナー情報

いまこそ脱・白板!Surface Hubで会議も変わる 注目

日本マイクロソフト


開催日

 5月17日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他情報共有システム関連 | タブレット | デジタルサイネージ | Windows


「EH」に関する特集



 最近、いろいろなニュースで「ビーコン」という言葉を耳にしませんか?日本語訳すると「無線標識」という意味ですが、このビーコン技術を利用した身近なサービスとしては、「VICS(Vehicle Information and Communication System)」という、高速道路や主要幹線道路の混雑・渋滞情報をカーナビ画面に表示するサービスが知られています。


カテゴリ  無線LAN |




 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がますます高まってきています。 OSSは今や、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックに代表されるようなWebサーバ、データベースサーバなどの主要ミドルウェアだけのものではありません。例えば、ソフトウェア開発フレームワーク、Apahe HadoopやSparkに代表されるようなデータ分析基盤、OpenStackのようなクラウドインフラ基盤、あるいはマイクロサービス間のメッセージング処理などでも活用されており、今やエンタープライズ分野での実績も多数持っています。 このように、OSSが広くエンタープライズ領域で採用されるようになってきている背景には、市場ニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境の変化に対して、エンタープライズのITシステムであっても、高いレベルでタイムリーに対応しなければならないという厳しい要件があります。  各プロジェクトのポリシーにもよりますが、OSSは世界中の技術者らが開発に参加し、常に新しい技術の取り込みやセキュリティリスクへの対処などをオープンに議論しています。また、成果は誰でもすぐに利用できます。  常に最先端のテクノロジーが実装され、日々改良が重ねられ、誰でもすぐに利用できるという特徴を備えたOSSは、昨今の変化が激しいビジネス環境で求められる、現代的なエンタープライズシステムの要件をクリアしていくためのベストな選択であると考えられているわけです。  一方でハードウェア(サーバ)はコモディティ化が進んでおり、個々のエンタープライズシステムで求められる「信頼性」「可用性」「スケーラビリティ」「セキュリティ」といった、個別の非機能要件を必ずしも満足できないという課題に頭を悩ませるケースも増えています。  やりたいことをすぐに実装できるというソフトウェアの観点と、実装した機能を安定して運用できるというシステム基盤としての観点の両立が、ビジネスの世界では非常に重要ですが、一般的なコモディティハードウェアでは後者の「安定して運用」という点では、どうしても超ハイエンドな環境と比較すると見劣りします。例えば「無停止運用」といったときに、金融機関の決済業務システムと、IAサーバの冗長構成で運用するWebアプリケーションとでは許容されるSLAのレベルが異なるのです。


カテゴリ  メインフレーム | Linux | Webアプリケーションサーバ | IaaS/PaaS | オープンソース | システムインテグレーション | DevOps




 今回のコラムは、最近話題になっているスマートカーセキュリティに関するものだ。 「情報セキュリティ企業なのに、なぜスマートカー?」と思うかもしれないが、この問題は自動車業界でも、セキュリティ業界からも話題になっていたものである。スマートカーセキュリティに関する認識が変化してほしいという気持ちで、コラムを書いた。 2015年7月、米Wiredは、スマートカーに潜んでいる脆弱性に関する記事を出した(参考:https://www.wired.com/2015/07/hackers-remotely-kill-jeep-highway/Hackers)。「Remotely Kill a Jeep on the Highway-With Me in IT」という動画とともに公開され、かなりの反響を呼んだ。IoT(internet of Things、モノのインターネット)のさまざまな新技術への世間の関心と恐れを背景に、世界の多くの人々が普段意識せずに使っているモノをターゲットにするハッキングについて議論が巻き起こった。 IoTという今一番ホットなアイテムは産業を大きく発展させていくことは間違いなく、世の中は以前になく進歩を遂げていくことになるだろう。ただ、このIoTに対してのハッキングへの脅威は、ただものではない。 当社は、かれこれ19年以上セキュリティソリューション分野で活動しているが、IoT技術を取り入れた、いわゆるスマートカーを研究・生産する自動車メーカーに、セキュリティの側面で認識しておいてほしいことがある。競合他社より一刻も早くスマートカーを世に放ち、マーケットをリードしたいという思いは分かるが、そのスマートカーに潜んでいるセキュリティの問題を、一度熟考していただきたい。  Wiredの記事を執筆したアンディ・グリーンバーグ(Andy Greenberg)はテック専門記者で、NSA研究・セキュリティの専門家であるチャーリー・ミラー(Charlie Miller)とクリス・ヴァラセク(Chris Valasek)の要請を受け、実験に参加することになったわけだ。 まず、ミラーとヴァラセクは、実験対象となる自動車のECU(Electronic Control Unit、電子制御装置)をターゲットに、16キロ離れている別の自動車の後部座席からハッキングを成功させた。動画はこの一部始終を収めている。対象となったジープのSUV「チェロキー」は、FCA(フィアットクライスラーオートモービルズ)の無線通信システムである「Uconnect」を活用していた。 Uconnectは、それが開発された2013年以来、47万台の自動車に実装…


カテゴリ  WAF | その他スマートデバイス関連 | IPS | ファイアウォール


「EH」に関するニュース



 Omise Holdingsは、EC事業者向けオンライン決済サービス「Omise Payment」で、リンク型決済機能「Links」の提供を開始した。SNSやメッセージングアプリ上で商品を販売するソーシャルコマースやB2B(Business to Business)取引に利用できる。Omise Paymentは、初期費用や固定費用をかけずにクレジットカード決済…


カテゴリ  EC | 会計システム




 アライドテレシスは、エッジスイッチ「CentreCOM Secure HUB」シリーズ用の拡張ライセンス「SES Ready ライセンス」の出荷を2017年1月6日に開始する。価格は1万円(税別)。本スイッチは、認証機能やループガードなどの機能のみに絞り込むことで低価格化している。今回の拡張ライセンスにより、「SecureEnterprise…


カテゴリ  ネットワークスイッチ | SDN | その他ネットワークセキュリティ関連




 イー・ポストは、標的型メール攻撃対策ソフトウェア「E-Post Secure Handler」を発売した。本製品は、外部から届くメールのうち安全なメールのみを通すゲートウェイ。ホワイトリストとブラックリスト以外のメールを一時保留し、管理者がWebブラウザやメールソフトで判断できるようにする。一時保留したメールは23…


カテゴリ  メールセキュリティ | アンチウイルス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「EHLLAPIとは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ